ぼくの自由帳 クエン酸は食えん

酸っぱいものが苦手なので

まずはここから

さっきのエントリを振り返って出来ない理由ばかり考えて具体的な方策を考えてないことに気付いた。

 

まず文章の下手さは、半端なポエムもどきを控えて表現をシンプルにするべきだということ。文は短く。小学生の国語の授業みたいだ。小学生のレベルからやり直さなければいけない

想像力の方は、そうだな、目下のところめざすのは二次創作なので人物の成長とか関係性の変化とかを自分で考えて穴埋めしていくということかな

いや当たり前じゃねーか!!!!!!?!?!?!?何をいまさらそのレベルの話をしているんだ???????

いやいや、僕だってさすがにそんなことも考えずに生きてきたわけではないですよ。ただ意識していくということ。現行のやり方では不足を感じているのだから、漫然とやっているのでは向上しない。意識をしていく。ていうか他にするべきことが思い当たらない。意識してやっていく中で次のステップを探す。

あと自分でやるというのが重要だよね

自分であれこれ思うまえに他人を見ていると「あーーーーなるほどーーーーー!!!!」が提供されてしまう

答えまで辿り着けなくても自分でこねくり回す、それがたいせつ

勉強と同じ すぐに解答を見てはいけない ああでもないこうでもないと頭をひねる

その考える努力を避けて大学に落ちた僕が言うのだからまちがいない(!)

 

想定を遥かに超えて基本的なことになってしまったが基本ができていないということだろう

実行していく。実行していく。