しっとりしとろん

申し訳ないですが自分向けに書いています

4/29 メモ程度に

燃え尽きている間に時間が経ち書けなくなってしまいましたが、最終日だけ上げないのもアレかなということで書きかけのような下書きのようなものにどうにかこうにか若干の加筆修正をしてえいやっと載せます。諦めで暮らしていけ。

 

本当に関係ない話をしますが、普段はだいたい1桁アクセス/日らしいこのブログがたまに突然30アクセス/日とかあったりしてどこかで晒されているのかなと恐怖を感じますがインターネットに物を書くというのはそういうことでしょう。この程度では負けねえぞ。でも悪口はそのまま見えないところでやってくださいね(自意識過剰)。

 

 

 

 

きょうは先行でLVが当たっていたのでいつもの映画館でした。前から二列目端っこの方。またかい!なんやかんやで知らない人に完全に囲まれるの久しぶりでしたね。でもみなさんいい人だったのでよかったです……隣の方とは開演前にツアーどの公演見てたんですか~とか誰の担当ですか~とかちょっとお話したり。終演後にはその方も含め3名のPさんから名刺を頂戴したりなど。私は名刺持ってないし折角名刺くださったのにTwitterもフォローしないので完全に一方的にあれになっちゃいましたけど……あの……すみません、私がこういう人間なばかりにご挨拶のひとつもできず……。

 

 

最終日なのでまあしゅごんMCだろうとは思いつつ、センター天道輝来いセンター天道輝来い!!と念じるようにして見ていたので、最初の映像で天道輝が真っ先に出てきて嬉しい。歓声すごかったね。

 

1.Reason!!

当然下段のセンターにはドラスタがいるわけですけど、上段にFRAMEがいたので「えっこれ………………………………対俺配置か???????????」となった。ここだけの話ですけど、運営ちゃんって割とアタシのこと好きだよね……これ他のみんなには内緒ね。正直全体曲って眼と脳の処理が死んでていつも何も把握できないんですけどこのときばかり急に上段に気付いたので謎。

1番のサビ終わりあたりでヨシキがチェンジ後次郎ちゃんの髪形(真ん中わけの方)してるのに気づいて思わず固まってしまった。おま………………………………本当にいつもありがとうございます。

そしてわかってたけどしゅごんの「そうだろ」でもうすでに泣きそう。歓声すごかったね。(2回目)

 

しらにぃ曰く俺たちはお茶っ葉らしい。しかもそれを練って練って(ぐるぐる)……輪になると……そう!なんとドーナツになる。

レジェからはふーみんがコメント強化月間とのこと。そして新幹線から富士山が見られるのを楽しみにしてたらスマホゲームに夢中で見逃しちゃったらしいですけど……福岡公演でも飛行機にはしゃいでたらしいしかわいい。

まっさんは「(楽しすぎて)どうにかなっちゃいそう」だったかそんな感じのことを言っていて、見ているこっちがどうにかなりそうだった。まっさんがかわいすぎて。

 

2.HIGH JUMP NO LIMIT

切り込み隊長ハイジョだ!ファスライを彷彿とさせるなあ。\あゆれでぃー!/ができてうれしいたのしい。きょうもながにゃんが楽しそうで楽しそうで、というか回を追うごとに楽しそうさが増していくので見ててなんだか嬉しくなる。

3.Study Equal Magic!

生徒から先生へ!チャイムが鳴ってS=M。あのときは∞だったという違いはあれどこの流れ……ファスライ!!と思ったりした。実際のところそれを意識したものなのかどうかは知りませんけど、人も曲も増えてツアーまでやるようになって、なんだか大きく育ったんだなあという感慨がありました。私はファスライのころまだSideMやってませんでしたけど。

言うまでも無いと思いますがやっぱりこの曲はたのしい。たのしい!その場の勢いでタケノコの前後もというかサビ丸ごと振りコピを試みたりして、不完全ながらも案外覚えてるものだなあと思ったりしました。

4.MOON NIGHTのせいにして

月が出た!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

こんな序盤にやるとは…………………………。しゅごんが油断するなよみたいなことを言った。油断してた。そりゃ、だって、えぇ……?まさかこんなところで急にムンナイとは思わないじゃないですか。心臓はひとり1個しかないんですよ!もう少し慎重に扱ってもらってもいいですか!?

きょうもやっっっっっっっっぱり戦犯は八代拓さんだった。

SideMを好きになって間もない頃にセカライのLVに行って碌な前情報もないままムンナイにやられてその後長いこと気がくるっていた人間で、あまりにもセカライのときのムンナイが衝撃的過ぎてその後何度か披露の機会があっても正直、ほんと正直に言うとなかなかアレは超えられないよな……という感じがあったのですが、今回は「あのときの強いムンナイが帰ってきた!!!!」の感じがあった。腰が砕ける。

のちのMCでムンナイの曲中の投げキスの話になりしゅごんが「めっちゃキスの練習した」というだいぶアレな響きの発言をしていて、そういうずるいのやめてもらっていいですか!?!?(ヤメナイデー!)

ドラマチックスターズさん……………………有罪!!!!!!!!

5.Legacy of Spirit

かっこいい。かっこいい。かっこよかったことしか覚えてないです。ダンスがキレッッッッッキレ。あ!VR回転寿司してたの思い出したわ。時計は周りレジェがまわりカメラがまわる。かっこいい。

厄介はよくないけど、ていうか実際目の前にいたらたぶんキレちゃううけど、でもLoSでUOぐるぐるしてるぽまいらの選曲眼は……正解だよ!!!話は微妙に脱線しますがそれを思うと2ndのF!F!F!最前UOグルグルネキ1個も許せる要素が無くて笑うな。はぁ。や、とにかく私は実のところLoSでUOぐるぐる野郎がちらほら見えるの嫌いになれないんですよね。諺の意味とは若干ずれますけれども、飛んで火にいる夏の虫、という感じがしませんか?惹きつけられて眼が眩んでしまった厄介も、それによって若干ピリっと漂う緊張感も、それ自体がまたレジェンダーズさんの圧倒的な強さを裏付けているかのようで…………………………。でもやっぱり目の前にいたらキレると思います。他人の迷惑になる行為は、やめようね!()

6.Tone's Destiny

聴き入っていたのでペンライトを振るどころでなかった。すばらしかった。イントロのかけあいでもう泣いてた。お隣の恭二PもTone's Destinyをはじめとしてアルテ曲で号泣していたので内心すごくわかる、わかるよ……の気持ちでいた。アルテについては毎回拙いなりに言葉を尽くして書いてたんですけどいよいよ「素晴らしかった~~~~~~泣いた……」しか出ません。たぶん感じたことはいろいろあるんだけど、私の出力が燃え尽きたので無理でした。次の機会までにチャージしておきます。

7.Swing Your Leaves

待っ…………………………………………(絶命)。

信玄さん、腰布?が落ちそう!と思ったらそっと掬い上げてそのままお姫様抱っこしたのでずるい。龍くんはきょうもきらきら笑顔で見つけてくれる。握野くんはおでこつんってしてくる。ここに遺言を記します。

FRAMEさんへ

しゅきです

ぼくより

 

 

8.Undiscovered WORLD

途中の時計の音のするところで秒針ダンスしててSoF~~~~~~~~~ってなった。手漕ぎボートを漕いだり望遠鏡を覗き込んだりと、きらきらの冒険!と言っていいでしょう、子供のような無邪気さと純粋さと。バックの映像やシャボン玉もあり、本当に海にいるような気持ちよさだった。いやこのUndiscovered WORLD本当によくて、こんな言い方をすると怒られるかもしれないけれど「こんなにいい曲だったっけ!?」という気持ちがあった。別にこれまでいい曲だと思ってなかったわけではなく素敵だなと思って聴いていたのだけれど、あらためて目の前にするとこれまで古論クリスの体験として聴いていた歌が自分の体験として現れてきたという気がした。クリスの好きとはきっと形も程度も大きく異なるけれど、海、私も結構好きなんですよ。そして大陸が現れる。

9.Symphonic Brave

わかっていたことではあるが……そこからのシンブレーーーーーーーーっっっっ!!!!!!!!数少ない友人である某シンブレ激情オタクの安否は……気にするまでも無く命尽きていることでしょう。南無。

改めて言うけれどもレジェンダーズさんにアニバ曲でこれを持ってくる大胆さがすごいなあ。レジェンダーズさんのプロデューサーさんはすごい。私ならば逆立ちしても思いつかなかった。遠心分離機にかけられたりしないと思いつかなかったと思う。レジェというと私はやっぱりお互い過度に干渉しない距離感とかダークなカッコイイ雰囲気とかのイメージなのだけれど、個を尊重しあいながらも仲間であれるしきらきらと輝いて前に進む姿もそのイメージに反するわけではなく一層魅力的で、なーーーーんというか彼らのかっこよさは思っていたよりもずっと確固たるものなんだな、という手応えがありました。駿河湾

10.Never end「Opus」

おい!某……某オタク―ーーーーーーーーっっ!!!!!!冗談じゃなく死んでしまうのでは……。セトリ作るおじさんももう少し手心を加えるというかこう……やっぱウチらの思考と嗜好、運営に盗聴されてない!?というのはさておき、Tone's Destinyで述べた通り燃え尽きて言葉が出ない。「目線、Cメロ、うつむく麗さんにのぞきこむ都築さん」とだけメモがあるけど今更(7月)それだけ見てもわっかんねーーーーーーよ!悔しいわね。ただそれでも覚えているのが曲の終盤とっても素敵な笑顔だったこと。過去のOpusの感想でも少しずつ「切り取って映すのはいつも同じ瞬間だけど、時間が流れ新たな体験を得るたびに歌うふたりにとっても見つめる私にとっても違う視点の物語になる」みたいなことを書いた気がするけど、それがいよいよこの曲で曇りない笑顔を見せてくれるまでになったかと思うと……本当によろこばしい。

11.Sanctuary World

知ってたけど、知ってたけど、この人でなし!セトリ作るおじさんの鬼!悪魔!ちひろ!この一連の流れで私の数少ない友人が死んだ!でも神セトリ……御礼……感謝……。

グリツアを思い出すなあ。あのときは(Echoes My Note→)Sanctuary World→Opusだったけれど今度はOpusからSanctuary World。シナジーなんかかけなくてもそれぞれ心揺さぶられる曲なのに、こうやって見た人の感情を破壊するような形で提供してくるからずるい。曲順かあるいはOpus同様の理由かあとは単純に曲尺のせいもあってか、グリツアのときよりも晴れやかな印象がありました。スクリーンの映像もサビの終わりとかでふわりと光に包まれて神々しさがあった。間奏では楽しげにピアノを弾き、かと思えば目を閉じてバイオリンにじっと耳を澄ませる。曲の終盤だったかには赤いライトがステージを照らし、2ndのOpusの赤い薔薇に金色の蝶がひらひらと舞い降りるさまを思い出したり。つーーーかおうたが上手い。

12.GOLD ~No.79~

アルテの金色が……GOLD(ピンク)に……。ソファ。どかっと足を乗せたり。カメラが近い。白いふわふわ。途中からスタンドマイク

2番の「黄金色の奇跡」のタイミングで大閃光ゴールデンイエロー折れたので満足。いけいけの気持ちで。

バックダンサー雨彦とそらくん

目つき。えっち。ダイスを振ってみたり。振り付け。腕をクロス。

感想:レジェアルテで他人の心配をしている場合ではなかった。人間はあっけなく死ぬ。

13.サ・ヨ・ナ・ラ Summer Holiday

結局今回も腕組んで見るやつやった。俺はせむの何なの?(ファンだよ)

よか よかtたことしかわからず

感想:死んだ人間は簡単には息を吹き返さない。

14.夜空を煌めく星のように

うれしい。うれしいきもち。清らかな気持ち。美しい光景。好きなアイドルが笑顔で歌ってるのを見られるの……うれしい!

ペンラが1本きれた。

 

映像。衣装替え。この間に辛うじて意識を取り戻す。

ペンラの電池替えがMC中に間に合わず慌てたけど映像のおかげで無事に電池交換できたので助かりました。毎公演思ってたんですけどグリツアの「オレ様が、海……?」のところでPちゃんたちみんなちょっとふふってなるの笑う。私もふふってなってるけど。

 

15.永遠なる四銃士

まだ曲の始まらぬ数秒の間、LVからは真っ暗で何も見えない中とつぜん現地でギャーとすごい悲鳴があがったので「!???!??!?????!?」になっていたら、曲が始まり明転して、な、なんと、なななんとなんと四銃士!!!!!!!が!!!!!!!!!

益山さんがいる衝撃。剣。かっこいい。「守りたいのです」。剣先をあわせる。

ぺぽ……………………………………………………………………。(←これは人間が正気を失ったことを表す文字列です)

え?は?はぁ……あの?わかりません わかりません この気持ちは、この感情、恋っていいますか?いいえそれは受け入れられません。そんなことよりこれはなに?これは……え?何!ねえ!!!サプライズの驚きというよりはむしろ単に四銃士がかっこよすぎて理解不能になっていたという感じ。

実際の私の姿としては確か「あっ、あ゛ーーーーーーーーーー!!?!!?!!!!!!!!!」っていうスクリーンユビサシ・オタク・ゼッキョウをしていたと思うのでうるさくしてすみませんとしか……。すみませんでした。

さらにCDが発売されたころになって急に気付いたんですけど、これに私がフランスの女である(?)(違います)ことを加味するとやっぱり運営からの私信じゃないですか?え?推されオタク。思考盗聴やめてください!やっぱやめなくていい……いや思考盗聴は困る……でも………………。

さっき死んだ友人から(友人を殺すな)後になって「『大切な貴女を護りたいのです』の前に剣をしまってフリだけで構えてるところがあったけど剣を握ったままでは抱きしめられない的なアレでは」みたいなことを教えてもらって追い打ちやめてもらっていいですか。やめないで。私は何も理解できてなかったので全然気づいてなかった。ありがとうございました。いい人生でした。ぼく宛てのお香典の振込先はこちら!→ ないです。

16.トレジャー・パーティー!

そうなるよね~~~~~~~~~~~~~!きくてぃもいる~~~~!!!かわいかった。かわいかったー!トロッコ。トロッコーーーーーーー!!!!!最後にステージに上がって足を出してぴょんぴょん跳ねる振り付け。か、かわいい~~~~~~~~~~!にっこにこしちゃった。笑顔いっぱい。

 

MC。トレパの脚の振付をやるみんながかわいかったです。

 

17.サイコーCOUNT UP!

表情豊か。かわいい。バックダンサーますますえの、こっちもかわいい。ムズかしそうなことはニガテな顔のヮの好き。みんなでわちゃわちゃしてからの、3人がいなくなってひとりぽつんとステージの上に座りしゅーんとするCメロ。この楽しい時間のあとの感じ、すごーくわかるなあ……。私だって昔はまあそれなりに友達がいて、はしゃいで遊んだ帰り道に寂しくなったり、したものなのだよ……わかるのだよ……でも私が最後にそう思った記憶があるのは、小学生くらいのときですかね……。や、とにかくこの瞬間の切実さみたいなものは本当に私みたいなのにも身に覚えがあってひしひしと伝わってきたなあ。それがあるから一層、立ち上がって再び笑顔で歌うのがみんas伊瀬谷四季の姿がうれっしくてうれしくて……。あと個人的には2ndのときオリピ予習不足でコールわかんなかったことのリベンジが果たせたので満足です。

18.Sunset★Colors

楽器が出てきた。う、うわー!またバンドで見られると思ってなかったのでちょっとびっくり!まあでもせっかく練習したわけだし仙台の1回きりでは勿体ないか……何であれ3rdでまた見られるのはうれしかったです。演奏前にながにゃんのショルキーの線が抜けて、スタッフさんが直している間のあわあわした中の「ジュン大丈夫…?」「シキ、ソロサイコーだったよ」「!!……褒められると照れるっすよ」「準備できましたー✋」みたいなやりとりがね、マジでハイジョーカーいるじゃん。こういうやりとりが自然にするっと出てくること、それをリアルタイムで現実に目の当たりにすることになんか感動しちゃって、曲が始まる前からもう、私が見ているいろんなきらきらしたものたちってたくさんの奇跡なんだなあという感慨に耽ることになった。

仙台では天井席(っていうのはドームしか言わないのかな?とにかく一番上の席)からだったけど今度はLVなので手元を大画面で見られてまた違う楽しさ。本当に演奏してるんだなあ。すごい。映像で風船が飛んでいて、そして間奏のメンバー紹介。ああ泣いたとも。

19.勇敢なるキミへ

MiPやらないんかーい!!!?静岡だから絶対やると思ってた。ハンバーグ…………。結局3rdでMiPやったのは幕張初日だけですかね?グリツアでも2回やってるしレア曲というほどでも無いけど、とはいえ周年ライブではなかなか披露の少ない曲になってますねえ、MiP。他のユニットもそうだけど今回のツアーで「この曲はもちろんはちゃめちゃにいいけどあの曲も歌ってほしかった~~~~~」というのが間々あって、でもそれは曲数が増えてきたからだしそれがどれもこれも魅力的な曲だからだし、315プロの発展ゆえだなあという感じで喜ばしいことでもあり……っていう話は前回の感想でも書いたような気がするな。うーん、全部好き!

そしてその分というか定番的に披露されている勇敢なるキミへだけど、ぜんっっっぜん飽きない!楽しい!すごーい!安定感と新鮮味の調和が絶妙なんだよなあ。

20.約束はドリーミングフライト

色味は違うけど緑から緑へ。かわいい。そしてかわいい。かわいいとざわつく。映像のいらすとや感も微笑ましかった。富士山の麓に焼きそばがあったの覚えてます(そこ?)。いやなんか茶色いのあるからなんだアレと思って見たらふ、富士宮焼きそば~~~!!柏木翼の食い気~~~~~!!!と思ってかわいらしくてほんと愛おしかった……。バックダンサー永野くんときくてぃ。かわいい。しかしタクヤシロ本当に手足が長い!滑走路は~の振りすき。2番のあとの間奏、ふらふらと飛ぶ飛行機もといセンターステージをよろめく翼に、がんばれー!と思わず力が入る。で、ここで思い出したのがAutumn Idol Collectionですよ。このセンターステージ及びその通路ほんとうに上手に使われていて、ツアー通して毎度、単にステージがもう1個あるということにとどまらずその時々に意味を持ったものとして存在したなあと。F-LAGSのときは海原を進む船のようだと私は感じたし、翔真さんのときは間違いなく花道であった。そしてここでは(2つの意味で)ランウェイなわけで。はぁ~~~~演出?とかステージ構成?とかってすごいんやなあ。ライブつくるおじさんたちへ。いっぱいありがとう。ぼくより。そして最後に再び見られる笑顔が本当に愛しい愛おしい。涙した。

21.Because

すごい。最初からすごかったけどやはり特筆せざるを得ないのは後半。2番サビが終わり、オケが止まる。この時点で我々は「!?!?!??!?」ですよ。びびった……。たそがイヤモニを抜く。ひぃ……。アカペラで歌う。息を吸って、ゆっくりと、ワンフレーズずつ。こころにきゅっとくる。手首に光るイルカのネックレス。でも、でもね、イルカだけじゃないんだよ。歌いながら前へ伸ばした右腕にあるのは、イルカのネックレスと、ドラスタお揃いのブレスレットと、この新しい衣装で315プロみんなお揃いの青と黄のブレスレット。その3つが重なっているのを見た瞬間に俺はもう涙グシャーですわ。わかるだろう?なあ。そしてオケが戻ってくる。よそのアイドルの話で申し訳ないけど眠り姫をちょっと思い出したりもした。いやあ……期待もかなり高かったんだけどそんなものを置いてけぼりにするくらいすごかったなあ。歌そのものは勿論すごかったし、思えばアカペラで歌いだしたときのひぃと漏れる悲鳴のあと誰も余計な音をたてなかったのもすごい。完全な静寂の中だった。圧倒的だった。

イヤモニはもちろんステージに立つときの大切な道具で歌うことを助けてくれるものなんだろうけれど、それでもこのときコードを引っ張ってなんなら邪魔くさいとでもいうようにイヤモニを引っこ抜く姿は、枷を外して飛び立つ鳥みたいな趣があったように思う。でも、孤独じゃないから大丈夫。

22.THE FIRST STAR

明るい!安心!太陽!一番星!そして歌が上手い。歌が上手いけど、でも、CDよりもというかいつもよりかなり跳ねた感じで、驚きや新鮮さ、レア感などがあった。最後の方のサビでセンターステージから客席にマイク向けて振ってくれるのが赤な感じした。「後ろの方まで見えてるぞ!」「今日も、明日もいい日だ!」天道輝さんと仲村宗悟さんがセンターにいてくれるならきっとどこまでだっていけるしきっとたくさんの人を笑顔にしていけるじゃないですか。好きだなあ。

何曲か前から気付けただろって感じなんだけどここでようやくアッこれ次で最後のやつじゃんて察して終わっちゃう寂しさみたいなものが滲み始めたりした。晴れがましい寂しさ。

23.ARRIVE TO STAR

ドリーミングフライトからのこの流れは幕張2日目が終わったあたりから既に予想していたけれど、本当にやられちゃうともうずるいなあ。あーずるいずるい。前半3人で一緒にあっちこっちへ歩きながら歌っていて、歌入りが抜けたりしててちょっと心配したけど、まあなんかいつのまにか大丈夫になっていた。3人とも終始笑顔だったし楽しい感じでよかった。本当にしあわせだった。こころがあたたかい。でね、嬉しかったのが宙に星を描くやつ!2ndの(全体曲除いて)最後のスタセレで3人がの指先に合わせて後ろの映像で光の軌跡が星を描くやつ、映像っていうか私は本当に3人が現実に宙にきらきらと星を描いたのを間違いなく"見た"んですけど、魔法みたいなその光景に心の底から感動してほんと嗚咽するほど好き。ただその後は振り付けとしてのそれはあっても光の軌跡を見ることはなかったので少し物足りないようなわがままな気持ちでいて、それが、それが今回スタセレではなくARRIVE TO STARというスタセレを受け継いだ新たな曲で再び見ることになって、本当に嬉しかったんですよ……。えっ文章が支離滅裂すぎないですか!?ごめんなさい雰囲気だけ感じてください。本当にね、本当に…………魔法みたいで夢みたいで……すきなんです…………。

 

 

24.Beyond The Dream

例によって全体曲は視点が定まってなくてゼンゼンワカランだけど、「ひとりじゃないさ」の歌詞で熊ちゃんががっつり抜かれてたのでナイスカメラ!と思ったのだけかろうじて覚えてる。

 

素人カラオケ

おしらせ

素人カラオケあったから最終日なのになんも無しかと思ったところに登場する社長。まあなんつーか……僕はライブのたびに大きな発表を期待するのは野暮というかやめといたれと思う方なんですけど今回のは運営ちゃんももうちょっとやりようはあるやろ、という気持ちに……。社長出してプロジェクトアイマスのロゴ出して、アニメ関連本の発売日と告知のニコ生の告知で終わりとは……せめてもっとさらっとやってくれればなあ。別に特別なやつじゃなくてもワートレ03予告とか、ワートレ02CD発売日とか、エムステ次期SSRとか、モバのパッション大作戦詳細とか、そういういずれ近いうちにやることをババンと出してくれるだけでもそれなりに嬉しいのになあ、と思った。パッションに至ってはライブ後1週間もしないくらいに急に始まったんだよなあ。はあ。最後にここだけなんだかなあ~~悪いとこ出てますよ!今後ぜひもうちょっと……うまくやってくださいね……。

 

25.GLORIOUS RO@D

ぜんぶよかった。全体曲も増えたなあ。

 

挨拶のやつメモしか無くて詳細があやしいのでこのままにしておきます↓が、マジでうなぎだけ全然記憶になくてわかんない本当にうなぎの話なんかした?本当に?

・しずおか大流行

・くまちゃんが挨拶してるときマイクを持つ手のネイルが目に飛び込んできて正気を失った

・まっさんかわいー!→うれしずおか~

・きくてぃリストバンド 「W」さかさまにすると「M」

・うなぎ

あと記憶にちょっと自信が持てないのですがハマーが「トップアイドルって何だろう?って考えてみた 世界でいちばん人を笑顔にするひとではないか」みたいな話をしていた気がする。私はたいそう感銘を受けた。そんなに感銘を受けたなら自信もって覚えておいてほしい自分……。

 

26.DRIVE A LIVE

きくてぃ益山さんがに体当たりして混ざってくる永野くんの図がほほえましすぎてハピネスフォーエバー(?)。きょうはお互い相棒がいないからかきくてぃと益山さんが終始一緒に行動しててなかよししてるの平和~~~でハッピー!だった。

 

 そして終わり。はけていく。

・益山さんときくてぃがなかよし

・投げキッスしまくるハマーを回収したのちにさらっと1回だけ投げキッスする熊ちゃん (そういうとこだぞ!)

・F-LAGSの真似して大きなハートを作るレジェ(ふーみんが顔をだす)

・の後に同じ要領でフレームを作るFRAME

・ハマーが「デートは2人だけの秘密だよ」みたいなことを言ってた気がする(そういうとこだぞ!)

・情熱のポーズをするS.E.M

・ぐるぐる回ってドーナツ🍩になるハイジョ

で、最後。ドラスタ。たしか中央で最後にもういちど3人で礼をした?のちに、はしっこにきて、カメラの前でしゅごんが2人に「あれやろうぜ」みたいなことを言ってるのが見えて、せーの、で3人揃って「おいで」。ぎゃん…………………………………………(絶命)。これ何がいいってマイク使ってないから音声はのってないんですよ。口の動きだけで間違いなくそれとわかる、これがね、まるでなんかちょっとこう……秘密の共有っぽいどきどき感がある。負けを認めざるを得ない。ドラマチックスターズさんの勝ち!俺の負け!閉廷!!!!

 

 

今後どんなことが起こるのか(あるいは起こらないのか)わかりませんけど私は楽しかったし楽しくやっていくぞ。これはここからいい感じに締めるのが面倒になったゆえの雑な締めです。

おしまい。

4/28 たいせつなことはいつも

LVにもかかわらず先行でチケットが取れない。3rdツアー通して北海道はLV枯渇→一般で追加を繰り返していたので次回は事前にもうちょっとがんばってほしいな!と、いう感じで静岡初日は先行に落とされ、一般発売にあたり追加され、見てる感じ当日券でも買えそうだったので当券乱舞するか~になりました。指定暴力団イープラスにマージンを取られず買えるチケットは最高!LV当日券は手数料もかからないし座席選べるしで、売り切れにならない自信があれば本当に最高なんですよね。

そういうわけで、ガラガラの方とそこそこ埋まっている方とどっちにしようかな~前に行こうかな後ろに行こうかな~の末、そこそこ埋まっている方の後方端っこ、入り口通路の上にしました。前に人いないし手摺につかまれるしちょっと足元広いしで快適なんです。なんだかんだでだいたい埋まっていたので真ん中の方はほぼびっちりだったんですけど四隅はがっつり空席が残っていたので斜め前以外は人がいなくて本当に快適だった。LVの座席ごときにどうしてこんなくどくど書いているかというと、他人に迷惑をかけるのは本意ではないが自分の好きなようにやりたいというのとオタクが苦手なオタクなので、こう、他のオタクたちとの位置関係が本当に重要。

 

 

 

冒頭の映像で最初に登場したのが神速一魂だったのでいきなり「そうきたか~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!?!?!?!!!!!!」だった。ここまで全部グリーティングツアーでMCを経験してきた人たちでMCやってたから完全に山谷くんだと思ってました。

 

1.Reason!!

前述の映像で神速センターか~!!!とわかってはいたけど、ステージのライトが点いてセンターに立つ神速をあらためて確認したら「え!マジか!かっこよ!!!!!!!」になってしまった。

「重なった手で~」のところで自分もアイドルの誰かと手を重ねているつもりで手を前に出すの楽しいのでおすすめです。

 

ということで益山さんMC~~~~いいですね……。いまやってる神速の315プロナイトも本当にいい。神速一魂、いいですね。いい……。深町さんがいきなり「昨日バスタオルと間違えて浴衣で体拭いた」というエピソードを披露していたのもよかった。毎度ステージで表れる深町さんの天然ぶりに誰よりもウケているのが隣にいる益山さんなのもいいよね。お互い積極的にまちゅやんなっきゃんとあだ名で呼びあっているのもいいよね。「背中を押してくれてるんだよね?」とフォローを入れる益山さんに対して「いや、俺の個人的な静岡の思い出……」と言う深町さん。

神速以外でいうと、あまたんの「こころに、記憶に、そして体に!!!!!!!!!!!残るライブにしましょう」というのがおもしろくてよかったです。ライブのときのあまたんのトークすき。かわいい。あとゆうゆが静岡と言えばお茶ですねという話を。

こばぴょんの「あたしの本気、びびっちゃやだよ♡」にすかさず\かわいー!/と茶々を入れるハマー。「だまれ」とドスのきいた声で返すこばぴょん。ハマーの頭を下げさせる熊ちゃん。ハマーの恐れを知らないような言動、いつもびっくりするし私はこの世のすべてを恐れる根暗な人間なのでちょっとはらはらするんですけど、本当に明るい人なんだなと思って嫌いになれないんですよね……。ちゅき。

そんなハマー、自分の番では「よろしずおか~」をやって、一瞬の間ののちに、わ、わーっ?となる客席(やさしい)。榎木さんがリハでやったやつだとかなんとか。や、しかし本当に恐れを知らないな!?

 

 

2.VICTORY BELIEVER

開幕キックオフ!いいね!たぶん花道にカメラさんが上がってたんだと思うけどなんかそこのところのカメラワークが楽しくてすき。

最後のシュートが上にとんじゃって、最終的に手で投げ込んでた?かな?けど、後のトークで「シュートも成功した」と頑なに言い張り「もし失敗しちゃったって記憶があったらレッドカード出しておいてください」とまで言った逞しさに感動しました。しゅごんに「ショックが隠しきれてないよ!💦」って何度も言われてたのは本当にそうだと思ったけど……笑。常にチャレンジングなWちゃんが好きだよ!

3.勇敢なるキミへ

仙台現地のとき真正面で敬礼するまっさんに魔法少女どぎか☆まぎか(魔法少女どきか☆まぎかって何ですか?教えてください)してふにゃふにゃの敬礼を返してしまった後悔から、今回はビシッ!としてやりました。おらぁ!

グリツア札幌、3rd仙台、とこの曲は現地で見るのが続いたのでLVカメラで見るのはなんか逆に(?)新鮮な味わい。いやしかし毎度毎度毎度毎度ほんとうに思うけどFRAMEのダンスのキレ、止まるところでぴたっと止まる、すごい。

4.Tone's Destiny

 はい。

イントロが流れ出した瞬間すこんと膝を付いて手摺にしがみつきペンライトを握りしめてじっと食い入るように見つめる体勢になった。きょうは感極まるというよりひたすら楽しいのが多かったんだけど、やはりこの曲だけはちょっぴり涙がにじんだ。なんて幸せなんだろう!イントロでふたりが喋ったあと、歌に入る直前の永野くんの穏やかな感じの表情がめっっっっっっっっちゃくちゃよかった。きがする。

5.RIGHT WAY, SOUL MATE

その後のトークパートでこの曲の振付をみんな真似してると話題になったので、振りコピ、したくなるよな~~~~~~~~わかる~~~~~~!!!!になった。深町さんか誰かに「食事してる時もやってたよね」と言われてノりそうでノらずに「いや、違うよ」と突っ込む八代さん……。仙台初日、初披露の場で現地に居合わせた私は初見で振りコピを試みたわけだが、先見の明では????と自慢げな気持ちになりました。いや単純に最速で機会が与えられただけですが……。でもLVカメラだと基本的に歌ってる人がぬかれるのでAメロの振り付けはあんまり見えないんだね。そっかそっか。と思いつつ記憶を頼りに不完全ながら腕のわきわきするやつと正拳突きのやつをひとりで真似していた。仙台初日に現地で見たんやぞ!という得意気な気持ちで。あとこれに限らず神速の曲はいつもそうなんですけど、サビ前とかのキメっぽいところでまちゅやんが脚をがっっと開き身体を低くして玄武と朱雀の身長差を演出してくれるの本当にすき。

6.À La Carte FREEDOM♪

特殊イントロでした?モニタの映像のさいどみにちゃんがじわじわきた。1番ABメロの翻訳は毎度すげーなーになるし、2番のAメロでこばぴょんとあまたんが一緒にカメラにアピってくれたのはCuのかたまりだった。かわいい。狩野さんがばしばしウインクをキメてくるのでずるい。こばぴょんがパピッとする後ろで一緒にパピってる狩野さんは面白かったけど。

\We are Cafe Parade!/の後によくできましたって感じで手でまる👌ってしてくれるしょりのさんすき。

7.STARLIGHT CELEBRATE!

きらきらきら………………………………………………(言語が死んだため)。あっ!天道輝さんの手首のスカーフ!ARRIVE TO STARがあるからスタセレやらないかもと思ったりしていたので不意打ちでした。うれしい。スタセレ好き。

でも2ndの最後のスタセレがすきすぎて、星を描くやつなかったのがちょっと寂しくもあり…………と思っていたところに2日目のアラスタがあったので、やられた!まあそれは2日目の話で。

 

トーク。ドラスタ神速W。ここで神速の曲の振り真似が流行ってるって話だった。

 

8.ぴんとこな ~蝶よ花よ~

2ndの初披露の時点でステージの真ん中に立つ華村翔真さんじゃん~~~~~~~~~だったのですが、3rdのステージはそこに花道まであるので、花道、花道!!!うぉー

ーーーー!!!!!!!イントロで花道をまっすぐに歩いてくる姿が本当に美しかったね。着物の裾を感じた(?)。バレちゃん体格がいいので振り付けもダイナミックですてき。途中のバックダンサーでこばぴょんと狩野さんが出てきたけど、すまし顔しているのがちょっとおもしろかった。

曲終わってわーとかふーとか歓声があがっているときに大向こう気取りで「よっ!!華村屋!!!!」て絶叫したの、自分ではナイスだったと思ってます。後ろの席だし。

9.流るゝ風の如く ~和敬清寂~

からんと鹿威しが鳴って、正座してお辞儀からはじまる。ひゃあーーーーー…………。

2ndでCD発売前に披露されて、あのときは指先もぶるぶると震えていて緊張が伝わってきたのですが、今回は本当に凛としていて成長ぶりに感動した。トークパートでソロは何回やっても緊張しますねと言っていたけれど、感じさせないくらい堂々としていてよかったですよ!歌のいちばん最後の少し上を向くようにしてマイクをぱっと口元から離すやつ、きょう思ったんですけど茶道でお茶の最後のひとくちを吸うやつに似てませんか?いや別に茶碗は普通に離すと思いますけど、最後にずってやるじゃないですか。あれ。

ステージ上段に立ててあった赤い和傘を2番でそっと手に取り竹藪を歩く姿、「BSプレミアム!!!!!!!!」と思った(?????????????)のだけど伝わりませんか。そうか……。本当に美しかったですね。うん。いいね、いい。とても素敵。すごくいい。ユニット曲では彩は扇子を使ったりもするしそういう細やかな小物使い、いいですね。いい。

10.桜彩

一連の流れ、あまりにもいい。キリオのこぶちが無いのがまた違う趣。歌詞がまたいいんですよね……。いい。私は福岡公演未参加だったこともあり、SideMにおいてメンバーが欠けた状態で曲が披露されるのを見るのはおそらく*1初めて?だったのですが、移ろいゆく日々の中に変わらぬ美しきものを見いだし伝えていく、それをしっとりと歌うこの曲をこのメンバーの欠けた状態で披露する曲として選び3人(あるいは6人)揃った初披露に次ぐ2回目の披露をするの、なんか……いいじゃないですか。まあ最新曲なのでそりゃやりますよねという感じではあるんですけど、なんか、なんか……よくないですか?いいなという気持ちは多い方が得なので、私はいいなと思っています。

11.我が混沌のサバト・マリアージュ

臙脂と赤のペンライトを上に掲げてみたりとかいろいろしつつサバトに参加しているつもりを味わった。つーか、知ってたけどあらためて、あまりにも歌唱力おばけ。すごい。途中で召喚されたのは闇落ち熊ちゃんと闇落ち山谷くん。正直熊ちゃんの方は私あんまり見えなかった(命拾い!)のですが、山谷くん、これ!!!そう!了解!!!キャラクターじゃなく普通に山谷くんの話なんですけど、いつかこの瞬間に名前をつけるならでシリアス顔でちょっと長めの前髪が乱れてる山谷くんマジでよかったのでサバトでもなんかカメラにがっつり抜かれた瞬間があって正解!!!!!!!!の気持ちになった。2番に入ったら知らん間に2人ともべったりと地に伏していてマーーーーーーーージでびびったし、サビに入るところでじわ~と立ち上がるのぞくぞくしましたね。あとバックダンサーと一緒にサバトサバト―のところの腕の動きやるの楽しいですよ。ペンライト持って腕ぐわーやるの黒ミサ感が盛り上がっていいです。

2番の歌詞にサタンが出てくるところでサタンがカメラに抜かれていたのよかった。途中で音声が変わった?というか、会場音声みたいになった瞬間があったんだけどすぐ直ったのでよかったです。

12.Reversed Masquerade

サバト終わりにがらがらごろごろと雷が落ちてそのまま不穏さを纏って始まるリバマス!う~んスペシャルグッド!あと狩野翔の腰。ただParade!Parade!以下略のところで真上から映すカメラが無かったのはちょっと残念だったけどね。

13.The 1st Movement ~未来のための二重奏~

いや~~~~~~~元々この曲は明るく希望に満ちてるんだけど、過去最高に晴れやか。すばらしい!なんか本当に清々しくて、なんとっ!まともにペンライトを振れた。すごい。SLジャケット絵のシルエットの演出があったと思います。いい感じだったね。そこからシルエットじゃなくなったときの「えっっ!!!!!!!!!!巨大な画面にたえうる綺麗な顔!!!!!!!!!!!!!!!」の気持ち。

 

映像。衣装替え。

 

14.冬の日のエトランゼ

「衣装替えの後はドラスタ」と読みきったオタクたちが映像の終わりあたりからペンライトをオレンジにしだすのおもしろかったけど、私もそう思ったのでウケるな。

いやー福岡せむS!P!D!やったと聞いて覚悟はしてたけど、してたけど、できてない!八代さんの歌い方がCDよりウィスパーな感じだったので「そ、それが貴様の答えか~~~!!それならばこちらも受けてたつ…………………………!!!!」と思ったけど普通に負けた(???????)。ドラスタなので当然みんなオレンジを振ってるんだけど雪の白にしたいな~せめて寒色欲しいよな~になってBeitの水色と雪の白も併せて振った。水色振ってる人は多少いたけど白は他に見当たらなかったな……。サビのあたりのモニタの雪フレーム(FRAMEではない)でCRぱちんこ冬のソナタ………………と思ってしまったのは反省してまーす。パチンコは打ったことないです。とかなんとかやりつつどうにか自我を保っていたのですが終盤のセンターステージでぐるぐるまわるカメラに1人ずつアピっていくところで死んでしまってよろけたのちに茫然と立ち尽くすやつになってしまい、全部わからず、全部おしまいでした。え?ずる………………。曲が終わっても歓声も碌にあげられず、え?え?え?????と戸惑っていた。戸惑ったまま次の曲が始まってしまった。はじまっちゃった、そう……

15.Swing Your Leaves

SYLが。2日目のアニバ曲繋ぎでサマホリムンナイSYLというのばかり警戒していたのでエトランゼからの繋ぎを一切覚悟してなかった(エトランゼをやること自体は予想してたのに!あまりにも手抜かり!)ので、そうきたか~みたいなことをへにゃっとした声で呟いたのちにへにゃっと座り込んでしまった。振り付けとかは仙台の感想で書いた通り。最初の三者三様待ち合わせするところなんかも画面で見るとまたなんか違う感覚があるわね。いちど座り込んだのちにいやいやいかんと思って立ち上がり、ペンライトを振ろうと試み、無理で、そうだこういうときの彼女面だと思い、彼女面……彼女面ってなに?壁に寄りかかってみるか、いやなんか違うかも、腕を組んで、いやなんかこれは違う、SYLは違うな!えーっとえーっと、の結果、結局やはり立ち尽くすだけになりました。人間は無力。あまりにもよわい生きものだ……。そうこうしているうちに間奏、デート。で、デート、デート…………デート。信玄さんは突然の雨からジャケットで庇ってくれたし、龍くんは待ち合わせのときにちょっと遠くから見つけてぱっと笑顔に手を振ってくれて、そのあと手を繋いだ。握野くんは何気なく歩いているときにふと目が合ってあはっと笑ったのちに口パクで「ばーか」ってしてた。はい。はい………………。はあ……ふれーむさん……。あの……。?????????????もうこのあたり自分がどうなっていたのか定かではない。最終的には、「微睡む日は」だったかなあ、熊ちゃんを見て再びぺしゃっと崩れ落ちて、そのままおしまいになりました。もうめちゃくちゃ。めちゃくちゃ。

16.Happy-Go-Unlucky!

ごーごーれすきゅーねばぎば!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!了解!!!!!!!!!!!!!!!!!レスキューありがとうございます!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!や、本当に命拾いした感じがある。さっきの笑顔にはめちゃくちゃにされたのに今度はひたすら楽しくてハッピー!なので木村龍濱健人はすごい。完全にへたりこんで手摺にしがみついていたところからのこれなので、立ち上がるつもりが勢いあまって「やった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」って言ってびよんと飛び跳ねてしまった。や~~~~~~~~~~~~~~~~~~~はっぴーごーあんらっきー好きなので…………………………。やー、ほんと、たのしかった。

17.GO AHEAD SMILE!

最後にすってんころりんした龍くんを信玄さんが助けに来て、ハイタッチでバトンタッチだったかな?熱いね、いいね!バックダンサーも神速一魂のふたりで、一段とアツくてね!ねえ~~~~~~~~~~かっこいいの爆心地(??????????????????????????????????????)気になる匍匐前進は、立ったまま匍匐前進ぽい動きをするのかと予想していたら実際には上体は客席に向けつつも右腕で本当にステージの上を匍匐前進めいた動作をしてみせたので、わお!!!!!!!!!そうきたか~~~~~~~~~~~そっか~~~~~~~~~~~~~~!神速の登場した2番では神速も匍匐前進しててアツい漢たちの匍匐前進がたくさん見られてお得!!!さらには間奏で補給物資が登場し、バズーカ的なものからなんらかをバゴーーーン!としていて、もう全部がよかった。ふれーむちゅき。

18.LEADING YOUR DREAM

てっきりAFTER THE RAINやると思ってたのでまたまたびっくりして「え!?!?!?!?!?!?!??!?!?やった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」って言って飛び跳ねるやつやってしまった。高く跳びすぎて天井を破った(オタク特有の(別にオタク特有ではない)誇張表現やめろ)。後ろに人がいないというのはあれど、なんというかアタシって理性ないのかナ。。。。の感じはある。ないかもねえ。や、ほんとに、たのしいんですよね。踊っててたのしいし、いい曲。いい位置をとったおかげですきに踊れるし。でもAFTER THE RAINももっと聞きたかったという気持ちも強くあり、世の中はままならない。あとで気付いたけど3rdでPleasure Forever...やってないっぽいね。なぜ!もったいない!いやあね、全部の曲がよすぎるのが悪い。

19.MOON NIGHTのせいにして

2ndからやってるキラキラキラ……シャラーン✨って流れ星が降ってきてデデッデデッデデッデデッてイントロが流れ出すやつじゃなかったたの卑怯でしょ。ず、ずるいぞ!なんかジャカジャカ流れ出して、ムンナイぽいけど、え、え?と戸惑っているところに始まるので本当にずるい。そんな騙し討ちしなくても我々は当然奪われるのに………………(表現が最悪ですが褒めています)。ライブのムンナイはやっぱりとりわけ柏木くんがね、はい。八代さんへ。全面的に私の負けです。私より。

20.笑顔の祭りにゃ、福来る

法被着て祭団扇もってトロッコ!!!え~~~~~~~~めでたい!!!!!!コールが超・楽しいのでちゃんと予習していけばよかった。予習が足りていなかったので雰囲気でなんとかした。揃わないけどやらなかったらこれ1曲だけお預けになっちゃうなあと思っていたのですが、そうかトロッコかあなるほどなあ。や、なんかトロッコだとイレギュラー感あるじゃないですか(?)。メンバー欠けて初披露の落としどころとしてもいい感じだなって。とにかく楽しくて笑顔でよかった。でもトロッコであんな大きな団扇もったら、近くに来たけど自分のところからは角度的に団扇で顔が隠れちゃった!みたいなPちゃんがいるのでは?とちょっと思ったりしたけどどうなんでしょう。案外そうでもないのかしら。この曲は4人とも表情が本当によくて、よかった。

どこかのタイミングで急に「ジャ○ーズっぽい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」になったのですがなぜだろう。ジャ○ーズのライブ見たことないのでジャ○ーズっぽさとはなにかもわからないし違うよと言われたら申し訳ないのですが、とにかく私の中にあるジャ○ーズ感とどっかで合致したんでしょうね。別に曲調がそういう感じと思ったわけでもなく、トロッコに乗って歌ったり手を振ったりしている姿とか、おそらくそのあたり含めてそういう印象を受けたっぽい。特に深町さん。これまでのトロッコでは別にそういう気持ちになったことはなかったし、なんでしょうねえ、不思議!自分でもよくわかりません!最後の方のどっかの瞬間の深町さんのお顔、表情、すごくどきっとする瞬間があった。

21.喝彩!~花鳥風月~

おお~~~~~~~~!!!SL曲もやるのか!!!!!!笑顔の祭りにゃ~の後そのままトロッコで歌いだし、後半でステージに上がる流れ。なのでもちろん法被もそのまま。彩って特に掛け合いっぽい感じが強いからどうなるかと思ったけど、キリオパートを2人がカバーしつつ歌うのは新鮮味があり、「…でにゃんす!」をちょっと照れつつ歌う九郎くんなど、たいへんかわいらしく……。途中どっかでサブリミナル的に画面に2ndか何かのときのダイキングが映り、めっっっっっっちゃびびった。2人が間奏とかで坊や/猫柳さんの分まで~みたいなことを言っていて、くぅ~泣かせるわね……。2人でしっかり魅せつつも真ん中にはにゃんすの場所があるのを感じられ、絶妙だった。2番の入りあたりでゆうゆの歌がオケからずれたけどイヤモニか何かのトラブルだったのかなあ。ちょっと心配したけどバレちゃん翔真さんパートを経て戻ってきたら直っていたのでよかった。バックダンサーでアルテが登場したんだけど思うけど、一瞬しか映らなかったので永野くんしか確認できなかった。火消しみたいなのを一生懸命上下させていて、はわわ、あんな重たそうなものを……がんばれ~!

22.バーニン・クールで輝いて

てっきり最強伝説がくると思ってたので、え!?3rdで最強伝説やらないんかい!?!?!?とびっくりしたけど、それはそうとめちゃくちゃ楽しかった。かなり声出せたけど、自分の声があまりにもオラつきすぎていて果してこれはいいんでしょうか……とちょっぴり不安にもなったり。合間の語り的な部分が増えてた?よね?曲の最後のところも。すっごくいいこと言ってくれてた気がするんですよね。神速一魂ちゅき……。終盤には横から他のメンバーたちも集合して、「全力で!/全開で!/命のままに輝け!」のところでカメラがスライドしていってみんなでオイオイして、もう一回!って反対側もやって、この大団円感!315プロダクション、サイコー!ていうかかつては自分のことを天涯孤独と思っていた黒野玄武くんが紅井朱雀くんに出会い番長さんに出会い、いまではこんなにたくさんの仲間とステージに立っているの……………………人生って素晴らしいな!じゃありませんか?人生って素晴らしいんですね。たいせつなこと、またアイドルマスターSideMが教えてくれました。

 

23.Beyond The Dream

バーニンクールで全員出てきたあたりで最後の曲なんだって察したのだけれど、いやあはやいわ。体感10分。や、ほんとにあっという間度でいうと今までで一番かもしれないくらいあっという間でした。

 

素人カラオケ

静岡公演、最後の場所だし幕張で両日何かしらの発表があったことを思うと今日もちょっとくらい何かあるかなーとも思ったけど無かったね。

 

24.GLORIOUS RO@D

や、よかった。海馬は死んだ。

 

あいさつ 

「まっさんかわいいー」ができたので満足。きょうもまっさんはかわいい。

どんちゃん「ナーハッハッハ!」おれたち\ナーハッハッハ!/の謎コーレス。高笑いって意外と難しいわね。しかし単番だろうと何だろうと俺には恥じらいなど無い!!や、正直「ややや、何の時間やねんこれ!笑」とは思いつつやっていたけど、何回か繰り返したのちにどんちゃんがこれでまたみんなの笑顔が見られた~みたいなことを言っていたのでおまおまおまおまおまおまおまおま!!!!それはずるい!!!になった。

バレちゃんが「ぃよぉ~っ!」\華村屋!/のコーレスさせてくれたのマジナイスでしたね。私は(勝手に)ぴんとこなの終りで叫んだけど、和風堂々やらなかったしどこかタイミング欲しいと思ってる人いっぱいいたよね。応援している人の名前をでかい声で呼ぶ行為、本当に心身の健康にいいんですよ。私はこれで眉毛のガンが完治しました。

ゆうゆが「次回は3人……じゃなくて、バレちゃんと翔真さんと、大輝くんとキリオと、九郎くんと僕の6人で」という感じのこと(名前の呼び方とかは正確に覚えてないです)を言っててゆうゆさん完全に理解ってる人じゃん……と思いながら感動して泣いた。

アイドルのプロデューサーをやるゲームなのでまあ普通にキャストの皆さんはプロデューサーに向かって喋っていいと思うんですけど、でも私は「プロデューサーじゃなくてファン」を自称するめんどくさおたくなので、キャストさんがプロデューサーじゃないファンの存在を認識した発言をしてくれるとその細やかさに感動してしまうんですね。きくてぃが「サポーターのみんなと、」って言ってくれるのを聞いて首がちぎれるくらい頷いたりマリアがファンについて言及してくれるのを聞いてあらためてマリアへの信頼を再確認したり。他にも言ってくれてる人いたかもしれないけど記憶のぬけがあったらごめんなさい。

細やかさという面でいうと益山さんの「会場のプロデューサーさんと、LVのプロデューサーさんと、そしてきょう来られなかったプロデューサーさん」というやつ、それそれそれそれそれそれそれそれそれそれそれそれ!!!!!!!!!!!!!さすがわかってらっしゃる!!!!!!!!!!ありがたい………………………………ご理解………………信用のかたまり…………。しゅごんとかもMCのとき割と言ってくれる印象ですけどどうでしょうかね。そうなんですよね。そうなんですよ………………たとえきょうここにいられなくたって、応援している人はいるんですよ……。理由が何であれ結局はいない人なのに、そういう人たちを忘れずに抱きかかえてくれるこの度量の大きさ。あまりにもかっこいい……。

 

25.DRIVE A LIVE

最後の曲でいまさら気付いたんですけど、ふっふーふわふわするのきょう最初だな!?!?!?!?という。え、もしかしてSideMふっふーふわふわする曲ドアラしか無い!?ユニット曲やソロ曲はおろか、ビヨドリもりーずんもぐろりあすもふっふーふわふわ入らないですからね……。3rdツアーも終盤となって急に、今更?と思って自分でもびっくりしたけど、とにかくこのとき気付いてすごく新鮮な気持ちでコールしてました。ドアラ自体が実家のような安心感だし、ふっふーふわふわもなんだかんだとても馴染みがあって実家のような安心感だし、そしてその安心感がかえって新鮮味を感じさせる不思議な感覚でした。

1日目だと思うんですけど、ドアラの途中でたそ?が拓ちゃん?をおんぶしようとしてぺしゃっと潰れるみたいなやつあって可愛すぎて笑った。しゅごんは先導(サザエさんのEDみたいな……)してた。誰が誰だったか自信が無いんですけど身長的にめちゃくちゃアンバランスで「や、逆やろ!」と思った記憶があるのでたぶんこうだと思います。小学生男子チックスターズさん!……愛しい。

 

最後、退場するときのカメラファンサ、濱健人の「またデートしような♡」で全部もっていかれたので他の一切の記憶が……なし!

 

きょうもいい日だった。心に、身体に、記憶(……は、一部円盤という名の外部領域に頼らないといけないけど)に残るライブでした。

*1:2ndのカレイドもあるけどあれはじゅぶる合同曲なのでなんかこう、気持ち的に私の中ではまたちょっと別カウントです

2/25 現地

2日目は同行者が先行で当ててくれたチケット!これが、徳の高さの違い。場所は上手側2階席の2列目、わりと、センターステージが近いのでは!!!!1時間ほど前に入場して席についていたけど冷房の風があたってちょっと寒い。そして普通に周りに人がいるので狭い!!!!いや昨日が特殊だっただけでこれが普通ですが……。気を付けないと他の人にぶつかっちゃうなあという感じ。そして知らんオタクに囲まれて当然のようにネガる私。他者が苦手。はやく開演してくれ~~~……。

 

1.Reason!!

本日もまんべんなくあちこち見るぞ!と意識しつつも、ついつい熊ちゃんに吸い込まれる視線…………。この時点で、もう……、ええいやー私は認めません、認めませんよ、私は潔白です。「重なった手で」で誰と誰が手を重ねてるのか確認したい!という気持ちはありつつ当然あんな一瞬ではろくに把握できず、ただただなんとなくいい感じな雰囲気だけでワーってなっていた私。間奏でながにゃんがエアショルキーしていることに気付いたり。そして熊ちゃんの「そうだろ?」でMCが確定(?)という感じ。きのうのちばしょーのときもそうだったけど、ここすごい歓声だったねえ。そういえばReason!!をはじめとした序盤の方はちょっとカメラのクレーンに視界を遮られたりしたけど、そのうち全然なくなったな。なんだったんだろう。

 

昨日は開口一番いきなり「ドーナツたちー!」と客席に呼びかけたしらにぃ、きょうは「みなさんはドーナツをあげる油です」で、???????????????になってしまった。言いたいこととしてはおそらくみんなの盛り上がりがあってこそだよみたいなことなんだけど……それはわかるんだけど……わからないわ!

ひろひろは「榊夏来役の渡辺紘こと……………………。」\……ひ、ひろひろだよ~……?/「おっ、それ新しいね。ひろひろだよ~」がずるかった。フェイントかい!

仙台出身の山谷くんは「おばんでーす」\おばんでーす!/で挨拶。正直なところ私はおばんです使ったことないですけど……意外と使うもんなんですかね?でも昨日は凱旋感ぜんぜん出してなかったので、言おうか迷ったとかいいつつ仙台出身て話題をだしてくれたのなんとなく嬉しかったよ~!次のきくてぃーもまねしておばんでーすしてたかな?かわいい。その後ちばしょーがWの挨拶について笑いのハットトリックじゃんみたいなことを言ってたのもおもしろかった。

もふもふえんは矢野くんがいつもの地声芸(というか勝手に我々が衝撃を受けているだけかもしれないが)をやり、ふーくんが真似して「橘志狼役の……古畑恵介です(精一杯の低音)」とかやっていたのがほほえまでした。昨日もやってたっけ?初めてやってみた~とか言ってたのは昨日だったかな。その流れをあえて無視するあゆむらせ。もふもふえんの次の順番だったハマーはわざとらしく咳払いをしてさらに天丼しようとしていた。ハマー天丼好きだねえ。315プロNightでパーソナリティやってたときも隙あらば天丼していた気がする。そんなハマーのこと、私も嫌いじゃないよ♡

まっさんかわいい~のくだりも早々にやったんだっけ?村瀬さんが「あ、そういうのがあるのね?わかる、まっさんはかわいい」みたいなことを言ってたのでまっさんのかわいさはあゆむらせお墨付き。まっさんはかわいい。Cu。

 

2.RAY OF LIGHT

いきなりサニバかい!!!かっこいい。昨日はラップのところで視線がモニタに吸われちゃったのできょうは意識してステージを見たけど、かっこよかったことしかわからねぇ!新たに気付いたことと言えばサビだったかの足の振り付け。左膝ついてて右脚左脚とぐるっとまわすと膝ついてる方が入れ替わっててそのまま立ち上がる感じ(????)みたいなやつ…………円盤で確認してください。えー、うぉー、あれどうなってるんだ!どうなってるのかわからないけどすごい!って感じでとてもかっこよくて好きだったので……。

3.LEADING YOUR DREAM

センターステージで背中合わせに踊るWちゃん!ダンスが本当に楽しい曲だよね~~~~~また現地で見ることができて嬉しい!!たのしい!!!!私の席からだとライトの位置的に逆光できくてぃが見づらかったりもしつつ、その眩しさもナイスだよ。現地だね!!2人の輝く姿……いい!この曲の冒頭で「盛り上がりのハットトリック、決めてみせるよ!」とか言っていて、さっきのちばしょーのコメントを回収してる!うまい!と思ってアツかったですね。「FREE!」「YES!」のコールのところで確か客電振ってあった?のかな。私たちもこの曲に参加してるんだ!って気持ちで嬉しかったな。

4.♡Cupids!

きょうもかわいい。かわいい。2回目なのでVD2016再現も身構えることができたし(?)、振り付けもかなり記憶に残ってるけど私の下手くそな文では伝わらないので円盤で確認してください。昨日MCでぺーちゃまが言っていた指先の赤いハート、きょうは(昨日と比較して)かなり席が近かったので確認できました~!かわいいね。曲が終わった後、わーとかきゃーとかいう歓声ももちろんある中で「かわいい……」の声が多数漏れている客席が面白かった。まあ私もその一員ですが……。かわいい……かわいい……でざわつくのなかなかないでしょ。だってかわいいんだもの!しかたなし。

5.Swing Your Leaves

セカライおよび3rd幕張2日目のサマホリムンナイ繋ぎを受け、「いうて仙台はラブソング繋ぎとかないから安心やな、というかむしろどういう流れてSYLやるんだろうね~?」って言ってたけど!!完全に甘かった!全面的にこちらの手落ち!!!そ、その手があったか~~~~~~~~!!ていうか待って待って心の準備がまだあのあのあの!ちょっと!!!!待って!!!暗転している中にうすぼんやりと見えるのは、三者三様まさに待ち合わせといった趣でちょっと空を見上げてみたり腕時計を確認してみたりするような仕草で登場するFRAME……。思わず頭を抱えたしそのまま1曲ずっと頭を抱えていたかもしれない。自分がどうなっていたかちょっと定かではないのですが……かろうじてペンライトはゆらりゆらりと揺れる葉のように振り続けた(※数秒ずつなら何回止まってもセーフ理論適用)、はず!アリーナ前方とか軒並動かなくなっていて「それはそう」になった。背景が実写風の雰囲気だった。並木道がかなり定禅寺通っぽくて「定禅寺通だ!!!!!」になっていた(並木道ガバガバ定禅寺通判定オタク)。たぶん定禅寺通ではない。「魅惑の体験コースター」で熊ちゃんとまっさんが腕で円を描くように踊っているので一瞬???と思ったんだけどあっまんまコースターかと気付いたり。傘になってで腕を傘にしていた。あと抱きしめるところなかったですか?いやもう何も理解ができていませんが………………………………。心の準備が一切できてなかったんで、本当によくわかっていないです。間奏かどっかで手を差し伸べられていたとかなんとか言われてみればそうだった気もしないでもないけどわからん。わか、わからないです。たすけて!サビのファルセットがきれいで生歌とは……になった。アウトロでくるりくるりひらひらと動いていたのが本当に揺れる葉のようで、人を見てこんなに「揺れる葉のようだ!!!!!!!」と思ったのはこれまでないしもしかするとこの先もないです。最後の最後頭の横で親指と人差し指でひし形みたいにしてたのがなんだか私はよくわかっていなかったのですが2日後くらいになって突然「あれ!!!!葉っぱか!!!!!!!!!」になった。知能が下がりすぎている……。突然失恋したり突然奪われたり突然プロポーズされたりそういう体験ばっかりやってきた(語弊)から、なんか、こんなちゃんとした……いいのか!?と逆にとまどってしまう現象よ。ていうかラブソングではありFRAMEがラブソングを歌うという驚きや新鮮さ*1はあるんだけど、大切な人のいる世界の平和を守りたいというFRAMEらしい愛の形を歌う曲ですばらしいですね……。あとMCでのSYLの話が振られたときに真っ先に口を開いてまさかラブソングを歌うことになるなんて……みたいなことを話し始めたまっさんの困った様子がウルトラベリィスゥパァかわいい最高人生バンザイ地球に感謝!!!!

なんか気付いたら1曲だけクソ長文になっててウケるな。しかしこの曲はさらにちょっとした後日談(当日ですが……)もある。この記事の一番下につけておくので読まなくていいです。

6.OUR SONG -それは世界でひとつだけ-

ステージに5本のスタンドマイクが並んではじまるアワソン!5分割モニタで、Aメロとかは歌ってるメンバーの個人色が縁にじわーっと広がっていく感じ。「1人でも欠けてたらダメなんだ」の指で1,2,3,4,5と数えるのほんとすき。うぉううぉーもすき。最後のサビにかけてスタンドから離れて階段に座った5人は「1人でも欠けてたらダメなんだ」で隼人→旬→夏来→春名→四季の順に指さしててわ~~~~加入順~~~~と思った。位置的には左下→右下→左上→右上→中央、だったっけ?

MC中にながにゃんがあの座り方も(キャラクターの性格とかを反映して)ちゃんと決まってるんですよ~って話をしてたけど、"決められた座り方"を強調しすぎておかしな感じになってたのでワロタ。

7.伝えたいのはこんなきもち

これまでトロッコ2回の前例がなかったので仙台2日目どこがトロッコやるんだろう?虎牙道以外みんなやってるけど虎牙道をトロッコに乗せちゃうのはもったいないよなあ……とか思っていたら2日連続もふもふえんトロッコでした。なるほどね。曲が始まってトロッコに乗り込む3人。わわわっどうしよう来てしまう!来た!近い!!方向的に無いかなと思いつつ、顔面フリ素の可能性も無きにしも非ずな感じでどきどきするわね。ワロタ(なにわろてんねん)。カメラの方向とかまで気にしてられなかったからどうだかわからんけど……。いやとにかく近くて、にやけ面を隠せないまま手を振る私。こうも近いと自分の顔が視界に入ってるんだろうなとなって変な緊張があった。上手側から出発だったので上手側スタンドの我々の前は前半で早々に通り過ぎてしまったけど、本当に目の前を通過していったのでしばらくぽや~となってしまった。肌がきれいだった。ていうか歴代トロッコ経験者がこわかったとかいう中で身を乗り出してファンサするふーくんがすごい。ふーくんが後ろの方でボール投げたとき鋭角でぶっとばしてしまってぺこぺこ謝ってたのがかわいかったです。ていうかMマスボーイズは毎回だれかしらボールぶっ飛ばしてるな。

その後MCのときにふーくんが「LVに渡す分って思ってたら投げそびれちゃったから……」と言ってつつつとステージ下手に歩いて行って、2階スタンド最前の人にMC中手渡ししてたのがめっっっっっっっっっっっっっちゃびっくりしたんだけどなんだったんだあれは!?!?!?!?!?!?!?最初スタッフとか関係者なのかと思ったけど手首からペンライト提げてたし、Pさんっぽいんだよな……………………。え??????

 

ていうか幕張2日目も仙台2日目も最初のブロックはアニバ曲ゾーンだったんだね。後から世間の人(クソでか主語)に言われて気付きました。頭が悪いので……。いやそれ先にいってよ!!!!!!心の準備が必要でしょうが!!!!主にFRAMEさん……

 

8.新世代ワールド・ビッグスター!

大きな動きで歌っててかわいいしかっこいー!センターステージもメインステージも縦横無尽という感じ!しかし階段からジャンプで降りる所はすごかったけど高さもけっこうあったしドキドキしたよ……。サビの「ビッグスター」で両腕を大きくひろげて大の字になるところがビッグスターですごくよかった~~!!あと2番のAメロではモニタにかのんくんとなおくんのシルエットが映ってた?かな?でしろーくんはセンステの隅でカメラにむかって内緒話をするように歌ってて、ん~~~~イイですね……いい。途中お衣装のしっぽをふりふりしたりするところもあり、しろーくんのかわいさとかっこよさとわんぱくさがふんだんに詰め込まれたステージでした!

9.青春!サティスファクション

CDには無いイントロが付いていて、え、なんだこのかっこいい曲は…………?????でしばらくよくわからずにいたんですけどしらにぃが登場して青春!サティスファクションが流れ出したのでマジか!!!!!!!という感じだった。この日この段階ではまだ仙台でここまでたくさんソロ曲歌われると思ってなかったので、え~昨日ハイジョから3人もソロ歌ったから春名は仙台で歌わないのかと思ってた……とびっくり。後ろのモニタもかっこいい背景にかっこいいフォントでかっこいい感じに仕上がっていてかっこよかったです。楽しい感じのイメージが強かったんだけどかっこいい曲だったんだなこれ!かっこいいよ春名!ゲーム始めて最初のうちは春名のイケメン設定とか「確かにかっこいいけど他のみんなもかっこいいしな……」という気持ちでピンと来てなかったんだけど、いつのまにかだんだんと急激に"理解って"きたんですよね……なんつーか、若里春名はかっこいい……わかる。わかる!サビのドーナツの穴を覗くポーズ好き。

あとで知ったんですけどあのイントロはローリングストーンズのサティスファクションって曲だったらしいですね。洋楽に疎くてすみません……。ていうか、そんなかっこいい演出ありかよ!?!?と思って確認してみたら

youtu.be

イントロがこれだったかは思い出せないけど……あ!?この画面の感じ!!ざらついた画面でモノトーン調に手書き風の白いアルファベット!!!!あーーーーーー!!!!!!!!?!?!?マジ!?!?そんなかっこいいことある!?しれっとなにしてるんじゃ!!!こんなんズルでしょwwwwwウケるwwwwwwwwwwww(かっこよすぎて笑うしかなくなった人の図)

さてライブの感想に戻りますか。歌い終わって、大の字でうしろに倒れる。燃やし尽くしたよな……わかるよ……熱かったぜハルナ……!!!

10.JOKER↗オールマイティ

と思ったのも束の間、JOKERオールマイティのイントロが流れ出して、登場するハイジョメンバーたち!えー、このセトリはハードすぎて死ぬでしょ!しらにぃが!まあ私もですけどね!でもやっぱりタオルにコールにクラップに、楽しい~~~~!!!昨日リアルバンドなんてあれだけ派手に盛り上がることをやって、その上でまたアイドルとしてのパフォーマンスもやっぱりサイコーということが感じられるの本当にサイコーなのでハイジョーカーさんはサイコー。

 

11.ハートフル・パトローラー

や~~~~なんていうかやったーーーーー!!!終わってから地味に脳内リピートが続いているのは実はこの曲という。

途中で照明が真っ赤になったので結構びっくり。個人色もたしか青系だった気がするしな……と思ってたけどその後赤白の2色になったのでもしかしてパトカー的な!赤色灯的な!のか!?と急な納得感。あとサビとかのあたりでモニタに左下から、右下から、正面から、全体を映す引きの画、という感じでいろんな角度がいっぺんに映ってるのよかった。よかったし、こんなにかっこいい顔がいっぺんにいろんな角度で見られてお得!サビ、「俯いた日でも」で頭をくしゃっと抱えていちど俯く振り付けがあり、その直後顔をあげる瞬間のちょっと髪が乱れた様子があのあのあのあのはい!いぇーい!好きです(告白)!からの右手の指の動き、小指から順に握っていくやつ、ドキッとする。そしてヒーローポーズ。サビ終わり一度ピンスポになってからまた明るくなるんだったかな?いつもの自分と比較して異様にくっきり覚えてるしなんか余程しっかり見てたんだな……いえ、だからどうという話ではないです。特に意味はないです。

ハイキックで後ろに倒れて心配したけどすぐリカバリして「ごめん!」って……あの……この気持ちは何?(何?)本当に何?いやあのね、心配してどきっとしたところにあの甘めの声で「ごめん」とか言われるの新手の吊り橋効果でしょう……(????)。その後MCかどっかでも怪我とかしてないんで大丈夫とぴょんぴょん身体をうごかしてみせたりなんかかえって気を遣わせてすみませんという感じもないでもないですが……でも大丈夫ならよかった!よかったです!そういえばLVのときは気付かなかったのですがセンステに行く道の入り口のところ少し傾斜になっていて足元気を付けないと危なそうだな~と思った。このとき転んだのがそれと関係あるかはわからないけど場所的にそのあたりだったので。

ところで曲とは全然関係ない話をしていいですか(他に書く場所がないため)。熊ちゃんライブのときいつもネイルしているじゃないですか。あれ見ると、なんか、いつも、ちょっといけないものを見てしまったようですごくとても非常にどぎまぎするのですが…………………………………………………………。女の子のネイルは普通にわ~かわいい~素敵~すごいね~って思えるのに……………………なぜかしらね、不思議ね……。

ここまで書いておいてアレなんですけど、私は"潔白"ですからね。ホントウデス!シンジテクダサイ!

12.もっふ・いんざぼっくす♪

もっふ~~~~~!!間近(前日比)で見るとなかなかどうしてダンスのキレがすごくないですか。ふーくんパートのときの後ろの村瀬さん矢野くんのダンスがキレキレで思わずうわっすごいとなり、以降3人ともしゅごいな~~~の気持ちで見ていた。コールも楽しかった!

13.…掲げよう、偽りなき自分を。

さて、まさか楽しいもっふのあとにこんなどシリアスは予想してなかったよね…………。真っ暗な中、上のステージにぼんやり白い帽子が見えてあっと思った。旗ちゃんお衣装が白いから暗くても気付きやすいわね。スポットライトが当たる中で、テーブルの上のペンをとってさらさら、と紙の上を動かす。モニタに手元のアップが映っていた。結構長い時間書いていたように感じられたけど、実際はそんな長くもなかったかもしれないなあ。完全な沈黙が一瞬と永遠を同じものにしていた。ペンを再びテーブルの上に静かに置き、ステージのまんなかまで歩いて行って床に置かれたマイクを静かに拾い上げ、曲が始まる……だった気がする……。後ろのメインモニタ、本の表紙がめくられ、歌うのに合わせてセピアっぽい色のページに縦書きのきれいな明朝体で歌詞が記されていく。私はあまりフォントの違いとかわからない人間なのですが、そんな私が見ても美しいと感じる画面だったなあ。

途中から階段を下りて下のステージに。顔を隠すような振付があったのも覚えている。

2番のサビで歌詞がとんでしまったけど1番の歌詞で歌い切ったのは英断だったなあ、と思います。よりによってと言ったら言い方が悪いけどこうやって一字一句歌詞が映されている誤魔化しのきかない中で歌詞を間違えて、あっ、という客席の空気が感じられたであろう中でやりきったのはすごかったと思うよ。フレーズの区切りとかで2番の歌詞に戻すかなと私は思ったのだけれど、そうしなかったのは後から思えば言葉の流れを切らないようにかなとか……実際あのときどこまで考えてたのかはわからないけど、できるなかで最大限のリカバリだったと思います。や、でもそういうの抜きにしてもすごくよかったよ。もともと曲が好きだったのもあって泣いたもの。

終盤はページに記されるのと合わせてところどころ浮かび上がるようにして文字が出てくるのが畳みかける感じで、ぐわぁ~~ってなった(褒めています)。歌い終わるとぱたぱたぱた……と本のページがすすみ、閉じる。徳武さんもそっと本を閉じる動き。やーーーほんと素晴らしかったと思うよ……素敵だったよ。

14.羽ばたきのMy Soul

旗つなぎ~~~~!!動きのある黄緑色の照明がステージいっぱいにひろがり、草木が芽吹き風が吹き抜けるようなさわやかさ!315プロでも個人カラーは黄緑色なんだね。うんうん。まっすぐ前を向いている伸びやかさがすっごく気持ちよかった!ぺーちゃまが本当に楽しそうに歌うので嬉しかったですねえ。途中ちょっと感極まっても見えたのだけれどどうだろうか。私自身が泣きそうになっていただけという説もある。後ろに一瞬夢子ちゃんと武田さんの影が映ったとかインターネットで聞いたんですけどモニタを全然見ていなかったので気付かなかった・・・・・ほんと???

15.With...STORY

実は昨日のMCで徳武さんが「明日は大吾から受け取ったバトンを」みたいな話をしていたので掲げようは歌うんだろうな、あ~でも羽ばたきも今度こそ聴きたいな~そしてとにかくソロ曲からWith...STORYにつなげてほしい~~~~~~~の気持ちでいっぱいだったので、センターステージに他2人が出てきたのが暗い中で薄く見えて、願ったセトリがかなった!となりました。本当にやってほしかったので満足。成仏。泣いちゃう。旗を取り出し胸の高さでゆら~ゆら~っと左右に振る。ゆっくりうごかすとなかなか上手に振れなくて難しいなと思ったけど、だんだん風が吹き始めてきれいになびくようになりました。おそらく旗を持っていたことで単に空調が強くなったことに意識が向いただけなんだろうけど、2日間通してここまで(開演前に冷房が直撃して寒がっていた以外は)一切気付かなかったのでここで初めて風を感じ、船の甲板にいるような、帆を張っているようなさわやかな気持ちでとてもよかったなあ。でもトリコロールできなかったのはちょっと心残りなの~~~!2ndみたいにそういう指示があるかなと思って待っていたんだけどそのまま曲が終わってしまったので、折角の現地だったのにトリコロール作れなかったの悔しいなあ。次の機会は"""全員"""で練度を積んで自主的にトリコロールしたいわね。いやマジで。

 

ここのMCでもふもふえんがレッドカードを持って登場しF-LAGSにこれで涙を拭くように渡したり、山谷くんをサイコパス呼ばわりしていた。2ndのときの山谷くんのレッドカードで嘘泣きの涙を拭うやつが1年越しで回収されていて笑ったわ。

 

16.夏時間グラフィティ

「ざ……」。うそ!?!?きょうもやるの!?!?!?!?!?うぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!!!!!!!うれしいーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!夏時間楽しすぎた!!連番者にも私が目に見えて急激にテンション上がったのがわかったらしく……まああれだけはしゃいでいればわかるか。昨日やったからきょうは無いと思ってたのでそういう想定外さも相まってマジでテンアゲでしたね。振り付けとかは昨日も書いたので割愛。昨日と違って狭いのに相も変わらず踊り狂っていて正直周りの方々にはすみませんでした感がある。でもだいぶセーブしてたよ。いやすみませんでした。楽しいんだもん!じっとしてられるか!!みんなも一緒に踊ろうぜ!!!!!

17.RULE ~牙ヲ穿テヨ~

やったーーーーーー!!!!赤い!熱い!テンション上がる!!!やっぱレンキザキとショーヘイコマツにはくぁ~っこいいアクションを期待しちゃうわけですがやっぱりその期待にこたえてくれたので本当に最高。「し~め~~んそぉ~~かァ~~↑↑」が生で聴けて満足ですよ。バックダンサーで出てきたのは熊ちゃんときくてぃだっけ?テンションが上がりすぎて意識がとびかかっていたのでダンサーが誰かも正直よくわかってなかったけどなんかそうだったらしいですね。てことはジャンプ組か!これまたアツいな。急に思い出したのでここに書いておくけどニコニコかどっかで見た「平昌はピョンチャン 昌平はチャンピョン」っていうコメント、おもしろすぎてSUKI...考えた人は天才。牙崎漣はもっと最強大天才。

18.その場所へ行くために-KEEP ON FIGHTING-

青い。いや系譜とかそういうやつじゃなくて、青き炎。下で漣が派手に暴れまわった後に上のステージに現れてスタンドマイクで歌うのマジでアツい。たったひとりステージの上に立って歌ってダンサーも派手な振り付けもなくスタンドマイク一本で成立させるの本当に主人公の貫禄である。青き炎なんだよな……。向かい風を浴びて衣装をはためかせてるのかっこよすぎた。最後スタンドを蹴って台座ごと担ぎ上げる!かっこいい人にしか許されないやつじゃん~~~~~!宮城と言えば大河タケル凱旋ということでソロ曲が披露されて万歳なんだよな。

19.情熱...FIGTER

画面に「LOADING...」って出てピコピコした音が鳴っているの最高すぎた。ナイス演出!!もう脚も跳ねつかれたしペンライト振りすぎて手首も痛いし握力も無くなってたけど燃えていた。負けねえ!の気持ち。ペンライトも振りたいけどクラップもしたいしとにかく絶対負けたくねえ!!で右手に4本持ちして左手で右腕をばっしばし力いっぱい叩くスタイルになった。前回の反省はいったい……前回よりひどい痣を作りました。そしてレンキザキの「手ぇ叩け!」が生で聴けた!!!やったぜ!!!!!その前に「仙台」がどうのと言ったけどうぉぉぉとなっていたので記憶がめちゃくちゃになっていてなんて言っていたのか……勿体ないことをしてしまった。はやく円盤で確認したい。そして生で見る殺陣、知ってたけどマジで殺陣ですごかった。すごかった!すごい!つよい!体力ゲージを削りあっている!!最後は虎牙道WIN!さっきお互いに体力ゲージ削りあっていたくせに3人まとめてWINなのおもしろいよな。そして俺も勝ちでいいよな!!!!!色替えもできたので満足です。やりきったぜ!!

20.いつかこの瞬間に名前を付けるなら

(仙台公演での)夏時間と同じメンバーなのに全然違う趣だよなあという感じ。夏時間はあれだけ楽しさいっぱいなのにこっちは一転シリアスめな表情。最初の方、ちょっと乱れた前髪の乱れた山谷くんがカメラに抜かれた瞬間があったと思うんですけどあれかっこよかったですよね!?!?!?シリアス系の表情においてちょっと長めの前髪は抜群の威力を持つ……。AメロBメロがおしゃれ感マシマシで照明も紫系だけど、サビで赤黄の照明になって曲も少年漫画的なさわやかさが出てくるので、10代のバランス感があっていいなあみたいな感じのことを思った。

 

21.VICTORY BELIEVER

リアルサッカーボールが登場し、キックオフ!でセンターステージから蹴り上げる!どっちかな~と思ったけどフェイント無しのCD通りのキックオフでしたね~。左足で蹴ってお客さんにぶつけてしまったのでぺこぺこ謝るきくてぃ、かわゆし。Wのロゴがセンステでくるくるしてたのはこの曲かな?かわいいよねあれ。グリツアのときはLYDで左右の柱にくるくるしてたんだよな~いいね!グリツアではLYDとPleasure Forever...だったので初めて現地にて「ポーズはVサイン」「ポーズはW」をペンラでキメられて嬉しかった~~!私の声援、Wにとどけ~!!特にポーズはWの方は特に打ち合わせもしてなかったけど連番者と2本ずつ持ち寄ってWするやつできたのでなんとなく嬉しいね。

メインステージで最後に再びボール登場。享介がパスし、悠介がゴールを決める!!!嬉しい。うれしい…………!これまでいろいろ悔しい思いもしてきただろうけど、失敗を恐れずに挑戦してくれるWちゃんがすき。

いい話を台無しにしていくスタイルやめろ。

22.勇敢なるキミへ

センターステージだったので見慣れた振り付けもいつもの横並びとは違って感じられて新鮮だね。私の席からは照明の角度的に逆光になってて前半とかちょっとハマーが見づらかったけど、それはそれで勝手に「龍くん……」と思ってちょっとおもしろかったよ。しっかしFRAMEはダンスも歌もやっぱり安定感がすごい!!FRAMEは常に完成度が高いな。どのユニットもそれぞれすごいとかかっこいいとか思うけど、FRAMEは本当にいつ見ても惚れ惚れしますね。前職ダンスほんとすこ。間奏の敬礼のところ、こちらも敬礼で返そうと思ったのですが、真っっっっっっっ正面からまっさんと向かい合う場所になってしまいドキドキしてえっあっちょっと、あーーっ、と動揺してめちゃくちゃふにゃふにゃしてしまったのが大変悔しくはある。2回くらいチャンスがあったのに2回ともこのざまよ。ああ……。でもしあわせ。もちろん\ふれーーーーむ!/もできて嬉しい。このとき客電振ってあった気がする。2番のDREAMのところも客電点いた気がするしやっぱり演出としてはこっちもコールしてほしい感じなんですかね。

23.Compass Gripper!!!

センターステージで一列、向きを交互に並んで歌いだし、メインステージへ……って感じだったと思う。よかったのは確かなんだけど、もうさすがに疲労が限界だったのか、具体的な記憶…………残念ながら、無し。円盤を!はやくください!

24.Beyond The Dream

昨日も書いたけどレッドブルーイエローの属性アピールのところをあちこち見たいなと思いつつ、やはりきょうも目が足りず、無念。

このあたりだったか衣装の白いパンツが薄いピンク色に見えたりし、なぜ??????と思ったりもしていました。色覚に異常があったりすると白とピンクの区別ってつきにくかったりするらしいんだけど、いくらなんでも普段なんともない人間でそんなことあるか?他の色は特に気にならなかったし……気のせいだったのかな。まあ特にその後なんともないのでよし。

 

きょうも告知は無くてReason!!素人カラオケタイムでした。いや素人カラオケタイムとして用意されてるわけではないと思いますが……。さすがに2日とも告知なしとは思わなかったので、しょぼい告知と言ったらアレだけど「知 っ て た」感のある軽いお知らせくらいは流すかなあと思っていたので若干意外に思ったり。まあでもそっか315の日とかあるし温存しないといけないか。カレーメシとかチラシ入ってたしなんかあると思ったんだけどねえ。2ndの円盤に入ってるアニメ化のときの様子っていうのがなんとなく羨ましいというか、そういう重大な発表に現地で立ち会えて自分たちの反応が映像に収録されているのいいなあ、自分たちの喜びの声を喜んでもらえるのいいなあ、という気持ちがあるので、せっかくの現地だから何かしらあったらいいなあと思ったけどね。まあ今後また現地当ててリベンジするぜということで。きっとこれからまだまだたくさん機会はあるはずだから!

 

 

25.GLORIOUS RO@D

「うぉううぉー」「いぇいいぇー」のところ(CDでいう輝パートです)、誰だったろう。昨日はのがみんかな?と思って、きょうもそうかなと思いつつ違ったような気もしつつ、わからんマンになってしまいました。でも神速ふれーむしか入れ替わってないこの2日間でパート替えはしない気がするしやっぱり2日間のがみんだったのかなあ……。

そしてとうとう星、勝ち取り申した!3階から見下ろして星降らし装置(仮称)を見ておもしろくなっていた昨日とは違い、気付いたら空から星が降ってくるので幻想的だった。いや昨日の景色もきれいだったけどね。やっぱり自分のまわりを降り注ぐのは格別よ。2階席とはいえ前の方だったのでちらほらまわりの人のところに星が飛んで行ってるのは見たんだけど、星に気を取られてステージ見なかったら本末転倒だしペンライトで手がふさがってるし、あとで近くにおちてたらラッキーかなくらいに思っていたら目の前にすいーっと現れて胸に飛び込んできたのであわててキャッチしました。やったぜ。まあ1回キャッチし損ねて落としちゃったけど。虎牙道カラーのお星さまでした~!虎牙道色と思うと勝ち星って感じでいいね。まあ一般的に勝ちは白星なのですが……こまけえこたあいいんだよ。

 

記憶があやしいので正確性について保証できないのですが、キャストのみなさんからの挨拶も覚えてる範囲で書いていこうかな。どうでもいいことだけど、昨日は客席に振ったときだけ客電ついてたけどきょうはずっとついてなかった?

ぺーちゃまが「F-LAGSは仙台で(3rdツアーを)一足先に卒業しちゃうけど……」と言ったのでそんな寂しいこと言うなよー!と思ってしまった。卒業って、なんかやめるみたいじゃんか……。でも"わがまま"と称して「また仙台にきたーい!」と言ってくれたので嬉しい!ファンレターとかで涼から入って他のアイドルのPになりましたという声を貰うという話をなさって、おい!と思いつつ私の中の涼がこう言うんです、と。「僕の仲間たち、サイコーでしょー?」でも今の涼だったらこうも言うと思うんです、「僕も負けませんけどね!」と。んーーー、これをきいて私は泣きました。

うりゃおは「F-LAGSはこれでツアーを、卒業?……下船?」と言っていて、ワードチョイスに笑いました。徳武さんはソロで歌詞間違えちゃって申し訳ないと泣き出しちゃって他の2人に励まされたりしつつ、ぺーちゃまがホテルの朝食でお湯と間違えてコーヒー注いでたみたいな暴露もしつつ、ぺーちゃまうりゃおのことを「おにぃちゃんおねぇちゃん」と呼んだ瞬間があったのが私個人として「!!!!」だった。

ふーくんは、アニメでもふもふえんが出た回、志狼くんが見切れて半分しか映ってなくて悔しかった。でもそれは子役としてモデルとして既に売れていたなおくんかのんくんとまだ無名の志狼くんっていうのが表れていたんだと思う。アイドルにしてくれてありがとうプロデューサー、みたいな感じのお話だったと思います。じーんときちゃったよ。私はしろーくんは担当じゃないんだけど、というか315プロにおいてプロデューサーかっていうと本当は違うかもしれないけど、だからこういうこと言うのはズルなんだけど、でもこの子をアイドルにしてあげられてよかった。ふーくんがアニメの話題を出したときにうしろでぺーちゃまが私も私も!みたいなアピールをして旗がわちゃわちゃしてたんだけど一歩前に出てるふーくんは気付かず、客席の笑いを見て振り返ったけどもうその時にはおとなしくなっててふーくん「???」てなってたのがおもしろかったです。

村瀬さんは今回レッスンとかリハとかで今まで話したことのない人たちと話す機会が増えて仲良くなれたという話題で、ちばしょーの以前の印象を「だってむかつくじゃん!!顔カッコいいし歌うまいしダンスうまいし!」とか言ってたのが笑いました。あとF-LAGSが好きっていうのをすごく言ってた。

Wは山谷くんが「サイコパスサイコパスと言われておりますが……」と切り出したのが面白かったのですが、その次に挨拶したきくてぃが「闇だ闇だと言われていますが……」とかぶせてきたのが可愛くてよかったですねえ~~~むふふ。

小松くんは自分が殺陣を考えてるので毎回違うものにしていきたいと思ってるみたいな感じだったかな?ここじゃないけど途中どっかのトークで客席のあちこち指して「オマエ!……オマエ!……オマエオマエオマエ!!!…………バーーーーカ!!!!」ってやってくれたのが最高。どこだったか忘れたのでここに記しておきます。

まっさんがリリイベ、2nd、グリーティングツアーとやってきて今日がいままでで一番だったと言っていて、グリツア札幌の民としてはちょっぴり悔しさもありつつ、でも、わ、わかる~~~~!!の気持ち。でもグリツア札幌もめっっっっっっっちゃよかったよ~~~~~でもきょうも本っっっっっっっっっっ当によかったよ~~~~~~~!!!!!

熊ちゃんは、英雄より年上になって、先輩風吹かせようとしたけど失敗した。やっぱり英雄はすごい、みたいなことを言ってたかな。いやあ熊ちゃんだってすごいよ……。

 

 

26.DRIVE A LIVE

なんか出だしとか途中でみんなそれぞれびしっとポーズを決めていて、新鮮だった!!いつもはこんなのなかった、よね?何度も聴いたドアラでもこういうちょっとのことですごく新鮮に感じるんだなあ。うぉーおっおーのところでまっさんが終始ぴょんぴょん跳ねているのがか~~~わいい~~~~~♡まっさん♡かわいい♡そして昨日に引き続き声たっか!声ひっく!の高低差で風邪ひく。あっちこっちでいろんなことが起こっているのでどこを見たらいいかわからなくなっているとギャーとすごい悲鳴があがり、見てみればセンターステージで漣四季ホワイトデー小指キッスをしてまあそれはもうたいへんなことになっておりたいへん!のがみんとしょーへーが2人でホワイトデー再現していたことでそこにハイジョと虎牙道が集う形になり、いつのまにかタケルと隼人でゲーム組をしたりしていた(このとき旗は上の方のステージにいたので大吾は入ってなかった)。あと上の方でもふもふえんとふれーむがふれあっていていい世界、いい世界だと思った。

 

 

最後、熊ちゃんが「本日は本当に!」と言って、正しくは熊ちゃんの「ありがとうございました!」に続いてみんな「ありがとうございました!」なんだけどまっさんが間違えて熊ちゃんと同じタイミングで言ってたのが相当おもしろかった!!!wwwwwww客席もみんな笑っちゃうしまっさんは露骨に「(やらかした!)」って顔するし最後にゆるい空気になっちゃったねえ~~~~~まっさんはかわいいなあ~~~♡他のユニットが退場してる間もしばらくまっさんは「あぁ~~」って表情してるし熊ちゃんハマーが慰めててほほえましい。しゅき。

とにかく肉眼を重視していたのでカメラへのファンサはほぼ見てないし円盤出たら新鮮な気持ちで死ぬんだろうな……かろうじてはまのんがラーメン出してたのは確認した。やあーー、円盤楽しみだな………………。

2日間終わっちゃったなあ……ほんとにほんとに楽しかった!!現地めっっっちゃくちゃ楽しかった!!!!

 

連番した友人と夕飯たべに行こうということで、歩きながらお互い昨日今日の感想など喋りつつ足早に地下鉄へ向かうのでした。

 

夕飯食べに行った先の牛タン屋さんにて

 

そして例のSYL後日(当日の夜)談

 や、マジで、伝わって欲しいこの気持ち。

 

 

 

おしまい。

*1:まあ私はサニバでFRAMEはラブソングを歌うと読み切っていたのですが実際に曲を聴いたらそんなちゃらついた予想はたやすく捻りつぶされ、レスキューに来た救急車に轢き殺される気持ちでした(褒めています

2/24 現地

わーい!現地!一般でまさかの買えてしまった現地チケット!です。
幕張と仙台で同時に発売だったからおそらく幕張初日チャレンジャーが多かった分(相対的に)仙台は取りやすかったぽいね。たぶんね。まああくまでも幕張初日と比べれば、ですが……。しかしさすがに一般、良席とはいかず発券したときは思わず笑いが出ました。なんと3階席の最後列!まあ実際に行ってみればこれがこれでなかなかいい席だったのですが。

 

連番者が8時半からラバーバンドを買いに物販に並んだけれどもあと少しのところで売り切れてしまったとのことで、いや物販て大変ね……。ソロコレも入手してくれたので私は並ばずに済んでしまってありがたいやらなんやら。会場に着くと当然ながらPがわんさかいて……つらい気持ちになってきた。他者、苦手。外に絆フォトブースとかもあってあとで写真撮ろうかとか思ってたけど普通に忘れてそのまま近寄らずに終わってしまったなあ。開演の1時間ほど前に入場してフラワースタンドとかを見る。グリーティングツアーではフラスタ無かったのでアイマス現場では、というかユーザーが立ててるこういう凝ったフラスタを見るのは初めての体験でした~!Twitterとかで写真はいろいろ見たことがあったけど実際目の前にしてみるとやっぱすごいねえ。印象に残ったのはあれとかあれとかあれとかこれとかそれとかです。ずら~っと並んでいたけどどれもきれいですごかった。企業フラスタの中に弊社社長からのスタンドもあったし、オルトプラスのは気合がはいってておおっとなりましたね。その隣のアカツキはユニットごとに別々に立ててあって思わず「アカツキアカツキじゃないか!!いつも悪口言ってごめんな」と言ってしまったりした。オルトプラスには悪口言ってないかって?まあなんというかほら相対的にな……。

席についてみると、わかっていたことではあるが本当に3階。本当に最後列。でも思っていたほど遠い気持ちはしないというか、さすがに表情とかは全然見えないけど、俯瞰で全体が見渡せて気持ちいい景色でした。あと目の前に柵があるのでつかまることができる。ステージ上の星型に組まれた照明もセンターステージも幕張に引き続き設置されていた。あとトロッコ通るような通路あるか?通すとしたらあそこ(アリーナ外周)かなあ……みたいな話をしたりもしてました。現地経験が少ないのでトロッコというものがだいたいどのくらいの幅あれば通るのか感覚がつかめてないマン。席に置いてあるフライヤーとか確認したらS.E.Mのカレーメシがあって、いやそれは知ってたけどイラストにワロタよ。アニメ第5話……。そしてただの最後列ではなく、機材席の横だった。ので、私の席と機材の間が5席くらい空きスペースだったので広々としていたのが大変大変うれしかったですねえ~。会場に着くなり人の多さを見て「人間はわかりあえない」「人類に平和は訪れない」など口走った卑屈オタクなので……。

開演前、BGMでオフボーカルが流れてたけどある程度の時間になってくるとモニタには各種PV。サンリオコラボをはじめとする各種グッズ、アニメBD、エムステ、ミリシタ、ステラステージ、シャニマスなど。そういやデレ関係は流れてなかったな……考えてみれば流すようなものが今ないしな。あとは応援プロデューサーパックのP名クレジットが流れたりしてました~。

 

いよいよ開演。だいたい時間通り、かな?暗転してまずライトが点いたとき、まだキャストも何も出てないモニタにも何も映ってないこの瞬間に「現地」を体感したんですよね。なんてったってライトの光が直接目に飛び込んでくる。LVとか円盤みたいにどこかに当たった光を映すのではなくて、私の!自分の!網膜に光が飛んでくる!ここは現地だ!!!私の稚拙な言葉ではなかなか伝わらないと思いますが、体験としてのパワーがすごかったのですよ。あと以降特定の箇所で言及するのが難しそうなので先に言うけど、公演全体通してレーザーとか照明とかの演出が全部バリバリかっこよく見渡せてすっごくいい眺めでしたよ。なんてったっていちばん上なので。いやほんとあの上からレーザー見下ろすのはね、下から見るのとは全く違うテンションの上がり方するから。

 

1.Reason!!

目が足りない!全体曲なんてLVですらどこを見ようか誰を見ようかって感じなのに現地でどうしたらいいのか、せっかくなので(?)極力まんべんなく見ようみたいな気持ちでいました。2日間通しての話ですが、せっかく現地なわけだし私にしか見えない景色、私しか見てない映像を作りたいなみたいな気持ちがあり、ひたすら肉眼でステージを見ていたのでモニタはほとんどと言っていいくらい見なかった。おかげで見逃したことも多そうだけど……。現地モニタとLVと円盤、どれも違うことはわかってるけど、とはいえカメラに収まったものは円盤収録の可能性がありますからね。そういうわけで円盤化がいまから楽しみです。あと引きで見て気付いたこととしてはステージのふちがこんなにカラフルだったのか……という。全体曲ではステージふちのライトがいろんな色に光るので虹色っぽくなっててカラフルできれいだったよ。そして最後のサビの「そうだろ」をちばしょーが言ってわあーっとなる。ちばしょーMCか~~!

 

MCで印象に残っていることとしましては、

客席に向かっていきなり「ドーナツたち~」と呼びかけるしらにぃ、

\ぼくたちー!/\わたしたちー!/「仙台に~」\\カチコミじゃ~~~!!!//なるコーレスをやるうりゃお、

いつもの「ひろひろだよ~」では仙台の半分をひろひろ国民にしたひろひろなど。

 

2.夏時間グラフィティ

「冬だけどこの曲で熱くしようぜ」みたいなことを言って始まったので曲が流れ出す前からお?お!?やったーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!になった。夏時間仙台で歌ってほしいね~なんて連番者と話していたので初っ端にこれが来てふたりで一瞬顔を見合わせた?ような気がする。というか再三言っているように拙者夏時間大好き侍と申す故、いきなりこの曲が始まったときは「!?!?俺のためのセトリ!!!!!!」になった。とにかく楽しい!!!幕張初日はセンターステージでの披露だったけど仙台ではメインステージでした。夏時間グラフィティ大好き浮かれポンチオタクなので序盤も序盤なのに完全に"出来上がって"しまった。でも視点の違いもあってか振り付けとかの記憶はくっきりしていて、サビの指を振るやつ以外にも、Aメロらへんで平泳ぎしてたりBメロで遠くを見渡すポーズしてたりしたのも覚えてる!あと「100パーセント」で「100」って宙に書いてた。あとどっか、えーとそう「Oh! Sunshine Beam」のところ(2番以降も同じ場所)でこう、腕をぐるぐるというか、違う違う大きく振るんじゃなくて駆け足の体勢みたいな……漕ぐ感じ(?)の……あれもすき。この説明では伝わらないと思うけど……。とにかく何もかもが楽しい!!!!振りコピというほどきっちりしたものでもないけど、一緒になって踊るのがべらぼうに楽しいです。みんなで踊ろうぜ!!「アイスがいい!」でジャンプするWちぁ……かわいい!!!100点あげよう!!!!お小遣いもあげよう!!!アイス買っておいで!!!

3.バーニン・クールで輝いて

うぉーーーーーーーーー!!!!!オイオイコールできて嬉しい!!!!!現地で!コール!!!喉の調子が悪かったはずの幕張の方が自分オラつき具合がよかった気がするけどLVと現地だと響き具合も違うだろうしな。でもなんか悔しいしもっともっと声出してえな!無限回披露してほしい。俺ももっともっと力を出してみせるからよォ……!!いやーーーしかしマジで!!!アツい!!!つーか初っ端から飛ばしすぎだろうが!!!という気持ち。そういえばこの曲の途中でモニタ左右で違うものが映ることがあるんだって気付いた。このあたりの曲の流れでテンション上がりすぎてめちゃくちゃに飛び跳ねてたけど次の曲の前に水飲もうと思って横向いた瞬間うしろの壁にスタッフさんがいるのが見えてあっそりゃそうか……とちょっと恥ずかしい気持ちになったりもした。でもほら、迷惑かけてるわけじゃないから怒られたりはしてないし、テンション上がるのはしかたないので、ただちょっと恥ずかしいというだけの話ですし、気にしないことにしたので以降気にしてません。

4.RAY OF LIGHT

かっこいい!!!!!!!!!!!!強い!!!!!なんだこの強いゾーンは!!曲のかっこよさももちろんレーザーばりばりの演出がめっっっっっっっちゃくちゃテンション上がった。レーザーがばしっばしっと点滅するかっこいいやつはこれだったか?違ったか?わかんないけどとにかくレーザーは正義。そういう思想に染まるくらい最上から見るレーザー演出よかったので……。ラップ部分は歌詞がモニタにバシバシ出てきてかっこよかったんだけどついついそこに視線が吸われちゃったけどとにかく全身でかっこよさを浴びたからよしとしよう。3日前だかに試聴が解禁されて予習してみろとばかりにラップまで試聴に入っていたわけですが私はその挑戦状に応えられなかった……けど雰囲気でヴぁいヴぁいしてるだけで楽しかった!しかし開演前流れてるこれのオフボーカルでちらほらコール入れてる声が聴こえて「強い」なと思った……次は俺も負けねえ……。しかしもちろんラップだけじゃなくて全部かっこいい!全部強い!手を重ねるところで漣とタケルが隙間をあけて重ねたところを上からぎゅっとひとつにしてしまう道流さんっていうところがTHE虎牙道さんは最高という気持ちです。ここまでの怒涛の流れによりびょんびょん跳ねてペンラぶんぶん振っていた私は体力を全部使い切った。マジで。手摺につかまって曲の合間にぜぇはぁしていた。まだ最初のブロック?嘘だろ勘弁してくれ。

5.うぇるかむ・はぴきらパーク!

かわいい。癒し。めぇめぇぴょんぴょんがおがお。センターステージ。いや生で感じるもふもふえんさんほんとにこころもふもふするんじゃあ^~になるのですごい。バックの映像でアイツが大きく映っていたりしてもふもふキングダム感がすごかった。バッキバキにかっこいいユニットとかテンションぶちあげるユニットとか持ってる物語性が美しいユニットとか、どこもそれぞれ違った魅力を持っているけど、その世界に引き込まれるという点ではもふもふえんが最高峰とでもいえるのではないでしょうか。大きなおともだち気分と同時に女児になった感覚も味わえる稀有な体験。ステージ裏ツアー(?)をやっていたのはこの曲かな?ステージ上が無人になる謎時間ではあったけどなんとなく楽しかったね!びっくりしたけど!

6.夢色VOYAGER

ボ~~~~~~……と汽笛が鳴って始まる夢色VOYAGER!センターステージ!F-LAGSがセンステで歌うと、しかもそれが夢色だと、なんだかセンステが船の上みたいで気持ちがいいなあと思いました。客席が海です。今回も「今度は『ワシら』が」に歌詞変わってたけどそのあともちょっと変わってたよね?正確には覚えてないんですけど「笑わせてやるけぇの!」みたいな、なんらかの形で喋り調になっていた、ような気がします。記憶違いだったらごめんなさい。で、大吾くんの「本当の僕を隠していた」で旗で顔を隠すやつなんですけど、セカライと幕張初日と見てきて、これまではその切ない一瞬にはっとこころ奪われて気を取られていたのですが今回ようやくその次の瞬間に目を向けることができ、そこからぱっとはなしてぴょんと飛び跳ねてみせる元気な大吾くんに気付くことができた。いや今更かよ~という感じですがあらためて、あらためてね、本当の自分を隠してい「た」のはもう過去なんですよね、うんうん。あとは~ふらっぐすがメインステージで歌っていたところに上段におっきい旗を担いだ神速一魂が登場して大きく振る!神速もユニットカラーの白に朱雀の赤、玄武の青でF-LAGSと同じ赤白青トリコロールになっちゃうんですよね。っていうつながりなのかはしらんけど、見ていた私は心の中でそれを思ってふふってなったりした。神速の漢らしさをもってして旗振ると大漁じゃあ~って感じでめでたくていいね。

後のMCでも神速が、というか深町さんがはいふらっぐすやってみたいみたいなことを言いだして急にやったら「「はい!」」益「ふらっ」深「しんそくいっこん~」てなってたのおもしろすぎてずるい。

 

7."W"onderful Tactics!

トークでここからソロ曲~みたいなことを言い、最初は……享介!後になって気付いたけど仙台でのソロのトップバッターは山谷くんだったかそうか。いや山谷くん凱旋だからMC山谷くん回しとかあるかな~*1と思っていたので、そうはならなかったか~と思いつつそうかソロのトップバッターか~。まあ中の人の話だからそんなに本編には関係ない要素だけどさ。偶然かもしれないけどなんとなくいい話ということにします。私がなんとなく嬉しい気持ちになるので。

 で、曲の話なんですけど、トークが終わってみんなが真ん中の階段の割れた間に吸い込まれていく(はけていく)のを山谷くんがちょっと不安そうに見送っていたところに、最後にきくてぃが「信じてます」ってぼそっと言っていたのがね、よかったですね。黄色と緑の照明やレーザーがキマってていい感じだったなあ!サビ前半は一拍ずつのワイパーだったけど後半は二拍ずつのゆっくりワイパーだったのが印象的。そういう変化ってなかなか珍しくないですか?途中からはもふもふえんから志狼くんと直央くんだったか?が登場して3人でなかよくサッカーという感じ。享介がパスを渡してあげる感じだったのが年上のお兄ちゃんしてて、見ててにこにこしちゃったわね。幼く見えがちなWだけど18歳なんだよな~。で、センターステージで歌い終えた……かと思いきや、曲が途切れずにそのまま繋がり、お!?こ、これは……!!!!!!!!

8."W"orldwide Ambitions!

階段の間から悠介が登場して花道ですれ違いざまにハイタッチ!!バトンタッチして悠介のソロ曲だ~~~~!!!!!ソロ曲繋ぎなんてずるい~~~~~~~~~泣いた……。ただ切れ目がなかったおかげで明確に「"W"onderful Tactics!を歌った山谷くんに対して歓声をあげる」というタイミングを逃したのがちょっと心残りではあるけれども……拙者Wちゃんに声援送りたい侍である故……。だからこの曲が終わってから2曲分のつもりで精一杯歓声と拍手を送ったけどね!まあそれはとりあえず置いておくとして、本当にいい繋ぎだった!さっきは享介のソロだから黄緑の照明もあるのかな~と思ってたけどこっちでもわりと黄緑だった。サビのところのワイパーも"W"T!同様で、いや~なんだかなにもかにもが嬉しい!しあわせ!享介よりもラップの感じがやんちゃで(伝わるか?伝われ……)悠介~~~という感じだった。こっちは漣と九十九せんせが登場してサッカーをしたけど悠介は手加減なしのドリブルやシュートをキメていて、漣がスライディングめいた感じで横に跳ぶも守り切れず地面を叩いて悔しそうにするのを見てついつい「牙崎が……あの最強大天才牙崎がやられただと!?蒼井悠介……怪我で現役こそ退いたものの未だその実力は健在……」と謎の解説モブ人格をインストールするなど。いやしかしサッカーで元プロ選手を相手にするという状況とはいえ思いがけないタイミングで牙崎のやられる姿を見てしまってにわかに動揺したぜ。九十九先生はね、徳武さんは「九十九先生も悔しがるんですね」みたいなこと言ってたけど、傍目に見てる限りでは平和でよかった。のほほん。あーあと「背中預けられる 仲間と一緒にいれるって最高!」のところで今回悠介と背中合わせになるのが漣と九十九先生なわけで、双子どうしじゃない背中あわせ新鮮だなと思いつつ、うんうん"W"T!も"W"A!も双子だけじゃない315プロの仲間とのことを歌っているのがいいんだよな~。

 9.HANAMARU LIFE

はなまる~~~~!!!!そしてなんとタオル曲!なるほど~~~~~!!!!サビで一拍一回転、二拍で一回転、腕ごと大きく回す、という三段階になってたのがおもしろかった!たのしい!先述のとおり最後列でだいぶ広々した場所だったのでうりゃお一緒になって腕ごとぐるんぐるんタオル回せて、いやあ~実はあれでなかなかいい席でしたよ。途中からはタオル職人ことのがみんちばしょーの2人も登場してさらにたのしかった。あとはなまるを書く振り付けがかわいい!メインモニタの背景がイラスト調というか、えらくほのぼのした感じだったのがよかった。そしてこの曲でも歌詞変えがありましたね~たしか「太陽が『仙台』を照らす」だったかな?どっかで仙台って歌ってくれたのでとってもうれしい……!いやしかしあらためて本当にいい曲だというのを噛みしめてしまった。この曲のときだったか「会いたかったぞ!ボスーーーー!!!」って叫んでくれたので嬉しくて泣きそうになっちゃった。

10.伝えたいのはこんな気持ち

かわいい。癒し。そしてなんとトロッコ曲~~~~!やっぱりアリーナの外周をまわる感じでしたね~。で、この日は3階にいたわけですが、2日目は2階席の前から2列目なんですよ。え、2階席、めちゃくちゃ近い、あまりにも近いのでは…………………………。思わず連番者と顔を見合わせる。ボールを投げるんですけどファンサ鬼ことふーくんがちょこちょこ手渡しみたいにしてる瞬間があってひぇ~~~~~~~~ってなっていた。いちど3階席の方にもふーくんがボール投げてくれて、惜しくもちょっとだけ届かず柵に跳ね返って2階に落ちてしまったんだけどちょうど目の前のあたりだったので思わずわぁと声が出た。3階席って数列しかないから届かなかったとはいえなかなかすぐそこだったんですよ。惜しかったけど嬉しいなあ~~~!いっぱいこっち見てくれるから私もいちばん後ろから全力で手を振って応えた。後ろで止まっているところでふーくんが「今度はモニターにちゅうもーく!」と言って、見てみるとそこには流行りのSNOWとかいうカメラアプリみたいな感じで画面に映ったふーくんのお顔におおかみさんのお耳とお鼻が……ぴゃ……ひつじさん矢野くんうさぎさん村瀬さんと続き、やあ~~~~こんなんアリか~~~マジか~~~~!すごい世界にきてしまった!ほんともふもふえんはすごいな!とはいいつつせっかくの現地だし直接見たいな……と思ってモニタはチラ見程度にとどめていたらふーくんの目の前の人たちへのファンサがすごすぎて、そのあと再び動き出す時が接近の剥がしみたいだったもの。剥がされる方がキャストという謎状況ですが……。いやしかしとにかくもふもふえん、こころがもふもふするんじゃあ^~

11.♡Cupids!

かわいいに続いてかわいい。か、かわ、かわいい~~~~~~~~~~!!!!!!!曲が始まった瞬間、咄嗟に思ったことが「!!!?!?!?!??ガーナがとけた!!!!!!!!!!!!!!」なんだけどわかってほしい。いやわからなくてもいいけど……わからなくていいけど伝わって欲しい……こんなかわいいのが始まったらチョコレートがとけちゃうじゃん……。メインステージでずっと歌ってたけどセンターステージにずっと♡の照明がいっぱい当ててあったのがso cute...。3人が手で♡を作って左右にふりふりするのもかわいいし……徳武さんとうりゃおが腕で大きな♡を作って中にぺーちゃまが入るのもかわいいし……最後に後ろを向いたからなんだろうと思ったら背中で手をぱたぱたさせて天使の羽やってたのもかわいいし……全部がかわいい。VD2016再現もよかった……うりゃおが両手を寄せて投げキッスしたから「!!!!!」と思ったら徳武さんぺーちゃまと続いてカード再現で、うしろのモニタに涼ちん大吾九十九先生のカードイラストが出てうわあああああという感じになっていた。いやあこの世のかわいいが全部つまったようなかわいい曲でした。あとこれは勝手に思っただけだけど、この曲のときだとステージのモニタの下の横にした🔰みたいな形のところがキューピッドの矢の先にみえてかわいい。もうなにもかもがかわいい。

12.ナツゾラRecords

上のステージで、スタンドマイクでした~。スタンドマイクだからそう思っただけかもしれないけど振り付けにちらほらアワソンみを感じたりした。背景の学校風景が、ん~~エモ……。さらにそこに夏来の過去カード立ち絵があらわれ、え~、バカでかい画面で見るとあらためて榊夏来の美少年ぶりがわかる……とか考えたりした。普段の喋り声よりも歌声は力強いけど、なんていうか、心の声とまで言っちゃうとニュアンスが違うけど、夏来も気持ちとしてはこうやって、うーんなんていうんだろう…………不思議な感じ、不思議な納得感があったなあ。「青くた『か』く」のところすき。

13.Genuine feelings

夏来ソロが終わって暗転したら静かにピアノが鳴り始め、まさか?と思っているうちにバイオリンが加わり、まさかまさか……と思っていたら。そんな程度のまさかでは済まなかった。音が止んで、明かりが点くと下手側にピアノが、ピアノが登場している。嘘でしょ?前に立ちきれいに90度、長い長い礼をするながにゃん。会場いっぱいの拍手。椅子につく。ざわざわ。嘘でしょ?息をのむ。静寂。でもどこかで\ガンバレー!/って言った人がいてそこから何人かがそれに続き、ああこのときほどガンバレー声かけオタクに憎しみを抱いたことはない。黙っててくれ!!声がやんだところで震える手でピアノを弾き始める。リズムも崩れて音もいくつかズレていたのを、見ている私たちも緊張しながら、歌が始まって、少しだけ声も震えていて、でもその一瞬から急速に、大丈夫かなと見守る気持ちからすごいなと見惚れるきき惚れる気持ちに私は変わったんですよね。本当によかった。CD発売後にながにゃんが「CDとライブでは旬の歌い方も違ったものになるはず」「旬は音楽にプライドを持っているので歌でもそこに恥じないものにしないと」みたいなことを言っていた気がする(かなりニュアンスで書いてしまったので違ってたら申し訳ない……)のですが、それを思いつつ耳を傾けているとより一層、うーん、つまり、よかったなあ。語彙力なし。CD以上に感情の解放された歌声で、聴いているこっちの揺さぶられ具合がすごい。そして正直歌がはじまってから伴奏が格段に安定したので途中まで歌入りのタイミングでオケに変わったのかなとか思ってたんですけどよく見たらそうじゃないことに気付いて、はわ~と思った。すごいよ……。2番サビの「胸の中」だったかな……終始よかったんだけど中でも特に本当にはっと心つかまれる瞬間があったんですよね……。隣からはすんすんすすり泣いているのがきこえるし、私もぽろぽろと涙をこぼしながらわかる、わかるよ……の気持ちになっていた。ピアノの置いてある下手側のモニタは赤いゆらゆらしたイメージ映像みたいなのしか映っていなくて、上手側にだけ手元や表情が映されていたのかな。真ん中のモニタには何も映ってなかったんだっけ?照明もピアノの上のスポットだけだったか、とにかく最小限の舞台装置でのながにゃんとジュンのステージだった。

14.Sunset★Colors

いやーすごいもん見ちゃったなと思いつつ、コンサートのように拍手が鳴り響いたのちに、ハイジョが出てきたのでおーここからユニットかーと思ったんだけどよくみるとステージの上にドラムセットがあって「??????????????????????」になっていたらハイジョのメンバーが楽器を持って登場し、Sunset★Colorsが始まった!!!アリーナでちらほらオレンジ折られてるのを視界の端に捉えて咄嗟に「大閃光持ってくるべきだった!」とか思ったりした。夕陽がきれいだなあと思って。サビでは後ろの映像に風船が飛び、まんまアニメの光景が現実に!目の前にある!と思っていたら間奏でのメンバー紹介で、泣いたわ……。あとちばしょーがぴょんぴょん跳ねる感じで楽しそうにギター弾いてたのがよかった。この曲カメラマンさんがステージに上がってたんだけど躍動感あるちばしょーを撮っているカメラマンさんも躍動感ある感じになっていたので見ていて楽しかったですよ。ていうか役決まってからながにゃんがキーボード買ったとかひろひろがベース買ったとか聞いたことはあったしいつかリアルバンドできたらいいね~みたいな話もいいね~って聞いてたけどまさかそんな実現するとは思ってないじゃん。言うだけただだよね~って気持ちでいたし、正直いちばん忙しいであろう白井さんが素人から始めるにはいちばん難しそうなドラムな時点でまあ無理やろと思っていたじゃん、それが、ねえ……本当にやってしまうとは……。MCでは白井さんが個人的にスタジオに通って練習してたみたいなもばらされたりしていて、マジかすごいな。え、ありがた……。声優さんが楽器をやるなんて、嬉しいけど本業じゃないわけだし負担になりすぎない程度にしてほしいな……とか思ってるんだけどよく考えたら歌って踊る時点で本業では無くない?になってわからんになってしまった。ので、私に言えるのは無理しないでねっていうのと、本当に本当にありがとう!嬉しい!すごい!っていうのだけです!現実にこういう形でHigh×Jokerを見られる日がくるなんて、しかもそれを現地で目の当たりにするなんて!

 

15.強く尊き獣たち

ちゃんと覚えてなかったんだけどどうやらここで衣装替えがあってこの曲から共通衣装だったらしい。そういわれるとそうだった。さてさてさてさてイントロで3人並んでセンターステージに向かって静かに一歩ずつ歩いてきたのが理想すぎた!なんかこれまでずっとこの曲を聴くたびにこういう幻覚を見ていた気がする。サビの「頂点目指してるから」でセンターステージ真ん中に立つずんたさんの足下から白い強い光の輪が広がるのめっちゃくちゃかっこよくてテンションあがった!現実の光景だけどこの瞬間はアニメのOP的な映像感があり、大河タケルの主人公性が遺憾なく発揮されていた、そういう感じ。センステで踊っていたので殺陣どうするのかなあと思ったら止めポーズでなるほど~そういうみせ方もあるのか!となんか感心しちゃったり。あれぴたっと止めるの難しいんだろうなあ……すごい。

16.ROAD TO THE FUTURE

そのままみちるソロかよぉー!!!つよい!!!意図した演出ではないんだろうけど、歌い出しでカメラのクレーンが花道を遮ったとき退路を断った感じでかっこいいと勝手に思った。けっこうモニタに歌詞がばんばん出てたのが割と予期してなかったので驚いた。サビのところで地面に拳を付ける振り付けがあったんですけど2番のサビではそこから掬い上げるような動きに変わっていたのがすき。サビに入るとモニタ演出が虎牙道3人の個人色で3色になるのもいい感じだった。そして特筆したいのが!!!!!!!!!火です!!!!!!!!2番のはじまりだかサビだか忘れたけど花道の入り口脇とかステージ上の階段脇とかの燭台にぼっと火がついたのがね!!!!!!ついつい飛び跳ねて「よっしゃ!勝った!!!!!!」とか言ってしまった(何に?)。初星宴舞みたいにごうごうと火柱をあげるとはいかなかったけどSideMにもめでたく火実績(火実績って何?)ができたのでこれからどんどんパワーアップしていってほしいですね。SideMで真っ先に火をつけた円城寺さん、もう炎上寺さんでは!?!?!?!(わかりにくいと思いますが私なりの誉め言葉です)

17.いつかこの瞬間に名前を付けるなら

円盤曲やるんかーーーい!幕張初日にエトランゼやらなかったから円盤曲は披露しないのかと思ってたよ。そういうのもあって実は予習が不十分だったのですが、曲名から激エモ極振りかと思いきや途中までおしゃれ曲な曲調で、サビで一気に少年マンガ原作アニメ的な爽やかさがでてくるという割と不思議な印象のある曲。でも歌詞は全体的に十代らしい青臭い感じなのよね。これがこう、うまいこと仕上がってるのすげーな!紫の照明だったりちょっとゾンビっぽいダンスのところがあったり、あと最後の決めポーズがかっこよかったね!ハイジョが5人それぞれかっこいい感じに立っててWが左右対称な感じに膝を付いていたみたいな。

18.漢一貫ロックン・ロール
なんかちょっとオリジナルイントロでした?よね。お?お?なんだこの洒落た感じの楽しいイントロは……?と戸惑っていたら超絶かっこいいロカビリーが始まってしまったのでうぉぉぉ~~~~~!!!ロカビリーのノり方ってよく知らないんだけどあの爪先でにじにじ横に動いていくみたいなやつ(?)たのしくて好きだよ!あとバックの映像がネオンサインみたいなのがいっぱい出てる感じだったんだけど、そのおしゃれ映像で書いてあるのが「THE IDOLM@STER SideM」とか「Suzaku Akai」とかそういう見知った単語ばかりなのでなんとなくおもしろい気持ちになった。そんなこんなではしゃいでいたらしばらく経ってというかサビに入ったあたりでようやく、肩ににゃこがいることに気付きました!!!にゃこ~~~~~~!かわいいなお前!!!しかしユニット曲のときも毎度毎度思うけど益山さんはほんと動きや表情のひとつひとつ細部に至るまでふんだんに紅井朱雀感を出してくれるので本当にすごい。あと「メンチ切るぜ アイドルらしく」っていうツッコみどころがあるようでいたって大マジな歌詞ほんとすき。

19.威風堂々と

またもソロ曲つなぎ!熱いね!!さっきまでとは打って変わって背景には白黒の模様が映る。神速一魂の名の通りというか2人ともソロ曲はBPMが高いのですが、とりわけこちら威風堂々とはアイマス曲で最速だとか。ここまでの盛り上がりも相まって、というかそもそも最序盤で既に事前に準備した体力を使い切っていたこともあって、ほとんど死にかけながらちぎれそうな手首でぶんぶんとペンライトを振っていた。体力的には非常に苦しかったけど、それ以上に楽しい!ただ「風のようにはやく……音にノるぜ!!」という気持ちになっていて熱くなりすぎて意識が焼き切れているので具体的にどうこうという記憶がすっとんでいる。円盤待ち!

ところで全然関係ないけど深町さんのくちびるきれいですよね。なんかこう、くっきりしている。

20.RIGHT WAY, SOUL MATE

ジャニーズをよく知らないながらにジャニーズ感をひしひし味わえる神速サニバ曲。なんとなく一昔前感があるのがまたカッコいいし硬派な神速に合っていていいよね……(イイネ!)!!!Aメロらへんの歌ってない方が肘を挙げたり正拳突きみたいなのとか振り付けがちょっとかわいい。かっこいいけど、かわいい。1番で見てそれいいな~と思って2番で真似しようとしたら微妙にパターンが変わっていて真似できなかったのもまあ楽しい!なぜならもうなにもかもが楽しいから!!サビで腕組んでというか肘を重ねる感じ?で回るのもアツい。あときらきら~って手でお互いに相手を太陽照らす振り付けもよい。よい……。え~神速一魂、よい……(知ってた)。

21.AFTER THE RAIN
サビの座ったままくるりと回って立ち上がるみたいなところ、いちどきくてぃがうまく立てなかったみたいだけどそこでさりげない感じで山谷くんが手を貸して支えているのが、なんだかぐっときました。いや本当にWはステージのたびに好きになる。この日はきくてぃが最後のあいさつで「うまくいかなかった悔しいところもあるけどそれ以上に楽しかった」というようなことを言ってくれたのが本当にうれしくてね~~~~!そして、幕張のときは見る方に集中していてペンライトの虹をかけられなかったので今回現地で虹をかけられたのが嬉しいなあ。勝手にやってる自己満足ではあるんだけどついつい、いちばん後ろだったけど届いてるといいなあなんて思ってしまう。左手でWちゃんのペンラと市販の黄色単色を振りつつ、右手で赤緑青を準備したんだっけな?FRAME明日だからきょうは使わないよな……と思いつつすぐ取り出せるところにしまっておいたFRAMEペンラが活躍した。3色だけでもわりと虹らしくなりましたよ。

22.PRECIOUS TONE

ATRで感動していたらいつのまにかギターを持ったちばしょーが登場していて最初うまく状況がのみこめなかった。でもとにかく楽しそうにギターを弾いて楽しそうに歌っているのがよくて、とにかくよかった!ちばしょーはギター経験者なのもあってか演奏しながら本当ににこにこ笑顔でステージにいるのでそこに隼人くんがいる感がすごくてねえ、いい。メインモニタの画面が3分割で3方向からちばしょーが映ってたんだけど、上手側の映像が角度的にオレンジの照明がカメラにまっすぐ射して、夕陽に包まれた感じになっているのがまたよかった。やはり青春の具現化であるところのハイジョには放課後の象徴であるところの夕陽がよく似合う!

23.HIGH JUMP NO LIMIT

アイドルのハイジョも見たいよねみたいなことを言って始まったHJNL。そう!!うんうん!!!これまでももちろんサイコーの盛り上がり曲だったHJNLだけど、きょうはまた違う味がするというか。実際にバンド演奏までしてあれだけ感動させて、その上で選んだアイドルとしてのパフォーマンス、そういう感じです。おわかりいただけますでしょうか……。聴きなれた安心感と新鮮さ!のがみんの「みんなで一緒にー!」の煽りを生で聴けたのも嬉しいね!!

 

24.Beyond The Dream

もうなにもわからんなので覚えてないのですが……………………………………。そうそう、レッド、ブルー、イエローの各属性の人がアピールするところ、LVや円盤だとカメラに抜かれた人しか見られないのでせっかくだしいろんな人を見よう~と思ってたけど目が足りなくてやっぱり無理でしたね。ううん悔しい~~~!

ビヨドリが終わっていちどステージからさがるのですが誰かいちばん端っこの人?がまっすぐ通路に入らず通り過ぎてステージの上手端まで行っちゃったのとかありましたね。立ち位置的に……深町さんか?ありうる。

 

アンコールはお知らせ無しでReason!!のオフボーカルが流れ出し、コールを素人カラオケが始まるのであった……。というか最初は歌ってなかったのにれでぃごーとかコールを入れた流れで控え目な素人カラオケになっていった。ただ2番になるとみんな歌詞があやしくてふわっふわになるので笑う。私もである。私は歌詞わかんな芸人なのでふんふん鼻歌で歌うことに躊躇いがなかった。ただ、「輝きの向こう側へ」だけは連番者と顔を見合わせてはしゃいで歌うなどした。

 

25.GLORIOUS RO@D

で、星、空からふってくるんだ!?銀テみたいにどっか下から射出されるのかと思っていたから、上に設置されていた容器みたいなのが開いてひら……ひら……って星が降るのが予想外でちょっとおもしろかった。そのまま落ちずにうまく平らに風に乗ってすいーっと水平に飛ぶ星がきれいだったなあ。みんなで輪になってぐるぐる歩くのがかわいい。
イントロの「うぉううぉー……いぇいいぇー……」のところ(CDだと輝パートのところです)のがみんだった?ように聴こえたけどどうだろうか。それが合っていたなら、ちばしょーがMCを担当しハイジョが楽器を持ったこの公演でハイジョのボーカルでフロントマンの四季がこのパートを歌うの、ぴったりだと感じました。

 

ながにゃんが「いつも背中を押してもらってるけど、アイドルなのでこれからは皆さんの背中を押させてください」的な話をしてたのがよかったなあ。あと深町さんが新しい曲を歌うたびに新しい四字熟語を学ぶみたいなことを言った後にじゃあこの四字熟語でしめたいと思いますという感じのことを言ったので、てっきり何か新しいのが出るのかと思ったら「身体の基本は~」\医食同源~~!/でいつも通りだったので笑いました。

 

26.DRIVE A LIVE

「見上げる空へ Fly To The Sky」から旗もふパートで声たっか!?!?!?!?ってなってからの次の「心が叫ぶ Shaking My Heart」からハイジョ?とかのパートで声ひっく!!!!!!になって高低差で風邪ひいた。もう終わっちゃうのか~さみしいな……終わらないで……。でも明日もあるし楽しみ!そういう感じでした。

 

その他気付いたこと
スタッフにありがとうのときアリーナ後方のスタッフさんたち何人か拍手してた(このときしか確認してないので本当はこれに限らずずっとしてたのかもしれない)。

幕張のときのカメラワーク(VRもふもふえん)からも薄々わかってたけど、とはいえ想定以上にカメラおじさんがステージ上にいることが多かった。どの曲か忘れちゃったけどカメラマンがセンターステージ真ん中に登場して花道をすーーーって歩いていたのが傍からみて相当面白かった。

 

いや~~~~~仙台初日!すごかったね!!ていうか地方公演でここまでするかいという!!派手なことやるなら幕張だろうと勝手に思ってたので仙台でここまですごいことが起きるとは正直思ってなかった。制作おじさんたちの地方とか関係なく3rdやっていくぞというモノホンの気合を見せつけられた。どのユニットどのアイドルもとっっっっっっってもよかったけど、やっぱりハイジョがすごかった。えーーーーーー現地がこんな恵まれた体験でよかったのかと思うくらい仙台公演すごかったな~~~!!現地、現地ってやっぱすごいんだわ。すごい。発券して3階最後列だったときはこれむしろLV取った方がよく見えたのではとか思っちゃったけど、そして実際表情とか見るならその方が見えたんだろうけど、やっぱりLVじゃ見えない光景を見られて、自分の声が直接届いて、えー、すごい!円盤に収録される声援のうちの1人が俺なんだぜ。そういうわけで本当にいい体験でした、サイコーの時間だったよ……!円盤がまた楽しみだね!

*1:幕張2日目、仙台両日とここまでグリツアMC経験者が回しなので札幌でMCやった山谷くんは割と可能性あった

2/4 夢のショータイム

昨日のでいろんな不安は全部払拭されたので始まる前からもう絶対にたのちたのち!の気持ちでした。きょうのコンセプトは「狩野ショータイム」ということでしたがまあほーーんと夢の国(舞浜ではない)って感じでいい意味で現実感がなさすぎて振り返れない。1日目でさんざん記憶なしとかわからんとか書いたけど2日目はそれの比ではない。ただそれは印象が薄いとかでは決してなくて、本当に夢のような時間だったからです。そういうわけなので1曲ずつの詳細な感想があまりないですけど許して。気持ちとかその移り変わり、流れを記していきたい。そもそも出来事自体の詳細な記録は円盤を待てばまあいいかという感じなので。

 

この日のLVは先行に落ちて一般でとったのでB列というかなりの前方。1年前セカライ初日で最前端っこだったのが懐かしいですね。きょうは開演が遅れることも無くほぼ定刻通りのスタート!いつも通り提供読みと賢ちゃんのアナウンスから始まり。きょうも「全公演全く違う」のアナウンスがあり期待が高まります。

そして1曲目、ドアラかなービヨドリかなーと思っていたらなんと開幕Reason!!やったーーーーーーー!ユニット衣装でのReason!!、5ユニット16人のReason!!、そもそもこの曲がまだ2回目の披露なんだけどとにかく新鮮な感じだった!

そしてセンターに立つのはドラスタ……ではなく、カフェパレ!なんと、狩野さんがMCを担当し、コンセプトはショーということで、か……神谷P生きてるか~~~~~!?!?!?!?!?

 

 ユニットの曲最初はいきなりのReversed Masquerade!サニバは3rdツアーの目玉のひとつだろうしもっと後半に持ってくるかと思ってたので昨日に続き序盤に登場したのはちょっとびっくり。なんて思ってたらSymphonic Brave、Tone's Destinyと3曲続いてサニバ曲!出し惜しみしねえな!?すごい!リバマスでは昨日に引き続きマリアの妖艶さに魅せられたり楽しいダンスに心踊らせたり、シンブレで「ここは千葉―」にはしゃいだり、Tone's Destinyで涙したり。そういやカフェパレとかレジェは2ndと比べて格段に歌うまくなった気がするなあ。グリツア札幌マンであったり(数少ない)友人にアルテPがいたりするので私自身は担当でないながらもアルテには割と思い入れがあり、アルテを見るたびにこころが……清らかに…………こう……。幕張公演直前の315プロナイトにゲストで永野くんがきていたのですが、お話を聞いていてもとてもこころがあたたかくなるし、永野くん、ああ永野くん、永野くん……。

そしてサ・ヨ・ナ・ラ Summer Holiday。別にそういうことをしようと思ってたわけじゃないんだけど自然と腕を組んでときどき意味深な顔で小さく頷いたりして聴く形になりました(は?)。いや周りのオタクたちがわーとかきゃーとかなっている中でひとり意味深な感じに見てるのおもしろすぎたので機会があったらやってみてほしいけどみんながやると成り立たないのでやらなくていいです。セカライのときはちょっと面白かった波ダンスも見慣れたのかクオリティがより上がったのか普通にかっこよかったのでなにこの……なに?3人ともすっごく顔がきれいだったんだけどやはりというかなんというかヨシキの作画がありえんよかった。上のステージから登場して出べそにでできたんだったと思うけど、いやー昨日も思ったけど出べそのカメラワークありえんいいな…………神べそじゃん(神べそって何?(そもそもでべそってなに?))。腕組んでじっと見てたせいか意外と冷静だったというか、わーとかきゃーとかじゃなくて……あっそれはそうとサマホリのどっかで誰かと目が合ったんですよね(誰と目が合ったのかさえ覚えてないし冷静だったとは一体なに)。2ndのサマホリのサイドの高いところで手摺りにもたれて視線を下に向けるやつがとても好きなので手摺りのないセンターステージでどうなるのかと思ったけど、その分カメラへの視線の投げ方に色気が増している感じがあって、いやーつまり、よかったです。いや記憶がないのでわからんけど。

キラキラキラ……シャラーン☆と流れ星が降ってきて「(ア!!!!!!!!!!!!??!?!?!??!?!?これ進研ゼミでやったやつだ!!!!!!!!!!!!!!!!!)」と声にならない悲鳴をあげていたら、始まっちまったぜ……「MOON NIGHTのせいにして」がよォ!!!!!!!!前科一犯が再犯してこれで、あーあ、もう許されませ~ん残念でした~永久指名手配で~~す。オレンジ折ったら勢いあまって折れ目が付くほど曲げてしまってすんごい焦ったけど液漏れとかしてなかったのでよかった………………危なかった……今後気を付けなければ(なおこの後早々にドラノンで同じことをやらかす)。さすがにそろそろ慣れたかと思ったけど全然そんなことなかった。途中ちょっと拓ちゃんが苦しそうにしてたので一瞬心配したりというのはありましたね……。1回何かのタイミングで"やられ"て軽くよろめいたんですがいやいやさすがに負けねーしと思って立ち直ったらすかさずしゅごんがカメラに近づいて投げキッスか何かした?したよね?のでもうだめでした。落ちた。セカライではムンナイに本当に、本当に本当に、本っっっっっっっっっっっ当に衝撃を受けて死にそうになりながらもその反動からほぼブチギレ状態でコールをしていたのですが、今回は瀕死で数か所コールを飛ばすという新たな体験をしました。なんだかんだ今回前から2列目で、さらに最前列の人たちがあんまり高く立ち上がらないで見ていたのもあり、崩れ落ちてもさほど視界が遮られないという油断から公演全体通してたびたび崩れ落ちてしまった。

 

そしてソロ曲!A CUP OF HAPPINESSです。わ~~~!MCでここからはソロ曲を歌うことが宣言され、トップバッターはしょぱん氏!ひとり残ったしょぱんがステージ上の階段を上ると、おやおや?という様子でステッキを拾い上げ、曲がスタート!してたよね!?後のMCの「素敵なステッキ」で「(高垣さん……)*1」となったのは内緒だけど、そう思った人はたぶん多いよね。くるりくるりと巧みにステッキを操る様は、神谷幸広のソロとしてまるでずっと思い描き続けてきたかのようなしっくりときた感触がありました。実際にはそんな具体的にどうこうとか想像してたわけじゃなかったけど、なんとなく「私の思っていた通り!」みたいな気持ち。カップ一杯どころか東京ドーム100杯分は軽く超える幸せがここにはあった。今年もバックダンサーシステムは健在で、曲の後半から同じくステッキを携えた笠間さまと駒田さんが登場!一瞬笠間さんのステッキが手を離れてしまうところがあったけどうまくフォローされていた?ような?しかし狩野翔さんas神谷幸広さん、本当によくて、本当によかった。いや~~MCの回しとかユニット曲とかも含め全体通して、狩野翔さん……………………………………。いや本当に自分のお気持ちが「狩野翔さん……………………。」になっていて危ない。神谷幸広は幸福感とともにある種の蠱惑的な感じのある(本人がどうこうというより勝手にこちらがどうにかなってしまう感じの)人物だなあと感じていたけれど、狩野さんはボケたがりのおもしろおにーさんと思っていたので、あの、あの、こんなの聞いてないのですが……。歌っているときは神谷幸広としてなんだろうけど、こう、それに限らず狩野翔さんがこう、あの…………この話はおしまい!

しょぱんがここからはソロを披露しちゃいますみたいなことを言っていたからてっきり2ndみたいにソロコーナーという括りで続けて披露されるのかと思ったから、歌パレのピアノアレンジが流れ出してもしばらく状況がのみこめずにいた。暗転したステージのままピアノアレンジの歌パレがサビをまるっと奏で、「????」になりつつもなんとなくステージに5人並んだのが感じられ、「ようこそ、Cafe Paradeへ! 」と始まるCafe Parade!セットリスト考えたおじさんえらい!この2曲が続くだけで神谷がカフェパレを開くドラマが描かれるもんね。

そしてEchoes My Note。アルテはグリツアで2人ともソロ披露してるから今回はないかなと思ったら、まさかのやってくれるというね。嬉しい。う、うれしい~~~~~~~~~~~!センターステージでひとり歌いだした永野くん、その後ろにピアノの椅子があることに気付いた私は早々に「あっこれ無理だわ」というのを悟り、映画館の椅子を閉じたまま軽く腰掛けるようにして支えにしながらタオルを顔に添えて静かに見つめるしかなかった。歌ってる姿が楽しそうで素敵。途中でちょこんと椅子にすわるの可愛らしかったですね。サビでスモークを焚かれたセンターステージ、ゆらゆら揺れる薄黄色のペンライト、美しい景色だった……MCで永野くんがペンライトを蒲公英と表現していたところでやっと「あ!なるほど雪の下蒲公英……」と気付いた(遅い)。あとね~、1番と2番の間だったかな?に、とととって前に出てきたかと思ったらすっごく照れた様子で投げキッスしたのが、か~~わいかったですね。ぎゃん……椅子に寄りかかってなかったら後ろにひっくり返っているところでした。あぶないあぶない。

そこから繋がるのは、ああ、The 1st Movement ~未来のための二重奏~。いや~~何度もグリツア札幌の話して申し訳ないのだけれど、グリツアのときにSanctuary WorldからのNever end 「Opus」という激つなぎ(激つなぎ?)があったじゃないですか。あったじゃないですか。そことちょうど対になるなあというかなんというか……。いやあれはさらにその前にEchoes My Noteもあったか……。すいませんやっぱなし、わかりません、わかりませんが全部いい!!土岐さんのイヤモニが壊れたのはこの曲でしたっけ?そんなトラブルがあったとは感じさせない歌声でした。イヤモニ壊れてたって聞いたときの駒田さんのリアクションが全人類の代弁者だった。その次がString of Fateでしたか。えーーーーやっぱりレジェなんか進化してましたよね!?つよすぎて何も覚えてないけど……。

 

∞ Possibilities、イントロで曲がわかった瞬間「あ゛!!!!!!!!!!!!!!」て絶叫するオタク特有のあれをやらかしてしまったのですが、実はそのとき頭では∞だってわかってすらいなくて反射的に声が出ていた感じでした(なぜ??????)。たとえ理性が消しとんでも、"身体"がアナタを憶えているから……(は?)。なにはともあれ申し訳ありません。しかし披露するたびに前回を「超えて」いくのですごい。

その次のNever end 「Opus」は、うーんと、言葉にならないんですけど……本当に素敵だった。2ndで初めてOpusのパフォーマンスを見て圧倒され、札幌でそれを目前にして胸に突き刺さり、でも今回また違う見え方がした感じがする。あまりに抽象的な感想で申し訳ないけど、うん、この曲に関してはクオリティの向上とかいうよりむしろ見え方がかわるっていう印象があります。象徴的なのが最後のところ、都築さんが麗さんの肩に手を置き麗さんが振り返るシーン。もはやあらゆる記憶がめちゃくちゃだから記憶違いだったらあれなんですけど、私個人のイメージとして2ndのときは悲痛さみたいなのが強かった感じがあるんですよ。で、グリーティングツアーは「出逢えた奇跡あるいは運命」とか書いた(読み返してみました)。まあつまり苦しさはあるけど曲としては出逢いの物語だみたいなことを当時の自分は言いたかったんでしょう。おそらく。そうだったのかなるほどなあ(自分で書いてていまさら気付き納得するマンの図)。今回はどうかというと、切実さや胸に訴えかけてくる感じを失わないまま、最後に感じる明るさが増していた感じ……みたいな……?うーんつまりなんでしょうね……。Altessimoの2人にひたと寄り添った楽曲であるからこそ、同じシーンを描く同じ楽曲でも、2人が前に進んだりあるいはこちらが新たな見方を手にしたりするたびに違ったものになるんだなあすごいなあという感じです。

DRAMATIC NONFICTION、前述の通りサイリウムに折れ目がつけるほど曲げるやつをやらかしてしまいました。幸い無事でした。今後はマジで気を付けたい。ただそれだけドラノンは"""つよい"""んだよな。1年前の年末年始にファスライのニコ生とかゆくマスとかその他もろもろ急速にSideMに触れてみる機会を手にしそのあたりでMマスPになったのですが、始めたてでとにかくもっと何か見たい!というときに見た超会議2016のとりわけドラノンに最後の一押しをされたみたいなところもあり、ドラノン本当に好きなんですよ。みんなももちろんドラノン好きだと思うんですけどやっぱりドラスタといえばドラスタの在り方を体現するスタセレ(とその正統後継ARRIVE TO STAR)とはたまた老若男女ぜんぶまとめて雌にしてしまう強烈キラ―チューンムンナイ、という感じになりがちなイメージがあるのでなんかもっともっともーっとドラノンも評価されてほしいみたいに思っています。いやしかし別にドラノンが評価されてないわけじゃなくてすべての曲がよすぎるだけだしな……私も全部好きだし……。むずかしい。感想ですか?かっこよかったです!!!!!!!!!以上です!!!!!!!!!!全人類ドラノンをすこれ!!!!!!!!!

À la carte FREEDOM♪はトロッコで!うぉ~~~初日以外もトロッコするんか!そしてボールを投げる!MCのときに「ボールを"配膳"しました~」てコメントしたのはこばぴょんだったか、そういう細やかなワードチョイスがいいですね。カフェパレ曲はミュージカル感のイメージが強いのでトロッコでどうなるかなと思ったけどなるほどパレードだったわ。カフェパレード。うむ(今更の納得感)。つまり楽しい!はっぴー!!そっちは南!の方角が本当に南だったって本当ですか?どんちゃんの鋭角ボールも印象強し。

 

 

THIS IS IT!は最初のシルエットでハットをかぶっていたきがするけどどうだろう?混乱して「マイケル・ジャクソン出てきた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(???????????????????????)」とか意味わかんないこと思ってたら舞田類くんが歌いだしたしたしいつのまにかハットは無くなってたしやっぱり何が本当なのかわからない、これも夢みたいな気持ちでした。マイケル・ジャクソンを履修してない無教養な人間なので具体的にどうこうというのはあんまり知らないのですが、振りの随所にマイケル・ジャクソン要素が取り入れ手られてた感じは薄々、感じてた!よ!!!なんか、きらきらしたいい曲だよね!!!ていうかS.E.Mの中では若くてやや不思議な舞田類が、別にユニットとかじゃなく舞田類自身で先生として存在するというのがソロ曲にあって、すごいんすよ。そこでダンサーで登場したのがしゅごんとこばぴょんで、担当のソロ曲で推しが出てきたのでただでさえわからんなのが本当にわけわからんになっていた。

それでまあ、ここまでソロ曲からユニット曲と続いたじゃあないですか、だからね、もう予想はつくでしょう。もうわかっていて、わかっている中で、ヨシキととっとが出てきたのでその時点で一度崩れ落ちたんですよ。でも昨日ずっと泣いてたからだめだと思ってきょうはちゃんと見るぞと思ってよしっと気合を入れて勢いつけて立ち上がって顔をあげたら3人が長ラン着ててびっくりして思わず再びすとんと真下に落ちて床にお尻ついちゃったんですけど、前の座席にしがみついてなんとかスクリーンを見ながらなんだかおそらくアニメ第5話の台詞を言っているらしいことを理解し、立ち上がろうとしてもうまく立てず、連番者に励ましてもらいながらなんとか今度こそ立ち上がってちゃんと見た!!!From Teacher To Future!!!!!!!!!!!!わーーーーーん!!!!!!!!!!泣いたけど、たぶんぐずぐずしてたけど、でも昨日よりもずっといっぱい笑っていっぱい楽しく見られた!!!三々七拍子はきょうもコール出来なかったけど、いつかできるようになってみせるよ。太鼓を叩いて、ラインダンスして、楽しい楽しいS.E.Mのステージ!FTTF!が本当に好きです。S.E.Mが本当に大好きです。

余談になるんですけど幕張公演の翌日に試験があり、幕張の前にしばらく体調を崩したことで試験勉強の予定が完全に狂っており、そもそも授業をきいても何もわからんし教科書を読んでも資料を読んでも全然わからん最初の章から既にわからん、しかしこの試験で落とすと4年生の冬に必修を再履修するみたいな修羅をやることになる、というので実はそこそこの窮地にいました。が、FTTF!を聴いて、そしてこの幕張公演で観たS.E.Mの姿を思い出して自分を励ましながら地道に教科書を読み勉強していたら、1冊ひととおり読み終わった後で急激に理解がすすみ本の内容がわかるどころかこれまでに勉強したいろいろなこととの繋がりが本当にすごい勢いでわかり楽しくなってきたので感動しました。いやあ久々にこういう体験をした。勉強ね、好きな勉強は好きだったんですよね、うん。こういうのを忘れたころに思い出させてくれるからS.E.Mは恩人です。でもって正直無理ではと思っていたのが試験通ってそれどころか自分で思っていたよりいくらかいい成績だったのでね、S.E.Mさまさまです。まあやっぱりもはや担当Pじゃねーなって感じなんですけど。余談おわり。そういや途中からポンポンもって後ろに誰かが登場してたけど正直なところ全然それどころじゃなかったので誰が出てきたかすら認識できてませんでした。その次がARRIVE TO STARでしたか。いやあだからどうしてお前はそうやって感情がめちゃくちゃになった直後にやってくるんだ!!!!!!!だから昨日に引き続きやっぱり覚えてないです。安心感。

そこから流星PARADE。SideMこれまで基本的にオリジナルメンバーが揃わないで歌うということがなかった(そもそもユニット単位なのでそういうことは起きにくかった)ので*2当然のようにJupiterがいないこの日は流星ないと思ってたのですが……やるんだ!!!?!?!?!?やっぱり詳細な記憶は無いのですが、昨日よりはさすがに落ち着いて見られた。でも記憶はない。あとこのとき内心で今日どらせむ流星やるなら仙台ではいじょぶる夏時間やるじゃんやった!!!!!!!!!!!!!!と思ったのは内緒の話。そのまま出べそにどやどやどやとなんかいっぱい人が出てきた????と思ったらメンバー入れ替わってEternal Fantasia!!!!あのね~これね~本当によかったと思うんですね。ドラスタとS.E.Mっていうアニメでふぃーちゃーされたユニットがアニメ曲を歌って盛り上げたところにサニバ01組が出てきてさ、こっちも新曲歌ってさ、俺たちだって全っっっっっっっっ然負けてないぞ!って感じがして本当にいいなと思ったんですよ。そうなんだよな、全然負けてないからさ、アニメに出たとか出ないとかじゃなくてさ、どこも魅力的なユニットで魅力的なアイドルでさ、それを私たちは知ってるんだよな!!!だからこれからどこまでだって進んでいけるしどこにだって行けるんだよな!流星と入れ替わりでエタファンが歌われて、それだけでこんなに希望に満ちた気持ちになれた、それだけの力があるんだこの曲は。ステージの感想としてはAメロBメロの2人ずつ歌うところでユニットの垣根を超えた組み合わせの絡みにうひひふははと興奮していた記憶しかない。

最後Beyond The Dream。終わらないで幕張……という気持ちだったのは覚えてる。

 

告知挟んでアンコールはGLORIOUS RO@D、挨拶、DRIVE A LIVE。

昨日けっこういろいろ告知があったのできょうは新しいの無いだろうなーと思っていたらグリツア円盤発売が発表されてしまった。私は「あ゛り゛が゛と゛う゛ーーーーーー!!!!!!!」「え゛ら゛い゛!!!!!!!」「よ゛く゛や゛っ゛た゛あああああああ!!!!!!!!!!」とオタク・ヴォイスで絶叫しクソデカ拍手するなどするに至ったわけです。この感想記事にもしばしば出てくるようにグリツア札幌ほんとうにいいイベントだったのでね。もちろん他の公演も見たいし。とまあこのときは普通に正しく清くまっとうに円盤化を喜んでいたんですが、仙台公演を経たいま若干の疚しい気持ちがあり、Twitterの下書きには「グリーティングツアーのブルーレイが発売されるということは札幌で私と目が合って笑った瞬間の熊谷健太郎さんが全国に発売される可能性があるということでは???え、絶対にそこ収録してほしい……………………。」というアレな文章があった。送信しなかった自分を褒めたい。

きょうもグロリアスで星が降ってきたので、やっぱり初日だけじゃないんだ!ぜひとも仙台で記念に拾いたいな……になった。

 

ドラスタがいる公演でドラスタがセンターにいないって、MCもしなければ挨拶も最後じゃなく普通にやってて、すっごく不思議な感じだったけどそれがアリなくらい315プロはどのユニットもすごいんだぞというのがひしひしあって、すごかった!いっちばん最後はけていくときドラスタがせーので3人そろって投げキスした件で全部もっていかれたのであとのことは何もわかりません。ここは……死後の世界か?いい人生でした……ありがとう……。あ、とっとが「315のツアーにするぞー!」みたいなことを熱く叫んではけていったのを追いかけるようにしてなんかヨシキがゆるい感じで何か言って去っていったのもあったね。

 

 

あとどこで衣装替えしたかすら覚えていないのでここに書きますが、個別衣装がデフォというのはやっぱりSideMのすごいところですよね。新しい共通衣装ですごいなあと感動しつつ、あらためてひとりひとりに全然違う衣装が用意されてるのやべーなという気持ち。

 

46人が一堂に会しJupiterが事件ともいえるセットリストをやりきり、あれだけ衝撃的で歴史的といえた幕張初日の翌日ともなれば正直なところ弱い感じになるかなと思っていたこの幕張2日目。舐めたこと言ってて、すまんかった。賢くんが「全公演まったく違ったセットリストや演出」と言ったように単に出演者が違うから曲目が変わるのではなく全然違うコンセプトを持った公演になっていて、昨日とはまた違う魅力、また違う楽しさに溢れていた。その結果が「夢みたい」で私は覚えてないという形になってしまったけれど……そのときしあわせだったことに変わりはないから、まあそれでもいいのだ。

2ndライブで全ユニットがひととおりSL曲を歌い(Jupiterは揃ってないけどJupiterは1stで歌ったということでここはひとつ)、ようやく自己紹介が終わったみたいな感じじゃないですか。SLシリーズ自体が自己紹介CDなわけだし。この幕張2日目のセットリストとか演出でまさに「ST@RTING LINE 超え」たんだなみたいな感じがした。そういう意味では昨日のJupiterは961時代から始まりSL出してその先までっていうのを1公演のあいだに全部やったんだからそりゃやべーわけだわ。とにかくもう"1曲ずつ順番に歌っていく"というのに収まらないライブになってきたのだから大変です。3rdツアーこれからの公演もその先の進化も楽しみだね!

 

*1:モバマス高垣楓さんの初期Rで素敵なステッキが登場し以降も楓さんのカードに登場している

*2:後から知ったのですがドラマチックミーティングのときにBeitが梅原さん不在で想いはETERNITYを歌ったことがあるらしい。あとは2ndのカレイドくらいか。

2/3 未来は明るい

ライブの感想でいきなり暗いこと言うのも悪いんですけれども割とめそめそしていたというか、正直に言うと前日まで気乗りしない部分があったんですけど、実際観てみたらそんなの全部吹き飛んだ!!!!!!ので、行ってよかったLVって感じです。実際に始まったらもうその時点で楽しかったですけれども。

 

LVだしそんな早く行く必要もないでしょう~と思いつつ連番者にチケットを渡すために開演30分前に映画館行ったらPちゃんめちゃめちゃ多くてぎっしりになってたのでビックリした。みんな早くね?そして30分前なのにもう入場が始まった。いつもより早くね?

そしてLVの早い入場に反してというか開演がだいぶ押しててちょっと心配でしたね。20分押した。LVの入場も早かったけど現地の映像が入るのも割とはやくて、現地のスクリーンになんか文字が流れてるから名前クレジットされるあれかなーとか思いつつみていた。あとセンターステージ?というと少し違うのかもしれないけど出島みたいなステージがメインステージの前ににょきっとついていて、お~なるほどたのしそ~と思ったりしてた。しかしそろそろ開演という時間になっても始まらない。なんか現地の音声も小さくて(音量ミスったのか一瞬だけ急に大きくなったけど戻った)水色のペンラがゆらゆらしてるからスマエンでも流れてんのかなーとか言ったりしていた。しばらくは固定カメラだったんだけど開演時間をいくらか過ぎたあたりでカメラが切り替わるようになったのでそこでようやくステージの全貌が見えて、上に大きく星が組まれてるのを見てLVのみんなは歓声をあげたりした。音量が上がったのかみんな静かになってきたせいかBGMが聞き取れるようになってきて、やっぱりオフボーカルだったのでオフボーカルあるなら売ってくれ~~と思いつつグリツアのときは開演前Pちゃんの合唱になってたりしたんですよ~という話をしたり。勇敢なるで控え目に\FRAME/したり喝彩かな?で小声でそいやっさーしたりしていたらよ~~~~~~~うやく始まりましたね。小声でコールするからおもしろくなっちゃってPたち自分でくすくす笑いがおこるというね。他事務所のライブって開演前も普通に歌入り流れてるからガンガンコールしてるけどオフボーカルだとコールもふわっとしててちょっと笑っちゃうわね。

そんなこんなで提供読み!今年は山梨さま提供に付いてないからちょっと寂しい。コンテンツシードが一瞬読めなかったりSOLはどこまで読むべきなのかわかんなかったりで若干グダったのも正直ワロタよ(もう何もかもが面白くなってしまっているため)。ソル・インターナショナル、までよんでいいのかな?

で、賢ちゃんから注意事項のアナウンス。2ndのときもなんか少しふわふわしていた気がする。かわいい。録音音声のときのPの\はーい/の声が被ったりするタイミングの取りづらい感じがなくてもしかして生ナレか?と思ったんですけどどうでしょうかね。河西さん現地だったようなのでもしかしたらありうるかな~と思いつつまあ確信はないです。全公演まったく違う構成と演出です!みたいなことを賢ちゃんが言ってわざわざそんなことを言うとはなかなかないよな!?とびっくりしました。

 

でいよいよ本当に始まりなんですけど、出てくるときのあのスクリーンに映るアイドルの順番が、SL順じゃなくてアイドルファイル順だったと思うんですよ!!!はっきりと覚えてないけどドラスタの後にアルテだった気がするので……。今回どっか他のタイミングでも映像がアイドルファイル順だった気がして、なんか嬉しいんですよね。なんかCD出る順番の都合でファスライセカライという括りが生じちゃって、(アニメ含め)いろいろな露出でも正直偏りが出ちゃってた感じはあるんだけど3rdでようやくそういう"こっちの世界"の都合から脱して行けるのかなみたいな……。

そしてそして1曲目は!!!!!!DRIVE A LIVE!!!!!!!!そうきたか!!!!!!!!なるほどね!!!!!了解!!!!!!!「初手Reason!!ワンチャンあるでw」とかいい加減なことを言っていたので全然ドアラスタートとか予想してなかった(バカでは?)。冷静に考えたらReason!!は新衣装で歌うだろうから初っ端にくるわけなかったんだよな。知能が0.24くらいしかなかった。まあそんなことはどうでもいいや。46人もいてちゃんとステージに立てるんだろうかと思ってたけどなんかうまいことおさまっていたのですげー!となった。さすがに多少狭そうではあったけれども。親の声より聴いたドアラだけど46人いっぺんに歌ってるのなんて初めてなので"""プレシャス"""を感じたよね……。

で、挨拶だけど46人名乗らなきゃいけないのでめちゃくちゃてんやわんやしていて、キャストもぺーちゃまが一度順番をわちゃわちゃなったり(かわいかったです!)したかと思えばカメラも字幕もぐちゃぐちゃで、虎牙道の次が旗だったと思うんですけど徳武さんが名乗ってるころにはまのんの名前の字幕が出たりめちゃくちゃになってたのが面白くて笑ってました。スイッチャー?さんに対して\ガンバレ~/って気持ちだった。「秋月涼役の三瓶由布子と」「九十九一希役の徳武竜也で」「「F-LAGSで~す」」てやってうりゃおが突っ込んでたやつと、榎木さんが「オゥイェェ!!!!!レッツパーリィ!!!!!!!(腕ぐるぐるぐるぐる)」てやったやつが印象に残ってるやつです。あれ?腕ぐるぐるしてたのは2日目か?あれ?わからん……あとまこらどんがめっちゃ痩せてるのと小松くんが銀髪になってるのがびっくりした。なんかすごく痩せたな!?みたいな人が多くてみんなすごかった……つぐつぐはパツパツだった。

 

 そしてユニット曲の最初はやっぱりドラスタ!STARLIGHT CELEBRATE!。アニメ曲もあるしアニメ出た組はSL曲やらないまでありうるな……と思っていたのでスタセレ嬉しくてちょっと泣いちゃったよ。手できらきらきら~てするやつすき。星を描くところで当然のように泣いた。あれで泣かない人類おる?いねえ……。

TOMORROW DIAMONDなんだけどさ、あの、あの……。いや~アニメで流れたときから「こんなんまるでウエディングソングやんけ~」とか言ってへらへらしてたら、「本気」というものを見せつけられてしまったな……………………。1番と2番の間だったかで梅原さんが口で手袋を直すやつ、LVでもばちばちのばっちりにしっかりきっちり抜かれててさすがの私も一瞬正気を失いかけたんですけどまわりの悲鳴があまりにもあまりにもあんまりにもすごすぎて笑っちゃったので逆に冷静になれてよかったです。そして最後には跪いて箱を開ける仕草よ。プロポーズ……………………………………じゃん……。あと途中で入れ替わったりしてた気もしますが少なくとも出だしがたかぴセンターだったのでお、めずらし!と思ったりしてました。後ろのモニタに白い馬車が映ってたのも記憶にある。

Reversed Masquerade。サニバ曲だやったーーーーーーーーー!!!!!!!!モニタに細い月が映って「つ、月、え、どれだ!?ムンナ……いやじゅぴたーか!?」と目を白黒させていたらカフェパレがゾンビになって出てきたのでこの日何度目かのそうきたか~~~~~~~~~~~になっていました。Aメロの赤い照明のところとか特にみんないつもより妖艶な感じを出していてたいへんすばらなのですが、特筆したいのはコダマリア氏……。セカライで観たときから氏のステージでの魅せ方に完全な信頼を感じていたのですが、あのあのあのあのあのあくまでも卯月巻緒でありながらぞくっとするまでの妖しさをみせつけてくるマリアに完全に撃ち抜かれてしまいましたね。あとリバマスのときだと思うんですけどショウカリノがカメラに抜かれるたびにウインクするので激ヤバだった。いや全曲そうだったかもしらん。幕張2日目も経たいま「狩野翔さん………………………………」という感じになっており非常に危険。あと途中の腰を振るやつが、別にそんなお色気っていう感じでもないのにドキドキしちゃうのマジで……これ、人間の愚かポイントですよ。時計の針みたいにどんちゃんを中心に回るやつ、素直におーとなると同時に真上からの映像を見てセカライよりちょっとステージ広いのかなと思ったりしていた。セカライの時は縦に5人ならぶのいっぱいいっぱいとか言ってたので。

次がバーニン・クールで輝いて、か。今年も全力でオイオイできてた~~~~~~~のしい~~~~~~~!!!!!!!!!カラオケで円盤上映会とかはやったけどやっぱ全力でオラつけるのは当日くらいなのでね……1年ぶりのオイオイ楽しかった。1週間前に体調を崩してから熱こそ下がってるものの喉がけわしい感じだったんですけどバーニンクールでオラついてるときがいちばんよく声が出ました。まちゅやんが途中歌とばしたのを後のMCで「面目ねえ!><」って謝ってたけど、全力で燃えてたから大丈夫だぜ!(?)というか直後のコールが「Don't worry」だったので自分で言いながらほんとそれなとなっていた。そしてあの腕組んで歌うところめっっっっっっっちゃアツくて最高なんだよな…………………………。少年漫画。

そしてそして、次は誰かなどの曲かな~と思ったところでモニタに浮かんでくる「桜彩」の文字。これ、あれでしょ、彩、新曲、新曲でしょ!やったーーーーーーーーーー幕張初日しか揃わないしサニバ曲歌ってほしいなと思いつつ試聴こなかったからないのかなと思ってたんだけども~~~~~~こういうことできるんじゃん!!!モニタの映像で桜のはなびらがひらひらと舞い散ってしっかり和風でしっとりしたイントロが流れPが未だ混乱の渦にいる中で彩が出てきてダイキングがおもいっきりこぶち効かせて歌いだしたので「彩の新曲のイデアじゃん」なんだよな。しっとりした演歌ちっくな情感のある和風曲。絶対に正しい……。完全初披露だからか歌詞がわりとモニタに出てくるのもあって結構しっかり噛みしめて味わえたんだけど案の定というか記憶喪失なのよな。なんかでもすごくぐっとくる詞だったので発売が楽しみですね。あと彩の3人は今回キャラクターの髪色のエクステを付けていたのよかったですね。ゆうゆの首のあれは、あの、えっちすぎて目に毒。MCのときのダイキング「せーの」3人「「「びっくりし(たでにゃんす)(ましたか)(たかしら)?」」」みたいなやつかわいくてすき。正確にはなんて言ってたか定かじゃないけど語尾がバラバラでごちゃごちゃする彩ほんますこ。

そして、ここでまさかのOver AGAIN...。Jupiterはもっともったいつけられると思ってたのでわりと前半で出てきたことにびっくりしつつ、は?泣いた。心がOverしたまま未だにちゃんとAGAINしてないみたいなところがあるので全然、記憶が、助けて……。当然アニメで流れたときから既にいい曲だったんだけど、こうして実際にライブで披露されるとまた新たに思い入れができちゃうわね。

 

ここでMCだったっけ?もうなんもわからん

 

Study Equal Magic!です!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!親の声より聴いた新曲!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(は??????)なんか……全然覚えてないけど……映像もまた進化して楽しさを増してた気がします。全然わからんけど……。ボージョレ・ヌーヴォー並みに毎回前年を上回る仕上がりになっていますね。テンション上がってたけのこの前後も半端に振りコピおじさんしてたのは反省しているのでやるならやるでちゃんとやってくださいと自分に言い聞かせているところです。ただただ楽しすぎた!!!!!!!!!!!

かーらーのーJOKER↗オールマイティ。先生のあとは生徒の番だ~みたいなことをのがみんが言って出てきた、気がする。ばっちりタオルも用意したのでLVだけど回せてうれしい!途中でしらにいが後ろを爆走するのがLVで抜かれててめちゃくちゃ面白かったのだけれど円盤に入るかなああれ……正確にはばびゅんと駆け抜けた残像しか見てなかったから顔を確認してないんだけどあれは絶対に白井さんという確信がある。ながにゃんが結構はしゃいだ感じになっていたのが印象的で、Genuine feelingsが出たときだったかにCDとライブでは旬の歌い方も違ったものになるはずみたいなお話をしていた気がするので、ながにゃん的にあくまでもジュンとしてステージに立った上でのあのはしゃぎようなんだろうと思うと一層ほほえましくて頬が緩んじゃったわね。あと連番したデレPがハイジョが出てくると小さく「ハヤトクン!」て言うのでまりえっPと連番している気持ちになりました。

情熱…FIGHTERです。力任せにクラップしたせいで右腕の叩いていたあたりがまだらに内出血して紫色のぶつぶつ模様になりました。みなさんも牙崎漣くんに「手ぇ叩け!」って言われたからといって興奮して叩きすぎて腕が気持ち悪い見た目にならないように気を付けてくださいね。いや~家帰って夕飯食べてるときに見つけて、謎の皮膚病にでも罹ったかと思って一瞬めちゃくちゃ焦ったんですからね!4日経ったいまでもまだ薄く残ってますからね。仙台では……気をつけ……る自信、なし!2ndのときの「手ぇ叩け!」がマジマジのマジで好きなんですけど今回もやってくれたのでイェーーーーーイ俺たちの勝ち~~~~~~~~~~!!!(????)(否、牙崎の勝ち。)モニタがなんか格ゲーみたいだったのと殺陣がさらにパワーアップして円城寺さん参戦!だったのは覚えている……。小松くん銀髪なのは最初から気づいてたんだけどしっぽ(後髪)のエクステつけてるのは確かこのときはじめて気づいて、ありがとうショウヘイコマツ……になっていた。ずんたさんもセカライより圧倒的に動きのキレが印象ありだし、あと個人的にこの曲での色替えが初めて出来たのも嬉しいです。色替えに手間取ってごちゃごちゃするくらいだったら拳でも掲げた方がいいなと思ってやってなかったんですけど初星でミックスペンラ増強したことであっなんかいけそうと思ってその場でやったらできたので俺ももう立派な玄人だよな(果たしてそうでしょうか)。

このげきつよフィジカルバトルの後にTone's Destiny持ってくるの絶対に常人にはできない発想。普通に考えたらサイコパス。でもなんかうまいこと成り立っているのは虎牙道に負けないくらいアルテのステージが魅力的だからなのでしょう。「なんて幸せなんだろう!」で頷きすぎて首がちぎれそうになった。泣いた。アルテPと連番でグリツア札幌行った民なのでアルテへの思い入れがすごいことになっている。サビの終わりに向かい合って手を伸ばしたまま2人が離れていくんだけどOpusみたいな悲痛さが無くて、一瞬はっとなるけど曲全体としての祝福に満ちた様子がなにもかも大丈夫な気持ちにさせてくれますね。もう出逢ったふたりなので。Bravo!ってたくさんの人が言っててすごく幸せな世界だった……。私も、もちろん言いましたよ!Bravo!!!!

Symphonic Brave、レジェのさわやかな曲!背景がビルと空で実写みたいな感じだったから驚いてうぉううぉうとなっていた。あ!スタンドマイクだったっけ?レジェにスタンドマイク絶対合うし絶対合ってた(記憶は、無いです……)!!!間奏の「ここがアイドル新大陸ですか!」「クリスさん、ここは幕張ー」っていうやつすき。あのやりとり全人類好きでしょ。その後に雨彦さんがなんかすごくいいこと言ってた気がするんだけどステージの上でも平板な北村くんの語尾とかキャラクターの台詞として「幕張」といういま自分がいる地名(LVだろうが幕張のステージを見ているので幕張です)が出てきたこととかに興奮していたので覚えていません。あと「その顔をあげて」のところが好きです。

そーしーて、カ…………………………………………………………………………………………カレイドTOURHYTHMですよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!歌うであろうことも事前に予想できていたのになぜか最初理解が追い付いてなくて条件反射で体が勝手に「冬馬ァ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」とコール絶叫していました。5人の名前呼び終わったあたりでようやく正気を取り戻したのけっこうなもったいない案件です。モニター5分割になってひとりずつアイドルが映っているのがすっごくよかった!(冷静に振り返ればアルテとかでも5分割モニターやってたんだけどライブ中は知能が0.3くらいになっているので「モニ……??なに?」て感じで何も理解できていなかった。)カレイドのダンス楽しそうで真似したくなっちゃいますよね。

じゅぴだぶるはここのMCで抱き合ってたのもよかった……。まだ中盤戦!みたいなことを誰かが言っててわーやったーまだまだ続くんだ!て嬉しかったとともにまだ中盤戦とはいえ(最初のドアラ除いて)1回も出てきてないユニット結構あるのでは?となってむむむむむと思ったりしていた。

 

デレレレ↑デレレレ↑デレレレ↑デレレレ↑ふぁんふぁんふぁいんはーじまったー♪\浮かれろテンション!/(←浮かれすぎたオタクの図)  そうFun!Fun!Festa!です。ライブ中にはそんなこと考える余裕は当然ないわけだけど後から考えるとBeitこの日しか3人揃わないのにスマエンをやらない(それでじゅうにぶんに戦える)ってすごない?やばない?これがいまのアイドルマスターSideMなんだぜ……げきつよコンテンツじゃん……。ふんどしのくだりはコマネチを期待して思わずペンラとか振るどころじゃなくじっと身構えてしまったけれど見事に期待に応えてくれたのでやったーーーーーーーーーーー!1番のウインクはLVカメラたかぴ抜いてくれたけどその後はウインク抜かれてなかったので円盤に期待ですね。カエールをぎゅっと握ったホリエルが今年もかわいかったので満足です。2ndのときも最後の方のウインク抜かれてなくて現地の悲鳴で察するみたいなことが起きていたのが記憶にあります。そういうささいな記憶はある。

ぼ~~~~~~~~~(汽笛)……。来た!夢色VOYAGER!と思ったらトロッコだったので、そそそそそそその手があったか!?手には小さい旗持っててトロッコには中くらいの旗がさしてあって最後持ちかえてたっけ?記憶違いかもしれないけど……。三瓶さんが手で♡作ってくれたのがかっわいくて死ぬかと思った。気が早いかもしれないけど仙台で♡Cupids!聴けるのが楽しみです。間奏では新技(?)のウェーブがあったり。LVでもやったよ!よく考えたら航海者であるところのふらっぐすが自ら波を起こすの、攻めててすき。あとうりゃおの歌詞変え「今度は『ワシら』が笑わせたい」だったっけ?違ったかもしれないけど今回は複数形になっていた……気がする……。あと「本当の僕を隠していた」のところ、セカライで心つかまれて以来さしかかるといつも意識しちゃうんですけど今年も手持ちの旗で顔を隠すやつやったので「兜大吾さん………………………………………………」となってしまった。いつもはなまる笑顔の兜大吾さんがあのパート歌うの絶対にずるくないですか。そして徳武さん九十九一希としての仕上がりが素晴らしかった。F-LAGSは最後の挨拶のときにぺーちゃまが「46人でライブがしたいっていうのは叶ったからもうひとつわがまま言わせてください!46人でアニメに出たーい!!」って言ってほんとそれオブジイヤー2018はやくも大賞受賞が決定しました。そのあと笠間さんに「はいふらっぐすやらなくていいんですか」って言われて一度締めたのに「はい、ふらっぐす~」やってたのも面白かったです。あとぺーちゃまが出べそに出てみたかったっていって一人でとびだして追いかけたふたりが出べそに到達する前に戻っていったのもおもしろかったです。ふらっぐすはおもしろかわいいなあ。

もっふ・いんざぼっくす♪ なんですけどね、スーパー進化してませんでした!?してたよね!?もちろん2ndのときも素晴らしかったんだけど、なんか破壊力が異様に増していた。引き込み力が強まっていたというか、こちらがもふもふえんの世界観に参加していく感覚がパワーアップしてたなみたいな……うーんこの文章力では伝わんねえなこれ。でべそ(出島部分だけどMCでキャストたちが当たり前のようにでべそでべそと呼んでいたから……でべそなんだな)で歌ってたんだけど、カメラワークがすごくて、たぶん手持ち?でおそらくカメラマンもステージに上がってたんじゃないかと思うんですけど、なんかこう3人ともカメラにぐいぐい近寄ってくれるし……誰が言ったかもふもふえんVRとは言いえて妙。現地でもモニタには映ってたんだろうけどこれについては目の前の馬鹿でかいスクリーンに映るLVの超アドでは?途中でシャボン玉もふわふわ舞い始めるし、ここはなに、夢……?脳が溶けるかと思った。「こんなちっちぇー箱じゃビッグな『315プロ』は収まりきんないぜー!」が嬉しかったなあ。2ndのときは「もふもふ」「もののふ」の方が文字出されててえ、コールそこなの?てよくわかんなくて戸惑っちゃったんですけど今回は「ハッピー」「プリティ」の方が出てたと思うのでああやっぱ言うならそっちだよねと思って楽しくコールできました。MCのときに魔法が解けた姿をステージで見せたのは……こらこらこらと思ったけれども……(笑)

AFTER THE RAIN、泣いた。Wちゃん……………………………………。ファスライやセカライでは失敗があって悔しそうにしていたので、グリツア札幌で完璧なパフォーマンスを見せてくれたのがめっっっっっっっちゃ嬉しくて、はやくおっきなステージでみんなにも見てほしい!と思っていたので!Wちゃんのパフォーマンス、嬉しい!!!ダンス難しそうだったけど息ぴったりで、「すげー……(CV春瀬なつみ)」になってしまった(唐突にデレ5thのネタぶっこむのやめろ)。虹がかかるよでステージに虹がかかってたのよかったな~ペンラで虹をかけようみたいなのあったんだけど感動して見入ってたらそれどころじゃなくてできなかったので、仙台公演までに練習しておこうかな。ここまで割と落ち着いて感想書いてたんですけど(は?)いまAFTER THE RAIN聴いたら午前3時号泣侍になっちゃったわネ…………。

そしてセカライではトロッコ曲だったMISSION is ピースフルがとうとう振り付きで披露されたよ~~~!超会議も勇敢なるキミへだったので本当にダンスの披露の機会がこれまでなかったもんね。「まあ私はグリツア札幌で一度見てるんですけど(フフン」というちょっとした優越感があったのは内緒。人間は、愚かだ……けどまあそれもちょっとくらいアリでしょ!さあこれでみなさんも見たでしょうあのかわいい……かわいいダンス!肩を組んで右に左におっとっと。ハンバーグをはむっと食べたりとか……外の人も全員成人の正真正銘成人男性ユニットなのにあんなにかわいくていいのか!?いいんです!!ムムッ!!かわ……かわいい~~~~~~~!!!!!ただ予定外だったのはハマーのファンサ、なんかカメラを覗き込むようにファンサしてませんでした?わからん……いやファンサの鬼・濱健人なのはじゅうにぶんに知っていたので予想していなかったのはこちらの手落ちですが、いや、いやいやいやいやずるい。私の負けです。なんか、こう、ちょっと困り顔で覗き込んでみせるようなこの、あーーーずりぃそんなのチートじゃん!!!いやこれはビヨドリか何かのときか!?わからん、何も!

うぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!!!!!!!!!!!!!!!!夏時間グラフィティの時間じゃい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!やったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!夏時間グラフィティのオタクなのでマーーーーーーーーージではしゃいじゃったけどはしゃぎすぎて何も覚えてないんだよな。さいしょに波音が「ざ……」ってなって「サマホリ!?いやレジェ……いやふらっ……いや、どれだ?!誰だ!?めんそ~れ!仲村屋か!?」とパニックになっていたのはあった。サビで人差し指振る振り付け本当に浮かれた振り付けって感じで楽しすぎた。モー娘の曲であんな感じのありませんでしたっけ。あとばかでかい青いボールが登場してLVのカメラが遮られまくってたの笑った。いやいやいや視界遮られるの絶対予想ついたでしょうと思いつつそういうのを面白がれるオタクなのでひたすら楽しくなっていた。得した。うまく客席の方に行かなかった?のかステージに戻ってきちゃったボールが1個あってきくてぃがえいやっと押してたのかわいくてすきだったよ。3階席の方まで登っていくボールが1つあっておーすごいすごいって言ったりした。あ!ちなみにでべそ曲だよ!夏時間グラフィティたのしいので無限回ライブで披露してほしい。夏時間グラフィティのサビのベースすきすぎ大問題なんですが……。

夏時間ではしゃいでわかんなくなっているうちにでべそのメンバー入れ替わって流星PARADE始まったけど正直何も理解できてなかった。なんか……みんなぐるぐるまわってた……みたいなことが起きていた……ような……。冒頭のしゅごんの「い、く、よ!」好き。「今日という煌めきは」で頭の後ろで手できらきら~ってさせてた?っけ?わからん、なんもわからん自信なし……!ただ""""""よさ"""""だけがこの手にしっかりと残っているから……………………。そういえばこの曲の最初の方テニサーコンビでなんかやってませんでした?気のせいか?幻覚か???「へぁ!!ほくまいコンビ!!!!」ってなった瞬間があった気がするのですが……円盤、明日発売してください。

 

From Teacher To Future!がきました。こればっかりは本当に、ずっと泣いていた。同時にすごく笑ったけど。アニメ第5話で引くほど号泣した人間なので、自分でもまあ泣くかなと思ってたけど、こんなぐずぐずに泣くとはね……。でも曲と振り自体は本当にめちゃめちゃ楽しい感じに仕上がっていて、階段に座ってゲンドウポーズしたり腕立て伏せしたり。腰の曲がったおじいちゃんみたいなこともやってた?かな?イントロとか間奏とかでそういうのを散々やったうえで歌でビシッときめてくれて。あと三三七拍子で応援団みたいな腕の振りしてくれたのでそこで本当にだめで泣いちゃったんですよね。というかそのために応援団みたいに手を後ろに組んで立ったのを見たところでぶわっときちゃったね。そしてサビで太鼓をたたく振りがあって、からの、ラインダンスよ!!!!!みんな一瞬戸惑ったのちにすごく笑ってた。脚がきれいに上がってた(ヨシキやえのきやはともかくあの81のダイヤモンド伊東健人までもが、だよ!)し、ラインダンスしながらぶれずに歌ってたのよくよく考えるとすごすぎて意味わからんな。たけのことかラインダンスとかこういうちょっとダサいようなことを一生懸命やって結果かっこよくて感動させちゃう先生たちが大好きです。あーあと順番めちゃくちゃだけど「Promiseだよ」で小指たてるのすき。三三七拍子はコールしてる人もいたけど私はまだ言ってもらう側にしかなれないって感じ……なので……いつか私もS.E.Mに「キミハデキル!」って言ってあげられるようになれるよう頑張ろうとおもいます。薄々気付いていたがもはやPではない。

Sunset★Colors、トロッコだったんですけど風船がいっぱいつけてあってアニメ再現……………………とエモくなっていた。ていうか曲自体がエモの塊みたいな感じですごい。予習がろくにできていなかったのでこの曲に限らずアニメCDの後半とかサニバとか実はちゃんと聴けてなかったんですけれどそうかこんなにいい曲だったかと思って心に深く刻まれた。聴けてなかった自分を恥じたまである。途中しらにいが風船ドカドカ叩いてドラムやってたのはすごく笑ったけど(笑)。ハイジョのきらきら笑顔が、すごくよかった。

さて。おい、わかるか?次の曲、Alice or Guiltyだったんだぜ………………………………わかるか?わかってんのかよ………………おい………………………………………………………………………………。あのイントロがズドンと流れだした瞬間の、衝撃をよぉ………………………………。まさかやるとは思ってないじゃん…………………………。そりゃEoJ特典でアリギル新録とかランティスから出てたけど、まさかライブでやるとは思ってないし、しかも1372897482578392793234歩譲ってライブでやるとして新録版なのかなあとか思うじゃん…………。961時代の曲をまんまやるとか、思ってないじゃん………………。「あ゛ーーーーー!!!!!あ゛あ゛ーーーーーー!!!あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ーーーーーーーーーー!?!?!?」って最初しばらく絶叫してた気がするからうるさくてすみませんでしたという感じだけどまわりもだいたいそうだったしこれは仕方ないでしょう!途中の千手観音とか、PVで見たやつだ…………という感じだったし、そうこうしてるうちに衣装がブラキッシュ961風の真っ黒い衣装でつぐつぐとか白いふわふわついてることに気付いたし、気が狂いそうだった。本当に狂ってたかもしらん。本当にひたすらかっこよくて、アリギルがこんなにかっこいいなんて聞いてない!!!と思った。いや元からかっこいい曲なんだけどさ、ナチュラルなかっこよさじゃなくて"かっこつけの頂点"みたいな曲だから、我々シャイなオタクとしては照れてちょっと面白がっちゃうみたいなところあるじゃないですか。それが、まあー実際目の当たりにするとこんなにもかっこいいのか……と。膝を付くところとか、すごい、印象が強い。です。ペンライト振るどころじゃなくて握りしめてじっと見入るしかできなかったね。万が一ライブで961時代の曲とか歌ったらまあ嬉しいけどいまは315プロにいるわけだしちょっと微妙だな~とか前は言ってたけど実際歌われたらそんなことどうでもよくなっちゃったね。伝説の目撃者になった、そういう気持ち。961時代のJupiterは割と濃い緑のイメージがあるのでなんとなくペンライトも濃い方の緑にしてました。

それで、961時代のJupiterロゴがどーんと映っててですね、これはもうひたすら絶叫してたわけですが、そこから315プロのJupiterにロゴが変わるんですよ。は?叫びすぎ混乱しすぎで死ぬかと思った。私が全然なにもわからんになっている間に、いや何もわからんになりつつこれは間違いなく歴史の目撃者になってしまうという気持ちで目を見開いていたら、いつのまにか衣装が変わって(目を見開いていたとかいう割にいつのまにか変わっていたというガバガバさよ)、BRAND NEW FIELDが始まりました。は?泣いた。は?なんでそういうことするの、これで泣かないわけがないだろう……。混乱しきっているという中でもここでペンライトを黄緑に変えたりとか謎の冷静さをみせていた自分も相当意味不明ではある。人生のなかでこの瞬間を体感できたのは、すごいぞ、とか思ったりした。LV行って本当によかったなあ。コールもやったけど泣いてたのでぐずぐずだった。「最高の夜にしようね!」「今夜はエンジェルになってくれるかな?」「みんなの笑顔最高、だぜ!」だったっけ?じゅぴた……すき……………………………………。ていうかエンジェルて!呼び捨て(?)じゃん?えっ伊集院北斗さん…………これが……TOKIMEKI……………………。ていうか、Jupiterせっかくだからあれもこれもやってほしいけど、ライブのスケジュールとれないってことはレッスンのスケジュールもあんまりとれないんだろうし実際には全体曲+2曲くらいやってくれたら御の字かなあ~なんて言っていたのに実際には全部で8曲(ドアラを2回カウントすれば9曲)もやってくれて、しかもアリギルからBNF続けてだし、ほんとにすごい。

そしてぇ!ARRIVE TO STAR、記憶が流星になってしまったので明日円盤を発売してほしいのですが……。なんかスタセレの振付を踏襲した感じになってたような記憶が、うっすらある……。きらきらきら~みたいなやつとか……。いやこんだけやべーことが起きたあとのドラスタ、実家のような安心感というのがネタじゃなくマジなくらい安心感がすごくて、感動しつつひたすらほっとしていたというのがある。ので、記憶がない。一番高い場所って歌いながら階段駆けあがったりして一番高い場所で歌うのすき。よかった。

 

で、けっこうな尺の映像が、というかつまり思い出ボムがあって、ゲームの画像からSLのジャケット画像、エムステ、アニメという感じでいろいろ流れて感動したけどアニメの映像でほんのちょっとだけ素直に喜べなかったりというのがあり、途中であっこれ衣装替えのための時間か、ははーん俺はくわしいんだぞとかふざけたことを思ったりしていたのですが、輝さんが「きいてください俺たちのReason!!」みたいなことを言ったので一瞬のうちにすごくすごく緊張して祈るような気持ちでいたら、新衣装に身を包んだ46人が全員でReason!!を歌いだしたので、完全にこの世界は正しかったことがわかりました。よかった。本当によかった……。もしも、仮に、万が一にでも、このライブのどこかのタイミングでこの曲がアニメ組だけで歌われていたらもうこのコンテンツを応援できなかったかもしれないので本当に安心しましたし、これからも好きでいられる!と思ってすごく嬉しかったよ。そして全員のイラスト、ほんとにほんとに嬉しい!よかった!

最後はBeyond The Dream。新衣装で出てきて1曲歌って「次で最後の曲です」って言われたときはも、もう終わるんかい!?ってびっくりしちゃったけどそうかもうそんなに経ったのか。あっという間だったねえ。この曲はCDで全員歌ってるわけだけど、まさかライブで46人歌ってるのが聴けちゃうとはなあ。あと多少余裕が出てきたので衣装を見比べていたのだけれど、ユニットごとにけっこうアレンジがされてていいね。特に印象に残ったのは他のユニットがタイとかスカーフみたいにしてる布をFRAMEは腕に巻いてたのとか、S.E.Mは確かネクタイ状に結んであったり、カフェパレは中のブラウスみたいなのが襟がひらひらでかわいかった!他のユニットのももっとじっくり見たいね。

 

アンコール、で出てくる前に、社長から新しいおしごとのお知らせ。モバもステもいろいろ進化するっぽいな!?めでたい!やっぱゲームがあってこそのものだと思うからさ……そこが今よりもっと楽しめるように強化されるのがいちばん嬉しいかもしれない。エムステ315万ダウンロード突破!ていうめでたいお知らせに「ほんまか~~~~~~??????」て言ったのは反省しています。ごめん。ツアーフランスの順位ぜんぜん上がりませんすみませんでした。でも事前登録であんな必死になってたのがそんなさらっと315万DL突破してるとか信じがたいじゃん!立派になったねえ。

 

アンコール出てきて~いきなり~GLORIOUS RO@D~~~もう何の不安もない!素直に楽しめる!よろこべる!いい曲!!うぉうぉーって一緒に歌えるのが好きです。記憶なし。星が降ってきたのはこのときか?いやビヨドリか?何もわからんが全部おっけー!しあわせ!

で、ユニットごとに軽く挨拶がありーの、本当にこの日最後の曲、DRIVE A LIVE!記憶なし!よさの手ごたえだけあり!

 

46人もいると退場するのにもずいぶん時間がかかって、特にそのままさらっとはけないでステージの上をぐる~っとまわってファンサを挟みつつみたいな感じだったので余計にいろいろ楽しい感じだったんですが、ドラスタ3人のせーので投げキッスするやつが最後に全部奪っていったので他のことはもうわかりません。いやこれ2日目か?いや、いや……どっちだ!?どっちでもいい!奪われた!いやこれ2日目だな。ドラスタは大変なものを奪っていきました……心もそうだけど、記憶の境目です。

 

 

 

 

まあアニメ組じゃないところはユニット曲1曲しか歌ってないし物足りないというかもっとあれもこれも見たい!というのはあったけどあくまでもまだツアー初日だし、これから各公演でじっくり各ユニットを見られると思うと全然不満はなかった!うーんまあBeitと彩は3rdで揃って出られるのがここだけだからどうなるかなあというのはあるけども、でもこの2ユニットも含めて少ない曲数でも濃密な時間でばっっっっっちり魅力と存在感が詰まっていたと思うんですよ。アニメ組ばっかり何曲もやって格差が……みたいな雰囲気なるのを不安に思ってたけど、個人的にはそんな気持ちにはならなかった。まあそう思ってる人も中にはいるんでしょうが、私は希望に満ちた気持ちになったよ!2日目のことでこれだけ先に書いちゃうけど、どらせむで流星PRADE歌ったあとに入れ替わりでサニバ01組が出てきてEternal Fantasiaを歌ったときとか、俺たちだってこれっぽっちも負けてないぜって感じがあってすごくすごく嬉しかったんだよな。アニメのこととかでインターネットで知らんオタクたちの文句をいろいろ目にしては結構めそめそしていて、いつもは「は?知らんオタクの愚痴とかアンチとかどうでもよ……」みたいなつもりでいるから自分が傷ついていること自体がちょっとショックだったりもして。たぶん自分自身もやもやしてるところがあったから他人の言葉を気にしてたんだと思うけど、そういうところがこのライブでいっぱい払拭されて、アニメもゲームもこれからまた胸張って楽しんでいけそうなのが嬉しい!

アイドルマスターSideMの未来は明るい!

パッション

(Twitterでぽつぽつ呟こうとしたら文字数が嵩張りそうだったのでブログに書いちゃうだけのひとりごとです)

楽曲シャッフルの投票、S.E.Mの中間結果がムンナイで気持ちはわかるんだけど……わかるんだけど……それでいいのか?という迷いがあり……
確かにアダルトでかっこいいのもいいんだけどやっぱりお茶目でコミカルで先生なところも大切にしていきたいので、最終的にひとつしか選べない中で“自分が”ムンナイに票を入れるのは果たして自分のプロデュース方針として自分で納得できるだろうかという思いがあり
かといって世の中からムンナイが求められているのならばそれに逆行していくのもどうなのかという部分もあり
リアルプロデューサーロールプレイが捗っていい感じだな(は?)(よくない)
まあ結局ムンナイが選ばれたら私もそれはそれで喜んで死にに行くと思うし、プロデュース方針だなんだとかいう見栄を取っ払うと実際にはもっふを歌わせたい気持ちとムンナイで奪われたい気持ちで揺れ動いてるだけです。

でもとりあえず手持ちのパッションをもっふに入れてきました。