読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくの自由帳 クエン酸は食えん

酸っぱいものが苦手なので

思い出メモ:ShiningSide

 

他の記事で散々前置きを書いていたのでさっぱりいきたいと思います。前書きが公開されていないのに本文が公開されるとは如何に、という感じですがそも前書き書き終わってないよ。つーか前書きが別添えって何だよ……。それはそうとさっぱりいきたいと思いますがたぶんさっぱりしません。新人の癖に生意気にわかったような口を利くので新人の癖に生意気にわかったような口を利きやがってと怒りながら読んでください。そうこうしているうちにこれが前置きになってきましたね、そうですこれがMOON NIGHT MAGICです(違います)

 

いちおう数日後には書き始めたんですけど、盛りだくさんすぎてまとまらずになんやかんや放置してしまったので結局いま3月です。3月16日ですなう。きのうは315の日でしたね。記憶を探り探り書いていきます。書きたいことが多くて文字数増えちゃうところもあれば楽しすぎて記憶が無かったり語彙力が下がったりするものもあるので、曲やユニットによって文章の多寡があるかもしれないけれど、最初から最後まで315だったんだよ。

(※その後さらに時が流れ4月になりました) 

 

ごめんね本編に入る前にもうちょっと続くんじゃ

はよライブの話きかせろという人はちょこっと飛ばしてください

 

デレ4thSSA1日目LV(こうして書くと呪文のようだ)以来数か月ぶり2回目のアイマスライブ、というかそもそもライブ自体ほとんど行ったことがなく、ましてSideMは初めて1ヵ月の新人なので不安が非常に大きかったです。特に前回デレ4thはLVも満席だったのに対し今回2日目は当日券も残っていたのでまわりの盛り上がりに頼ることが出来ない、みたいな謎の気負いで胃を痛めていました。勝手に不必要な心配で自滅しているのは愚かなんですが、私は残念ながらそういう人間なので仕方がないと言うしかない。いやちゃうねん大勢いるうちの1人ならまあ多少粗相があっても紛れるでしょ。だから完売してないところに飛び込むのは怖かったの!もー

とにかく結果的には315だったと言うしかない。アイマスに限らずライブなり何なり不安で飛び込めずにいる人はいいからとにかく行ってみなさい。きっと楽しいんだと思います。

 

さて1日目Shining Side。LV1日目は最大のスクリーンが当てられチケットも前売りで完売、前回のデレ4thとほぼ同じ環境で臨むことができ幾分か不安も和らいでいました(そうは言っても開演前は吐きそうだった)。違ったことと言えば今回は席が最前だったことと前回より持ち物が多かったことでしょうか(ペンラとサイリウムを倍くらい持って行った)。男性Pも結構いるとは聞いていましたが実際けっこういたので驚きです。ちらっと振り返った体感ですが3割くらいは居た印象。男性Pの声はコールがよく通る!

LV会場限定の映像では、ええと、とにかく期待が溢れ出してこの時点からきゃあきゃあ言っていたことしか正直思い出せません。後で思い出したら書き足そうと思います。

 

アイマス恒例の提供読みでは山梨さまの人気に笑いましたが私も「山梨ィ~~~~!!!!」って叫んだ1人です。素敵なコラボをありがとうございます。そして(候補生除く)アイドル全員と社長に声が実装されているSideMにおいて唯一残された声なしキャラであった事務員山村くんの陰ナレから始まりました。アニメや声優に詳しくないのですがどうやらなかなかすごい声帯らしいな山村ァ!やっぱすげぇよケンは……(元ネタをわかっていない)

まだ内容に入れなくて申し訳ないのですがここで隣の人がペンライト等を持っていないことに気付き、押しつけがましいながらも大閃光を数本差し上げたりしました。その後も1日目私は基本ミックスペンラを振っていたので曲によっては単色のペンラを渡したり、反応から担当を察したので担当アイドルの曲ではミックスペンラも貸して私自身は拳を振り上げてコールしたりしてました。迷惑だったかとも思いましたが楽しんでいただけたようで幸いです。こういうPの話って噂には聞いていましたがまさか自分が、しかもアイマスライブ2回目でなるとは思っていなかったので自分でも吃驚しました。というか都市伝説だと思ってたよねー。昨年夏ごろからのPさんらしく315プロ歴は私の方が後輩なので若干恐縮するところではあります。帰りに連絡先を交換したり同僚申請させていただいたりしました。後々突然次郎ちゃんの過去Rを送ってくださったりして感激してしまいましたよ!1日目は出ていないにも関わらず私がS.E.M担当だと見抜かれていたのも面白かったです。映像などでS.E.Mが映ると若干テンションが上がっていたらしいですが静かにしていたつもりで自覚がありませんでした。あなや。

 

よーーーーーーーーーうやく本題に入れますね。

 

 

 

 

1曲目:Beyond The Dream

もう楽しい。すき。ペンラのメモリに色替え登録しておいたのですが始まった瞬間に操作ミスでメモリを飛ばしてしまい色替えできなかったのが残念ですがそんな些細なことはどうでもよくなりました(ていうかみんなバルログしてるから色替えあんまりしてなかった印象……)。もう最前列で首が痛いなんていうのも忘れました。

 

2曲目:STARLIGHT CELEBRATE!

ドラスタすき。かっこいい。(急激な語彙力の低下)

全体曲を除いたトップバッターとしてふさわしい流石の安定感と盛り上がりと。きゅってしたな……。ああきゅってしたな。

明るいのにじーんとくる曲。記憶が飛んじゃってこれ以上かけないです。

 

3曲目:勇敢なるキミへ

この日でFRAMEのファンになりました。まず登場の時点でハマーの木村龍くんっぷりがすさまじかった。ゲームを始めて最初にFRAMEを見たときに筋肉は興味無いからな~なんて思ってごめんなさい。予習で歌詞を読みながら聴いて好きになった曲の1つ。歌いだしの増元さんがライブでも筋肉から声出てる感じで、めちゃくちゃFRAMEだ!!!って思いました(意味不明)。3人とも圧倒的実在FRAME。FRAMEは現実。呼んでくれよ\ふれーーーーーむ!!!/できてよかった。予習大事。FRAMEがそっと背中押してくれるの安心感がすごい。気付けばFRAMEのファンです。

 

4曲目:夢色VOYAGER

泣いた(Pの涙腺はガバガバ)。泣いたけど笑顔になれる。汽笛が鳴ってF-LAGS登場。旗持っててかっこよかった……次回は私も物販の旗買って振りたい!

途中歌詞をかえて「ワシ」って歌ったところは、なんか、反則だと思いました。ライブでそういうことするのずるい泣いちゃう。

ディアリースターズ未プレイなので秋月涼のこれまでの歩みについてはネットで話を聞くばかりなのですが、それでも泣く。Pの涙腺はガバガバだからね、ちかたないね。涼ちんだけじゃなく、もっと3人のことについて学んでいきたいな。(思い出メモください)

はい、ふらっぐす~

と書いていたのですが、時は流れて4月4日、ディアリースターズを購入しました(やったぜ)!しかしDS本体を実家から持ってきていないので夏ごろまではパッケージと説明書を眺める日々です。876プロの3人にはやく会いたい!

 

5曲目:The 1st Movement ~未来のための二重奏~

ダンスが意外と激しいとは聞いていましたがダンスが意外と激しかった。都築さんそんな動いて大丈夫!?倒れない!?って思った。しかしアルテは神々しかった……浄化された。

背景の映像で金色の音符が降り注ぐのが神の祝福って感じだった。歌い終わって拍手喝采が起こったのはライブというよりコンサートといった趣。全身を、いや会場を包み込む神々しさにサイリウムを振る手すら時折止まった。Altessimoの2人はそれぞれがキャラクターを表現するというより2人でAltessimoという1つの世界観を表現していると感じました。

 

 6曲目:Legacy of Spirit

えろかった……ような気がするけど例によって詳細は覚えていません

イントロの針の音と時計の映像に針の動きのダンスと演出がバシバシにかっこよかった。Legendersかっこいいわ……よろレジェなんて言ってる人たちとは思えない……(よろレジェしてるレジェも好きだよ)。汐谷くんの顔、というか目つき?表情?が完全に想楽くんだった。顔の造りは可愛らしいんだけどああいう挑発的な表情をするのがLegendersの北村想楽なんだなあと。

 

7曲目:オレたちの最強伝説~一世一代、破羅駄威棲!~

(私の中で)ライブで大化けしたユニットの1つ、神速一魂。全力でオラオラコールを入れるのが本当に楽しくて汗のかき方が尋常ではなかった。汗かきすぎて風邪ひくんじゃないかと思った。こういったオラオラした感じは高校の時の應援を思い出すというのもあって個人的に楽しさがマシマシでした~("そういう"伝統のある学校だったんです)。自分でも驚くくらいオラついた声が出たしここに来て再び應援練習の魂が活かされたなという感じ。ライブバージョンということでラスサビ前のコールが増えていたのも楽しかった。最後のあいさつで「突然のライブバージョンでもコールしてくれて嬉しかった」というようなことをおふたりが言っていて、元のコールを繰り返すだけの簡単なアレンジでもちゃんと伝わるか心配だったんだなとか、こうやって私たちが盛り上がるとキャストも喜んでくれるんだなとか、なんかPごころを刺激されたね(?)

GOOD SMILEがほんとうにGOOD SMILEだったぞ!

あとLVカメラだと「天玄氷刃破!」で深町さんがスモークでまるきり隠れてたの残念だけどちょっと面白かったよww

 

8曲目:和風堂々!~WAnderful NIPPON!~

これまたコールの楽しい曲でもりあがりましたね~~~~事情によりこのとき私ペンライト持ってなかったんですが楽しすぎて素手をぶんぶん振ってしまった謎のアレ。

彩はなんかとりわけ舞台映えという言葉がぴったりな印象です。あと3人の目尻に朱が入ってるのが麗しかった。

「眠らないでください」のところも可愛かったし、全体的に彩の和風コミカルなわちゃわちゃした感じは面白くて好き。

 

 9曲目:JOKER/オールマイティ

雷ドカーン!からのJOKER/オールマイティ!

人生で初めてタオル回したんですけど上手に回せなかった!ちょっと悔しい

ペンラにタオルにクラップにと忙しい曲で予習の時は不安だったんだけど実際には悩むまでもなかった 場の雰囲気に乗れば自然といい感じになるんだよォ!オラ!

のがみんの人気とながにゃんの「ネコさん♪」の可愛さと、夏来のしゃっくりも聞けて嬉しい(なぜかここだけひろひろじゃなくて夏来と書いてしまう)

 

 

 

さてMC挟んでソロ曲コーナー。まあやるだろうとははじめから思ってたんだけど「お!ソロやるのか!」という気持ち

10:THE FIRST STAR

ソロやるんだ!とか、天道輝!!とか、バックダンサー!?とか、諸々の情報を処理しきれずに記憶がふっふーふわふわ……感情の発露でオレンジぼきぼき折った(え?) そうは言っても両手に1本ずつだから厄介になるほどではない!はず!

細かいことは覚えてないけどまっすぐな歌声が聴いていて本当に気持ちよかった。あらためて本当にいい歌詞だなあと思ったし、天道輝なら今日も明日もその先もずっといい日にしていけると思った。もう……ファンです。

バックダンサーまで見るには目が足りないです助けてください BDはよ

 

11:ぴんとこな~蝶よ華よ~

ちょうちょがひらひらと舞うような優美な振付が記憶に残ってます。ただ燕尾服でひらひら舞うバックダンサーの土岐さんはちょっとおもしろかった ふふ

翔真さんがステージの真ん中でライトを浴びている、その堂々とした姿たるやなんか、なんかもう……すごくいい(語彙力↓) 優雅できれいで、それでいて凛としていて、おとこらしくもあって、すごい。トニーの最後の挨拶も翔真さんを大事にしている気持ちがすごく伝わってきてよかったです。

 

12:Happy-Go-Unlucky!

ハマーがほんとにほんとにどっからどう見ても龍くんだったのーーーーーーーー!!龍くんとハマーが大好きになった!ゴーゴーレスキューネバギバ!

笑顔が眩しくてな、気付いたらこっちも笑顔になってるんじゃよ。いま思い出したら笑顔になりすぎて涙が出てくる始末なんですがなんだこれ?自分いつのまに龍くんのことこんな好きになって……

派手にすっ転んで、でもニカっと笑顔!ていう最後のところがめちゃめちゃ可愛かったですねえ~

グリーティングツアー札幌が無事ご用意されたので、あわよくば聴けたらいいな~聴きたいな~

 

13:だいぶ・いんとぅ~・にゅ~・わあるど!

ソロ曲はワンコーラスの披露だったのですがこれはいつのまにか2番になっていた!最初びっくりしたけど2番の迫りくるこんちきちんやぎぶみーぎぶみーが楽しかったですねえ ばっちりこぶち効いてた

先にソロ歌った3人の振付を盛り込もうとしたというのが形態模写を得意とするキリオみがっょぃし山下大輝は天才。

ダイキングの挨拶は、山下大輝として喋っていたと思ったらいつの間にか猫柳キリオの声と喋りになっているのが、落語の気付いたら枕から本編に入っているやつみたいで再びキリオみを感じました。すごい。

 

14:流るゝ風の如く~和敬清寂~

まさかの連続彩とは思わなんだ!しかもここにきてCD未発売で試聴も来たばかりの曲、バックダンサーも無しの完全ソロステージという驚き。もしかしてSideMで初めてひとりでステージに立った人になったのでは……!?イントロが流れ始めた一瞬で空気が澄み渡りました。清澄九郎くん清すぎ。清すぎ九郎。所作が美しくて、特に最後マイクを置いて正座し、お辞儀をするところはまんま茶道で前に扇子置いてお辞儀するやつだった。ステージが茶室になった。

途中歌詞が飛んじゃったことを最後の挨拶で告白して泣き出しちゃったときはもう……真面目か!!って思ったし、その一生懸命なこころに感動して泣いた。

あと、お茶の緑。

 

15:Because

蒼い。蒼かった。圧倒的青の系譜。青を振らざるを得ない。歌唱力で殴られた。熱かった。炎は青いのがいちばん熱いんだぜ。ダンスも激しいし命を燃やして歌ってる感が半端なかった。命燃やしすぎて死ぬんじゃないかと真面目にひやひやしたんですけど!?!?(半ギレ)

青いペンライトの海にちらほらとオレンジが混ざっていた引きの映像がすごく綺麗だった!さながら夜空を煌めく星のように……あれっ違う曲だ

はやくフル聴きたいのでCD発売はよ!!!

 

16:サイコーCOUNT UP!

四季っちかわいいぞ~~~~青春だなぁ~~~~~~

つられてジャンプしそうになっちゃうので危ない(アイマスライブはジャンプ禁止だぞ!)

「難しそうなことはニガテ」のところの のヮの 顔が本当に難しそうなことはニガテそうでサイコーだった!あれ本番15分前とかに思いついたらしいからびっくり。

予習が足りなくてコールがよくわかんなかったのとてもとても悔しいから次の機会を早くください!え、グリツア?遠征チャレンジするには財力が……

 

 

いやあーソロ曲はバックダンサーもそれぞれ見どころがあったみたいなんだけどいかんせんそこまで気が回らなくてな、というか目が足りない。BDはよ。しかしキャストをバックダンサーにするとは予想外でしたねぇ。ガールズもCan't Stop!でジュリ扇もって踊ったりはしていたけれど、基本バックダンスはダンサー、キャストが出るなら一緒に歌うというイメージだったのでこういう形式は想定していませんでした。ソロ披露の人がしっかり主役でありながらもバックもばっちり見ごたえがあったのはごりごり動ける男たちだからこそ出来る技って感じ?

ワンコーラスずつの披露だったので、フルでのステージを観られる日が待ち遠しいですね!ツアーでは見られるのかな?チケット……イープラス……遠征する財力……うっ頭が

時が流れツアー広島が終わりましたがソロはワンコーラスとかいう話を耳にするので、いやぁ~ソロがフル披露される機会はいつになるんでしょうか

 

 

 

 17:DRAMATIC NONFCTION

ドラスタだ!!ドラノンだ!!! 衣装が変わってる!?オリピ衣装になってるーーーーーーー!! 血圧大爆発でしょ 死ぬ

超会議のドラノンが大好きで何度も見ちゃうんですけど、さらに超えてきたな?なんなのこの人たち?毎回伝説を塗り替えていきやがって!かっこよすぎか!!キレるぞ!!!!テンション上がりすぎて初めてのサイリウム追い炊きをしてしまった

間奏がアレンジされてソロダンスパートがあってですね、す、す、すごかったんす(語彙力の消失)

2番の「立ち止まらない」でがなる桜庭先生が熱くていいですよね……!そこから3人ともぐいぐい高まっていくのがほんと、ほんと、ドラスタ、いい

ライブがすごすぎてCD音源じゃもう満足できないのでライブ音源売ってくださいランティス

 

18:Never end 「Opus」

圧倒されてろくにペンラ振れなかった……

離れ離れのステージに現れたふたりがすれ違ったりぶつかり合ったりしながら、最後には寄り添って見つめあいながら歌う……気付けば私の頬にはつーっと涙が伝っていました。いまも思い出して泣いてるところです。

バックスクリーンの映像も最後に金色の蝶が赤い薔薇にそっととまって、なんかもう、なに?すごくいい(語彙力ry)

ツアー札幌で同行するアルテPの心配ばかりしていたけれど考えてみたら私も泣くのでは?どうしよ 昇天したら私の骨は磨り潰して海にでも撒いてください。

 

19:String of Fate

なに、なんかえろかった気がするんですけど えっとそう腰!!!!!!腰つき!!!!あとね、階段に座るところとか、とにかく色気

あと糸を手繰り寄せる振付がかっこよかったなぁ

あれだね色気はひとの記憶を奪うね

レジェはすごい 伝説の名にふさわしいパフォーマンスでした

 

20:With…STORY

泣いた(Pガバ) 。カメラに向かってはなまるしてくれた。泣いた。泣く。いまも泣いてる。

ラストのペンライトで作ったトリコロールが本当に綺麗でした!LVでもちゃんとトリコロール作ったよ!最前列にいたからスクリーンを見てるときはわからなかったんだけれど、振り返ってみたらきれいに青・白・赤に染められていて!すごいなぁ……

 

21:OUR SONG -それは世界でひとつだけ-

はぁ~~~~青春じゃん…………

いつもアゲアゲな切り込み隊長のハイジョがこうやってバラード?を歌うのは、もう、エモーショナルが過ぎるよぉ~~~~~

背景の映像がハイジョの雑誌でね、ああ長いこと見守ってきたPさんたちには思い出ボムだったんだなぁ

スタンドマイクだったのも驚きでしたね。スタンドマイクすごくよかった。

「1人でも欠けてたらダメなんだ」で指を立てて1、2、3、4、5と数える振付が素敵でした。なんかこう書くといまいちよさが伝わらないなぁ すごくよかったんですよ!

 

22:MISSION is ピースフル!

まさかのトロッコ登場!後ろのスタンドが最前列に!そしてFRAMEの神ファンサ!!

熊ちゃんのパンケーキィ↑も聴けまして嬉しいです

ハマーがファンサしすぎて歌入り忘れてるのは笑ったわwwあとカメラに抜かれたのに機材で隠れたのも笑った ほんと龍くんかよ~

いやしかし神ファンサ なんならボール手渡しされてる人までいてすっごい……そして3人の眩しい笑顔……好きにならざるを得ない!!!!!ひぃ~~~

途中歌詞かえて「プロデューサー、手をつなごう!」って言われた気がする こんなん惚れちゃうでしょ

 

23:バーニン・クールで輝いて

アツかった!!ほんと神速はいいな!!!ライブが楽しい!!

ファンとしてキャーってなるというのともちょっと違って、"一緒に漢になれる"っていう。これは神速一魂ならではって感じだと思いました。

向かい合ってマイク持った手で腕組んで歌うところなんか「これフィクションの世界で見かけるやつでは!?!?!?!?」みたいな気持ち 何を言っているかわからないかもしれないけどつまりテンションがあがったということです

 

24:MOON NIGHTのせいにして

死んだ

 

や。無理。ずるいもうあんなんだめでしょ。法律で規制されちゃうよ……規制されたらどうすんの!!!!ねえ!!!!

あのねぇ、八代拓のせい。いや3人とも、いろいろ、あるんだけどね、あのー。

まずジャケットさぁ、脱ぐやつさぁ、ジャケットプレイとか振り付けとかそういうレベルじゃなかったでしょ もう全部脱ぐかと思ったしなんならそのまま抱かれるかと思ったよ 心臓がきゅぅってなった まあ実際その後仲村宗悟に抱かれたんですけどね!

はい。はーーーぁ。はーーー?いや許せない。おこだよ。

ドラスタこんなんもう……はぁ?キレそう ほんまキレた

奪われているので「ハァイ!」はやけくそ。

 

柏木翼のことをかわいい男だと思っていた。わんわんみたいな。わたし実際の犬は苦手だけど。でも柏木翼はそれだけの男じゃなかった。雄だった。色気。柏木翼の「ギリギリげんかぁい♡」でこっちがギリギリ限界。「ギリギリ限界」の八代拓の、小指を顔の横でスッてやるやつ。あの、あの、こんな色気があるなんて聞いてないんですが。あの、え?3人ともどうした?いやドラノンで既にめちゃくちゃすごいアレがソレなのにさらにこう、え?

あとソロコレも聴きました????あこれもう話がまとまらなくなるからやめよう

2nd以後数日間の私のツイート(の一部)を貼っておきます。あとは察してください。

 

 

 はい。

歓声に嬌声、悲鳴に次ぐ悲鳴、男性Pも容赦なく雌にされる、そういう破壊力でした。

ずっと男性Pのコールが聞こえていた方向からこのときばかりはキャーって聞こえたもの。

 

 25:喝彩!~花鳥風月~

ムンナイという大量殺戮の後でも一瞬で彩ワールドに引き込まれたので彩はすごい。彩はどちらもコールが楽しい曲で盛り上がるなぁ~

 前半では片目に入っていた朱が両目に入ってましたね。そして扇子を持ってた!バッと扇子を開いてキメるのがかっこよかったです!マイクに乗ったのか扇子を開く音も聞こえたのが尚更よかった

彩は3人とも本当に九郎くん、にゃんす、翔真さんでした。

 

26:HIGH JUMP NO LIMIT

別に曲数を数えてたわけじゃないんですけど、というかそんな余裕なんてあるわけないんだけれど、なんとなくきょうの楽しい時間もそろそろ終わりなんだろうなというのを感じて、もの寂しいような、それでいて晴れやかな気持ちを、どことなーーく感じていました。普通に聴けば仲間と前に踏み出して行く明るい曲なのに、ハイジョの青春感とライブの終盤感とで、それは言ってみれば卒業の日の最後のホームルームにも似た気持ちでした。(実際には私自身は学校の卒業にそこまで思い入れなかったけど。)

曲についての具体的な一切無くて申し訳ないというか勿体ないのですが、本当に記憶が無い。

 

27:夜空を煌めく星のように

まさかのハイジョ連続。ドラスタとハイジョが交互に並んでたのかな、中央でしゅごんとのがみんが一緒にわちゃわちゃしてる瞬間があった、気がする。涙腺に来た。ステージに8人もいると目が足りないなぁwwだからBDをry

しかし本当いい曲である。最初の1行からもうきらきらとして、全然言葉にできないんですけど、終ってしまうような、でもここから新たに飛びたてるような、ここまでの道のりとこれからの道のりをいっぺんに見るような、だめだこれ何言ってんのか自分でもわかんないんですけど。

「おんなじ星なんてひとつもないんだよ」って、2ndライブのタイトル「ORIGIN@L STARS」そのものじゃないですか。もう、なんなの。涙が。

でもって最後の最後で「夜空を煌めく星のように」ってタイトル回収するのがすごくイイよね。

 

28:DRIVE A LIVE

限界を迎えたのでしょうか。いよいよ本当に一切何も記憶できなかった。楽しかったことだけはわかる。

 

29:(アンコール)Beyond The Dream

(記憶が全く)ないです

ただただ315だった。よかった。すき。すきです。ありがとうアイドルマスターSideM

 

 

 アンコールと順序がアレしてしまうんですが以下、挨拶とか合間のMCとかのこととか、その他諸々がもうちょっと続くんじゃ。

 

の、はずだったんですが。その後ラジオとかで話してたことも含め思いのほかいろいろあって「もうちょっと」では終わりそうになく。書き終わるかすら怪しくてこころが折れたのでここまでにします。軽く箇条書きだけ。

 

・オリピ衣装の肩の☆の話とその周辺の諸々

・プロンプがないとかトロッコがこわいとか

・問い合わせ、湿っぽくない医食同源

・レジェが泣くとは思わなかった

・海が見えます

・「雨彦♡掃除して♡」

・ガミP登壇、ライブオンステージなど発表

・目を合わせてくる仲村宗悟

 

完全に力尽きました。2日目の思い出メモもBDが出るまでには書こうと思います。